大塚隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大塚 隆史
基本情報
本名 大塚 隆史
通称 暴言スーパールーキー
AACCの突貫小僧
ブラジリアンキラー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-08-22) 1986年8月22日(31歳)
出身地 千葉県市川市
所属 AACC
T・GRIP TOKYO 高田馬場
身長 168cm
体重 61kg
階級 フェザー級
バンタム級
バックボーン レスリング
テーマ曲 DOKO(KEN-U)
テンプレートを表示

大塚 隆史(おおつか たかふみ、1986年8月22日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県市川市出身。T・GRIP TOKYO 高田馬場所属。現DEEPバンタム級王者。現WSOF GCバンタム級王者。元DEEPフェザー級王者。

来歴[編集]

中学からブラジリアン柔術を始める(このときT・GRIP TOKYO 高田馬場代表小幡太郎・AACCの代表阿部裕幸と知り合った)。またレスリングを始め、自由ヶ丘学園高等学校在学時にはインターハイに出場、3年次の中国大会では60kg級個人の部で準決勝に進出した(優勝した大澤茂樹に敗退)[1]。また全国高校生グレコローマン選手権でも60kg級で準優勝を果たしている[2]日本体育大学進学後も東日本学生秋季新人戦(フリースタイル60kg級)で優勝、全日本選手権にも出場した。しかしその後「減量苦や学業上の理由が重なり、寮から逃げ出した」と本人は後のインタビューで語っている[3]

2006年6月11日、W-カプセルのオープニングファイトで総合格闘技デビュー。12月にはDEEPのフューチャーキングトーナメントにも出場した。

2007年5月19日、ブラジルのFury FCに出場、レアンドロ・イッサにTKO勝ち。年末の大会にも出場し、ホドリゴ・ルイスにTKO勝ちを収めた。

2008年7月12日、Fury FCライト級王座決定戦でハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。その後はDEEPに出場、金原正徳昇侍相手に2連勝を収めた。

2009年3月8日、DREAM初参戦となったDREAM.7のフェザー級(-63kg)グランプリ1回戦でビビアーノ・フェルナンデスと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2009年8月23日、DEEP 43 IMPACTのDEEPフェザー級タイトルマッチで王者三島☆ド根性ノ助に挑戦し、5-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年5月29日、ケージ開催となったDREAM.14宮田和幸と対戦し、1-2の判定負け。試合前の煽り映像では「裏日本人フェザー級最強決定戦」と紹介された[4]

2010年7月3日、DEEP 48 IMPACTのDEEPフェザー級タイトルマッチで松本晃市郎と対戦し、2-3の判定負けを喫し王座陥落した[5]

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACTで前田吉朗と対戦し、0-2の判定負けを喫した[6]

2010年12月11日、DEEP 51 IMPACTで堀友彦と対戦し、3-0の判定勝ち。連敗を3で止めた[7]

2011年5月29日、DREAM JAPAN GPのバンタム級日本トーナメント1回戦で大沢ケンジと対戦し、1-2の判定負けを喫した。

2011年6月24日、DEEP 54 IMPACTのバンタム級王者決定戦で中村"アイアン"浩士と対戦し、5-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。DEEP2階級制覇となった

2012年2月18日、DEEP 57 IMPACTで前田吉朗と対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫し王座陥落した[8]

2012年10月19日、DEEP 60 IMPACTで直撃我聞と対戦し、3-0の判定勝ち。連敗をストップさせた。

2013年6月22日、韓国開催のROAD FC 012でイ・ユンギュンと対戦し、0-3の判定負け。当初はキム・スーチョルと対戦する事が正式発表されていたがスーチョルが欠場したために対戦相手が変更されている[9][10]

2014年4月29日、DEEP 66 IMPACTのバンタム級王者決定戦で大沢ケンジと対戦し、5-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。DEEPでは三度目の王座載冠となった。

