スタノゾロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタノゾロール
Stanozolol.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Multum Consumer Information
胎児危険度分類
  • X
法的規制
投与方法 経口, 筋肉注射
薬物動態データ
生物学的利用能 ?
代謝 肝臓
半減期 1日
排泄 尿: 84%
識別
CAS番号
10418-03-8 ×
ATCコード A14AA02 (WHO)
PubChem CID: 25249
DrugBank DB06718 チェック
ChemSpider 23582 チェック
UNII 4R1VB9P8V3 チェック
KEGG D00444  チェック
ChEMBL CHEMBL1200324 ×
化学的データ
化学式 C21H32N2O
分子量 328.49

スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドである。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されている。1962年にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された。

概要[編集]

アナボリックステロイドの中では比較的副作用が少ないために、ボディビルダーやスポーツ選手に一般的に使用されている。体重を維持しながら脂肪を取り除く事が可能である。

50mg/mLの注射または5mgの錠剤が一般的であった。しかし、最近では100mg/mLのバージョンが利用出来るようになった。5~10mgの経口投与してから10日以内で尿中に排出する事が可能である。

1988年のソウルオリンピックの男子100m決勝で当時の世界新記録を樹立して優勝したベン・ジョンソンが、それまで検出が困難とされていたスタノゾロールに陽性反応を示し、金メダルを剥奪された[1]

21世紀に入り、MLBラファエル・パルメイロバリー・ボンズロジャー・クレメンスなどの大物選手の使用疑惑が次々と浮上した。

出典[編集]

  1. ^ ドーピングの歴史”. 日本オリンピック委員会公式. 2013年11月22日閲覧。