佐藤豪則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 豪則
基本情報
本名 佐藤 豪則
通称 SAKUイズムの継承者
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-06-08) 1985年6月8日(33歳)
出身地 秋田県秋田市
所属 高田道場
フリーランス
→チーム桜畑
Laughter7
TRIBE TOKYO M.M.A
→フリーランス
身長 177cm
体重 70kg
リーチ 180cm
階級 ミドル級
ウェルター級
ライト級
バックボーン 柔道相撲
テンプレートを表示

佐藤 豪則(さとう たけのり、1985年6月8日 - )は、日本男性総合格闘家秋田県秋田市出身。フリーランス。元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

プロレスラーの豪(佐藤豪志)は双子の実兄。

来歴[編集]

学生時代は柔道をやっていた。プロレスが好きで桜庭和志に憧れ、秋田経法大学附属高校卒業後の2004年4月に高田道場に入門した。

2004年12月18日、DEEP 17th IMPACTで開催されたフューチャーキングトーナメント82kg以下級に出場し、優勝を果たした。

2006年春、桜庭の退団と前後して、佐藤も高田道場を退団し行動を共にする。

2006年7月30日、フリーとしてDEMOLITIONで瀬戸哲男と対戦し、引き分け。

2007年6月9日、CAGE FORCE 03久松勇二と対戦し、引き分け。

2007年9月、桜庭が結成した「チーム桜畑」所属となった(のちにLaughter7と改称)。

2007年9月17日、HERO'Sのオープニングファイトとして行われた「チーム桜畑 vs. U-FILE対抗戦」に出場。長井憲治に腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2008年3月26日、初参戦となったパンクラス鳥生将大と対戦し、引き分け。

2009年8月8日、パンクラスのミドル級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで王者竹内出に挑戦し、判定ドローで王座獲得に失敗した。

2009年9月23日、戦極初参戦となった戦極 〜第十陣〜ジョー・ドークセンと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2010年2月7日、ミドル級暫定キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで近藤有己と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2011年2月6日、ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで王者URAKENに挑戦。チキンウィングアームロックで見込み一本勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2011年10月2日、ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで石川英司と対戦し、三者三様のドローとなり2度目の防衛に成功した。

UFC[編集]

2014年2月15日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Machida vs. Mousasiエリック・シウバと対戦し、パウンドでKO負けを喫した。

2014年6月18日、UFCと契約中であるため、パンクラスウェルター級王座を返上した。

2014年9月20日、日本で開催されたUFC Fight Night: Hunt vs. Nelsonイム・ヒョンギュと対戦し、肘打ちを浴び続け防戦一方となりKO負けを喫した。

2014年11月6日、2連敗でUFCからリリースされた。

2015年5月9日、PRO FCウェルター級王座決定戦でチャド・レイナーと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
38 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 4 7 8 0 7 1
11 7 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ホン・ソンチャン 1R ノーコンテスト(反則) Top FC 12: Min Gu vs. Seung Woo 2016年9月11日
バク・ジョンス 1R 1:30 腕ひしぎ十字固め Top FC 11: Top FC vs. Kunlun Fight 2016年5月22日
× キム・ハンスル 5分3R終了 判定0-3 Top FC 10: Min Gu vs. Yeong Gwang 2016年3月19日
チャド・レイナー 1R 2:20 腕ひしぎ十字固め PRO Fighting: PRO FC 10
【PRO FCウェルター級王座決定戦】
2015年5月9日
× イム・ヒョンギュ 1R 1:18 KO(肘打ち) UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson 2014年9月20日
× エリック・シウバ 1R 0:52 KO(パウンド) UFC Fight Night: Machida vs. Mousasi 2014年2月15日
イスラム・ガライエフ 2R 2:09 チキンウィングアームロック TRIBE TOKYO FIGHT 〜長南亮引退興行〜 2013年10月20日
鈴木槙吾 3R 2:36 V1アームロック PANCRASE 247
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2013年5月19日
村山暁洋 5分3R終了 判定0-0 PANCRASE 246 2013年3月17日
KEI山宮 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2012年9月1日
ストラッサー起一 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2012年3月11日
石川英司 5分3R終了 判定1-1 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2011年10月2日
大類宗次朗 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2011年6月5日
URAKEN 1R 4:40 TKO(チキンウィングアームロック) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2011年2月6日
鈴木槙吾 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年12月5日
中村勇太 2R 0:34 チキンウィングアームロック PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年10月3日
× KEI山宮 5分2R終了 判定0-2 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年4月4日
× 近藤有己 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ミドル級暫定キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年2月7日
× ジョー・ドークセン 2R 4:27 TKO(パウンド) 戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日
竹内出 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
【ミドル級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2009年8月8日
キム・フン 1R 4:26 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年6月7日
金井一朗 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年4月5日
藤井陸平 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE EX -eastern bound- 2008年11月8日
久松勇二 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月1日
× RYO 5分2R終了 判定0-2 DEEP 36 IMPACT 2008年7月27日
鳥生将大 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年3月26日
× 内藤征弥 1R 4:45 TKO(ドクターストップ) CAGE FORCE 05 2007年12月1日
長井憲治 1R 2:46 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦 2007年9月17日
久松勇二 5分2R終了 判定1-0 CAGE FORCE 03 2007年6月9日
× 九十九優作 2R 0:18 KO(パンチ) DEMOLITION 2006年12月10日
瀬戸哲男 5分2R終了 判定0-1 DEMOLITION 2006年7月30日
濱村健 5分3R終了 判定1-0 DEEP 20th IMPACT 2005年9月3日
× 濱村健 1R 0:21 TKO(パンチ連打) club DEEP 富山 -野蛮人祭り2- 2005年5月15日
ジョウビラ・マルロン・メデイロス 1R 4:21 TKO(マウントパンチ) DEEP HERO 1 〜格闘フェスタ2005 in Zepp Nagoya〜 2005年4月17日
× 梅田恒介 1R 0:35 TKO(タオル投入) DEEP 18th IMPACT 2005年2月12日
山田護之 5分2R終了 判定3-0 DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 82kg以下級 決勝】
2004年12月18日
中島亮 2R 2:03 TKO(パンチ連打) DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 82kg以下級 準決勝】
2004年12月18日
七丸 2R 1:00 TKO(パンチ連打) DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 82kg以下級 1回戦】
2004年12月18日

獲得タイトル[編集]

  • DEEPフューチャーキングトーナメント2004 82kg以下級 優勝(2004年)
  • 第6代ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座(2011年)
  • PRO FCウェルター級王座(2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
URAKEN
第6代パンクラスウェルター級王者

2011年2月6日 - 2014年6月11日

空位
次タイトル獲得者
レッツ豪太