ドルゴルスレン・スミヤバザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドルゴルスレン・スミヤバザル
基本情報
本名 ドルゴルスレンギーン・スミヤバザル
(Dolgorsürengiin Sumiyaabazar)
国籍 モンゴルの旗 モンゴル
生年月日 (1974-01-07) 1974年1月7日(45歳)
出身地 ウランバートル
所属 モンゴルプロレス協会
身長 183cm
体重 116kg
階級 ヘビー級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示
獲得メダル
モンゴルの旗 モンゴル
男子 レスリング・フリースタイル
アジア大会
1998 バンコク 97kg級
レスリングアジア選手権
1996 蕭山 100kg級

ドルゴルスレン・スミヤバザルDolgorsuren Sumiyabazar1974年1月7日 - )は、モンゴル男性レスリング選手総合格闘家政治家ウランバートル出身。本名はドルゴルスレンギーン・スミヤバザル[1]Долгорсүрэнгийн Сумьяабазар Dolgorsürengiin Sumiyaabazar)。

親族[ソースを編集]

元横綱の朝青龍(本名:ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ)、元プロレスラーブルー・ウルフ(本名:ドルゴルスレンギーン・セルジブデ)の兄。大相撲力士の豊昇龍は甥(兄の子)。

来歴[ソースを編集]

アトランタオリンピックシドニーオリンピックレスリング・フリースタイルモンゴル代表として出場、アトランタ大会では開会式においてモンゴル選手団の旗手も務めていた。

弟の朝青龍曰く「自分の10倍強い」らしい[2]。しかし、日本ではこれといった成績を残すことが出来なかった。唯一の勝ち星は、2005年1月4日に開催された新日本プロレスバトルロイヤル形式の総合格闘技トーナメント「アルティメット・ロワイアル」における長井満也戦のみである(総合格闘技とは名ばかりで、内容はプロレスであった)。

ボブ・サップ高阪剛永田裕志といった選手と対戦しているが、いずれも敗退した[2]

2007年の弟の朝青龍の出場停止・帰国騒動の際に現在はモンゴルで父が経営する事業に関わっている事が確認されており、朝青龍のスポークスマンのような役割でマスコミに登場する機会が多い。

2008年にウランバートル市議選に立候補し当選した[3]

2012年には日本の国会議員にあたる国民大会議総選挙に人民党から出馬するも得票率が当選基準を満たさず[4]、翌年4月に行われた再選挙において当選した[5]

2016年6月に行なわれた国民大会議総選挙に人民党から出馬し、再び当選を果たす[6]

2016年12月現在、モンゴル日本友好議員連盟会長も務めている[7]

2017年10月20日、オフナー・フレルスフモンゴル語版英語版内閣発足に伴い鉱業・重工業大臣に就任した[8]

戦績[ソースを編集]

総合格闘技[ソースを編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
2 2 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ボブ・サップ 1R終了時 TKO(タオル投入) K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜 2004年3月14日
× 高阪剛 1R 2:58 TKO(ドクターストップ) 新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 2003年5月2日

キックボクシング[ソースを編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 子安慎悟 2R 1:08 TKO(タオル投入) K-1 WORLD GP 2004 in SEOUL 2004年7月17日

獲得タイトル[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 「ドルゴルスレンギーン」(Долгорсүрэнгийн/Dolgorsürengiin)は「ドルゴルスレン(=父親名)の」という意味だが、日本語報道では属格助詞「гийн(giin)」を省略し、単に父親名をカナ転写して「ドルゴルスレン・―」と表記されてしまうことが多く、リングネームでもそれを使用していた。
  2. ^ a b 朝青龍より10倍強い? モンゴル相撲の横綱だった朝青龍の兄 エキサイトニュース 2016年4月2日 00時02分
  3. ^ 『大相撲:冬巡業スタート 朝青、再起へ始動 申し合い7番/白鵬降し上機嫌』毎日新聞 2008年12月3日 東京朝刊
  4. ^ モンゴル選管発表 朝青龍兄ら再投票へ 2013年7月9日閲覧
  5. ^ 朝青龍 カレリンとタッグ結成も 2013年7月9日閲覧
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ 新内閣の顔ぶれそろう | モンツァメ通信社

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

公職
先代:
レンツェンドーギーン・ジグジッド
モンゴル国の旗 モンゴル国鉱業・重工業大臣
2017年~
次代:
(現職)