フランク・シャムロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・シャムロック
Frank-shamrock-03-29-08.jpg
基本情報
本名 旧名:フランク・アリシオ・フアレス三世
(Frank Alisio Juarez III)
通称 ザ・レジェンド (The Legend)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1972-12-08) 1972年12月8日(44歳)
出身地 カリフォルニア州サンタモニカ
所属 ユニバーサル・サブミッションアカデミー
ライオンズ・デン
→ジ・アライアンス
身長 178cm
体重 84kg
リーチ 183cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン サブミッション・ファイティング
テンプレートを表示
カン・リーに腕を破壊されたシャムロック

フランク・シャムロックFrank Shamrock1972年12月8日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州サンタモニカ出身。ジ・アライアンス所属。元UFC世界ライトヘビー級王者。元WEC世界ライトヘビー級王者。元Strikeforce世界ミドル級王者。

ケン・シャムロックは同じ養父を持つ義理の兄。

来歴[編集]

恵まれない家庭環境に育ち、12歳で養父に引き取られた。

1993年からケン・シャムロックのもとで総合格闘技を学び、1994年12月16日、パンクラスのKING OF PANCRASE TOURNAMENTでデビュー、1回戦で優勝候補の一角に挙げられていたバス・ルッテンを下す鮮烈のデビューを飾った。当初は旧名のフランク・ワレスを名乗っていた。

1995年11月4日には船木誠勝アンクルホールドで下し、1996年1月28日のキング・オブ・パンクラス暫定王座決定戦で鈴木みのるから膝十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。兄のケンとパンクラスとの間に起こったトラブルに巻き込まれるようにして1996年12月15日の試合を最後にパンクラスを離脱した。

1997年1月17日、SuperBrawlで初のバーリトゥード戦を行うがジョン・ローバーに判定負け。

1997年9月26日、リングス高阪剛と対戦し、判定勝ち。

1997年10月11日、アメリカ合衆国で開催されたグラップリング大会「The Contenders」でダン・ヘンダーソンと対戦。開始56秒、アンクルホールドで一本勝ち。

1997年11月29日、VALE TUDO JAPAN '97エンセン井上と対戦。2ラウンドに膝蹴りを入れたところでエンセンのセコンドについていたイーゲン井上がリングに入ったため反則勝ち。

1997年12月21日、UFC初参戦となったUFC Japanで世界ミドル級(現ライトヘビー級)王座決定戦でソウルオリンピックレスリング金メダリストのケビン・ジャクソンと対戦し、開始16秒腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

タイトル防衛に3度成功し、1999年9月24日、UFC 22ティト・オーティズとのタイトルマッチを制し、4度目の防衛を果たすとリングにベルトを置いてUFC撤退を表明。対戦要望をアピールしていた桜庭和志との対戦が期待され幾度もPRIDE参戦が噂されるが、実現には至らなかった。

2000年12月10日、K-1 WORLD GP 2000 決勝戦でエルヴィス・シノシックと総合格闘技ルールで対戦し、判定勝ち。

2001年8月11日、K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGASでシャノン・"ザ・キャノン"・リッチと対戦し、右ハイキックでKO勝ち。

2003年3月27日、WEC 6のWEC世界ライトヘビー級王座決定戦でブライアン・パードーと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年には自身のジム、シャムロック・マーシャルアーツ・アカデミーを設立した。

2005年11月23日、U-STYLE Axis中村大介と対戦し、アンクルホールドで一本勝ち。

Strikeforce[編集]

2006年3月10日、Strikeforce旗揚げ戦でシーザー・グレイシーと対戦し、右フックでダウンを奪いパウンドでKO勝ち。

2007年2月10日、EliteXCヘンゾ・グレイシーと対戦。下のポジションから禁止されていたグラウンド状態での膝蹴りを放ったため反則負け。

2007年6月22日、Strikeforce: Shamrock vs. Baroniの世界ミドル級王座決定戦でフィル・バローニと対戦し、チョークスリーパーで失神一本勝ちを収め2階級制覇となる王座獲得に成功した。

2008年3月29日、Strikeforce: Shamrock vs. Leの世界ミドル級タイトルマッチでカン・リーと対戦し、右腕の負傷によりTKO負けを喫し王座から陥落した[1]

2009年4月11日、Strikeforce: Shamrock vs. Diazニック・ディアスと179ポンド(約81kg)のキャッチウェイトで対戦し、2ラウンドTKO負けを喫した[2]

2010年6月26日、Strikeforce: Fedor vs. Werdumで現役引退を表明した[3]

