キモ・レオポルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キモ
基本情報
本名 キモ・レオポルド
(Kimo Leopoldo)
通称 怪人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1968-01-04) 1968年1月4日(49歳)[1]
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州ミュンヘン
所属 ジョー・モレイラ道場
→LAボクシングジム
→DC7
身長 188cm
体重 112kg
階級 ヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術ムエタイキックボクシング
テンプレートを表示

キモ・レオポルドKimo Leopoldo1968年1月4日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家キックボクサードイツバイエルン州ミュンヘン出身。カリフォルニア州ロサンゼルス在住。DC7所属。リングネームキモ

全身にびっしり施されたタトゥーも特徴のひとつである。「怪人」というニックネームでも知られている。

父親は白人ポリネシアンなど様々な血が混じっていて、母親はドイツ人フランス人のハーフ[2]

キモ(Kimo)の由来は、イエス・キリスト弟子の一人 ヤコブ(James) をハワイ語にしたものである[2]

来歴[編集]

父親が5年間滞在したドイツで生まれ、3か月後にハワイに移住した[2]

高校でアメリカンフットボールを始め、高校1年時にハワイの高校からシアトルの高校へ転校[2]

ワシントン州立大学中退後もオレンジ・コースト・カレッジでアメリカンフットボール選手として活躍し、プロを目指していたが右膝を手術したことで断念(右膝のタトゥーはその手術痕を隠すように入れられている)[2]。ストリートファイトに明け暮れるようになった。この頃、聖書を読み影響を受けた。UFCデビューが決まると、腹に「JESUS」の文字、背中には十字架に磔にされたイエス・キリストのタトゥーを入れた[3]

1994年9月9日のUFC 3でデビュー。トーナメント1回戦でそれまで無敗だったホイス・グレイシーを追い込み、敗れはしたが準決勝を棄権するほどにまで追い込んだことで注目を集めた。当時はマネージャーにジョー・サンがついており、彼が主宰する「ジョー・サン・ドー」の選手という触れ込みだった[4]。入場時の十字架を背負うパフォーマンスも話題を呼んだ。当時のキャラクター・神秘的なイメージなどはジョー・サンが考えたものであった[2]

1994年12月10日、K-1初参戦となったK-1 LEGEND 〜乱〜でパトリック・スミスとアルティメット特別ルール(リングに設置された金網マッチ)で対戦。マウントポジションから頭突きの連打で顔面から出血させ、最後はバックマウントパンチでタップを奪った(K-1の公式結果はTKO勝ち)。

1995年3月3日、K-1 GRAND PRIX '95の1回戦で佐竹雅昭と対戦し、左ミドルキックでTKO負け。キックボクシングの練習はほとんど行わず、ウエイトトレーニングのみで試合に臨んだという[2]

ジョー・サンと袂を別ってからは、AMCパンクレイションのマット・ヒュームの元でトレーニングを積み、ジョー・モレイラの元でブラジリアン柔術を学び始めた。

1996年には桜庭和志(当時UWFインターナショナル所属)[5]クラッシャー・バンバン・ビガロを下し、「プロレスラーの天敵」とまで呼ばれた。

1999年10月11日、新日本プロレスに参戦し、永田裕志と対戦。3分54秒、裸絞めで勝利。

2000年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会で藤田和之と対戦。膝蹴りを急所に受け、4分2秒反則勝ち。

2004年6月19日、UFC 48のメインイベントでケン・シャムロックと対戦し、KO負けを喫した。試合後にステロイドおよび覚醒剤の陽性反応が出たため、ネバダ州アスレチック・コミッションより6か月間の出場停止処分を受けた。

2005年7月17日、PRIDE 武士道 -其の八-美濃輪育久と対戦し、アキレス腱固めで一本負けを喫した。

2006年7月22日のWFA (World Fighting Alliance) でバス・ルッテンと対戦予定であったが、大会2日前のステロイド検査で陽性反応が出たため、試合への出場は取りやめとなり出場停止処分を受けた(代わりにルーベン・ビシャレアルがルッテンと対戦した)。

2009年2月17日、カリフォルニア州タスティンで、警察官の制服を着用しているところを職務質問され、覚醒剤(メタンフェタミン)所持の現行犯および制服の窃盗容疑により逮捕された。

人物・エピソード[編集]

  • 2003年8月15日、アメリカでボブ・サップと対戦した際、アメリカの観客からキモを応援する「キモコール」が起こった。その時解説の谷川貞治は、「ビーストコールですね。」(ビーストはサップの異名)と発言した。この発言はその珍妙さから日本のネット上でよくネタにされていた。2007年4月に行なわれたPRIDE.34バタービーン vs. ズールでも、煽りビデオのナレーターの立木文彦 が「ビーストコールですね」と谷川の真似をしてネタにされていた。実際にはサップは当時アメリカでは無名に等しい選手であった。
  • 近年ドーピング違反や薬物による逮捕などトラブルが続いており、2009年7月には死亡説が流れたこともあった[6]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 2 9 0 0 1 0
7 2 3 1 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ウェス・シムズ 1R 1:32 TKO(パウンド) Extreme Wars 5: Battlegrounds 2006年10月6日
× デイブ・レジェノ 1R 3:21 フロントチョーク Cage Rage 18: Battleground 2006年9月30日
× 美濃輪育久 1R 3:11 アキレス腱固め PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
マーカス・"XL"・ロイスター 1R 4:18 前腕チョーク Rumble on the Rock 7 2005年5月7日
× ケン・シャムロック 1R 1:26 KO(右膝蹴り) UFC 48: Payback 2004年6月19日
タンク・アボット 1R 1:59 肩固め UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
ティム・レイシック 1R 1:55 TKO(足の負傷) WFA 2: Level 2 2002年7月5日
× 高阪剛 12分1R終了 判定0-3 UFC 16: Battle in the Bayou 1998年3月13日
ダン・スバーン 30分1R終了 時間切れ PRIDE.1 1997年10月11日
ブライアン・ジョンストン 1R 1:43 前腕チョーク Ultimate Explosion 1997年4月16日
ポール・ヴァレランス 1R 9:08 TKO(タオル投入) Ultimate Ultimate 1996
【1回戦】
1996年12月7日
クラッシャー・バンバン・ビガロ 1R 2:15 チョークスリーパー THE U-JAPAN SUPER FIGHTING '96 VOL.1 1996年11月17日
桜庭和志[5] 1R 4:20 肩固め シュートボクシング S-cup '96 決勝戦
【アルティメット特別マッチ】
1996年7月14日
× ケン・シャムロック 1R 4:24 膝十字固め UFC 8: David vs. Goliath
【UFCスーパーファイト選手権試合】
1996年2月16日
パトリック・スミス 1R 2:59 ギブアップ(パンチ連打) United Full Contact Federation 1 1995年9月8日
フレッド・フロイド 1R 0:47 チョークスリーパー United Full Contact Federation 1 1995年9月8日
パトリック・スミス 1R 3:13 TKO(バックマウントパンチ) K-1 LEGEND 〜乱〜 1994年12月10日
× ホイス・グレイシー 4:40 アームロック UFC 3: The American Dream
【1回戦】
1994年9月9日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
3 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0
3 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 天田ヒロミ 2R 2:06 KO(3ノックダウン:左フック) K-1 BURNING 2004 〜沖縄初上陸〜 2004年2月15日
× ボブ・サップ 2R 1:11 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS 2003年8月15日
× 佐竹雅昭 2R 2:27 TKO(左ミドルキック) K-1 GRAND PRIX '95 開幕戦
【1回戦】
1995年3月3日

脚注[編集]

  1. ^ 生年月日が1968年1月5日と記載されている場合もある。
  2. ^ a b c d e f g 格闘技通信』1995年9月8日号、ベースボール・マガジン社
  3. ^ 竹内規和 『ザ・バーリトゥーダー 極強への挑戦』 フットワーク出版、1998年。
  4. ^ 実際はジョー・サンとはただの友人同士でキモが刺青を施す際には一緒に入れる約束をしたが、当日になって怖気図いてしまったため、キモだけが刺青を施した。
  5. ^ a b UWFインターナショナル取締役だった鈴木健は高山と桜庭との2試合は、結末が決まっており、シュートマッチ、真剣勝負ではなかったことを後に明かしている(『kamipro』No.130、エンターブレイン。鈴木健インタビュー)
  6. ^ http://japan.techinsight.jp/2009/07/yokote2009072410130.html 【イタすぎるセレブ達・番外編】キモ・レオポルド死亡ニュースは誤報? 電話で“オレは死んでないぞ!”と健在を主張か。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]