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
35 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 2 14 5 2 2 0
10 4 2 3 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ニック・ディアス 2R 3:57 TKO(右ボディブロー→パウンド) Strikeforce: Shamrock vs. Diaz 2009年4月11日
× カン・リー 3R終了時 TKO(右腕の骨折) Strikeforce: Shamrock vs. Le
【Strikeforce世界ミドル級タイトルマッチ】
2008年3月29日
フィル・バローニ 2R 4:00 チョークスリーパー Strikeforce: Shamrock vs. Baroni
【Strikeforce世界ミドル級王座決定戦】
2007年6月22日
× ヘンゾ・グレイシー 2R 2:00 反則(グラウンドの膝蹴り) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
シーザー・グレイシー 1R 0:21 KO(右フック→パウンド) Strikeforce: Shamrock vs. Gracie 2006年3月10日
ブライアン・パードー 1R 1:46 腕ひしぎ十字固め WEC 6: Return of a Legend
【WEC世界ライトヘビー級王座決定戦】
2003年3月27日
エルヴィス・シノシック 3分5R終了 判定50-48 K-1 WORLD GP 2000 決勝戦 2000年12月10日
ティト・オーティズ 4R 4:42 ギブアップ(パウンド) UFC 22: There Can Be Only One Champion
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
1999年9月24日
田村潔司 20分終了 時間切れ リングス RISE 2nd 1999年4月23日
ジョン・ローバー 1R 7:41 ギブアップ(マウントパンチ) UFC Brazil: Ultimate Brazil
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
1998年10月16日
ジェレミー・ホーン 1R 16:28 膝十字固め UFC 17: Redemption
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
1998年5月15日
イゴール・ジノビエフ 1R 0:22 KO(バスター) UFC 16: Battle in the Bayou
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
1998年3月13日
ケビン・ジャクソン 1R 0:16 腕ひしぎ十字固め UFC Japan: Ultimate Japan
【UFC世界ミドル級王座決定戦】
1997年12月21日
エンセン井上 2R 7:17 反則(セコンドのリングイン) VALE TUDO JAPAN '97 1997年11月29日
ウェス・ギャサウェイ 1R 11:54 反則(ロープ掴み) World Pankration Championships 1 1997年10月26日
高阪剛 30分終了 判定(ポイント) リングス FIGHTING EXTENSION 1997 Vol.7 1997年9月26日
× ジョン・ローバー 30分1R終了 判定1-2 SuperBrawl 3 1997年1月17日
× 國奥麒樹真 20分終了 判定0-3 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年12月15日
× 近藤有己 12:43 KO(ハイキック) PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年9月7日
山田学 12:44 チョークスリーパー PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年7月22日
× バス・ルッテン 11:11 TKO(ドクターストップ) PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【キング・オブ・パンクラス統一王座決定戦】
1996年5月16日
渋谷修身 15分終了 判定 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年4月7日
柳澤龍志 20分終了 判定 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年3月2日
鈴木みのる 22:53 膝十字固め PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【キング・オブ・パンクラス暫定王座決定戦】
1996年1月28日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 5:23 アキレス腱固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年12月14日
船木誠勝 10:31 アンクルホールド パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年11月4日
伊藤崇文 7:23 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年9月1日
× バス・ルッテン 15分終了 判定1-2 パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年7月23日
冨宅祐輔 8:16 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年6月13日
アラン・ゴエス 10分終了 判定1-0 パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年5月13日
鈴木みのる 3:23 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年4月8日
× 船木誠勝 5:11 ヒールホールド パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年3月10日
稲垣克臣 6:14 チョークスリーパー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年1月26日
× 山田学 8:38 ヒールホールド パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 2回戦】
1994年12月16日
バス・ルッテン 10分終了 判定2-0 パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 1回戦】
1994年12月16日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ダン・ヘンダーソン 1R 0:56 ヒールホールド The Contenders 1997年10月11日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ 1R 0:53 KO(右ハイキック) K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGAS 2001年8月11日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • SHERDOG 殿堂入り(2014年)

出演[編集]

映画[編集]

  • History of MMA (2012)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
パンクラス暫定王者

1996年1月28日 - 1996年5月16日

次王者
王座廃止
前王者
王座新設
初代UFC世界ライトヘビー級王者

1997年12月21日 - 1999年11月24日

空位
次タイトル獲得者
ティト・オーティズ
前王者
王座新設
初代WEC世界ライトヘビー級王者

2003年3月27日 - 2003年8月

空位
次タイトル獲得者
ジェイソン・ランバート
前王者
王座新設
初代Strikeforce世界ミドル級王者

2007年6月22日 - 2008年3月29日

次王者
カン・リー