2014年12月31日、DEEP DREAM IMPACT2014でのDEEP×パンクラス対抗戦でパンクラスのバンタム級王者である石渡伸太郎と対戦し、KO負け。

2015年5月16日、再起戦となったDEEP 72にて北田俊亮相手に初防衛に成功し復活の狼煙をあげる。

2016年8月27日、DEEP 77 IMPACT & DEEP JEWELS 13 レスリングでアジア選手権3位のバータル・アズジャブハラン相手に2R 2:35チョークスリーパーにて一本勝ち。この試合より所属ジムがT・GRIP TOKYO 高田馬場へと変更される

2016年12月17日、WSOF GCバンタム級王座決定戦でフェルナンド・ヴィエイラと対戦予定だったが、ヴィエイラの体重超過により大塚が初代王座に認定された[11]

人物・エピソード[編集]

  • 「暴言スーパールーキー」のニックネームの表すとおり、ビッグマウスとも受け取れる発言をすることがある。2009年のDREAM.7の煽りVTRでは、強面のKID高谷を平気で呼び捨てにしている。2010年のDREAM.14の煽りVでは、宮田和幸に対し、「ボディビルのコンテストじゃねぇぞって」「オヤジ狩りとかね」と挑発、更に、年上の日本人ファイターたちを「あの辺もうあと何年やれるかわからないですもんね、高谷も。みんな30。あれ(宮田和幸)何歳ですか?」と挑発した。2011年のDREAM JAPAN GP開幕戦の試合前インタビューで、「俺が勝たなきゃだめ。だってみんな世界に通用しないでしょ。30(歳)越えて」などといった発言を残している。DREAMが機能しなくなってからは大言壮語は影を潜めている。
  • 前述のようなビッグマウスが目立つが、インタビューではファンに対しては「応援よろしくお願いいたします!」と言ったり、対戦したい相手を挙げた後「まぁ、でもまだまだやるに値しないですからね・・・頑張りますよ!」と言うなど、謙虚な一面も持つ[12]
  • 古代ローマグラディエーターを彷彿とさせる独特なデザインのトランクスを履いて試合に臨んでいた時期がある。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
34 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 3 4 14 0 2 0
13 1 3 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
バータル・アズジャブハラン 2R 2:35 チョークスリーパー DEEP 77 IMPACT & DEEP JEWELS 13 2016年8月27日
遠藤大翼 5分3R終了 判定3-0 DEEP 75 IMPACT 2016年2月27日
五月女健 1R 0:30 負傷判定0-0 DEEP 74 IMPACT 2015年12月20日
北田俊亮 5分3R終了 判定5-0 DEEP 72 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2015年5月17日
× 石渡伸太郎 1R 3:30 TKO(タオル投入) DEEP DREAM IMPACT 2014 〜大晦日SPECIAL〜 2014年12月31日
大沢ケンジ 5分3R終了 判定5-0 DEEP 66 IMPACT
【DEEPバンタム級王者決定戦】
2014年4月29日
北田俊亮 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2013 in TDC HALL 2013年11月24日
× イ・ユンギュン 5分2R終了 判定0-3 ROAD FC 012 2013年6月22日
釜谷真 5分3R終了 判定3-0 DEEP 62 IMPACT 2013年4月26日
赤尾セイジ 5分2R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND 2012年12月8日
直撃我聞 5分2R終了 判定3-0 DEEP 60 IMPACT 2012年10月19日
× 和田竜光 5分3R終了 判定0-2 DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 〜OVER AGAIN〜 2012年4月7日
× 前田吉朗 2R 3:13 チョークスリーパー DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2012年2月18日
× ビビアーノ・フェルナンデス 1R 0:41 チョークスリーパー DREAM.17
【バンタム級世界トーナメント 1回戦】
2011年9月24日
中村"アイアン"浩士 5分3R終了 判定5-0 DEEP 54 IMPACT
【DEEPバンタム級王者決定戦】
2011年6月24日
× 大沢ケンジ 2R(10分/5分)終了 判定1-2 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
堀友彦 5分3R終了 判定3-0 DEEP 51 IMPACT 2010年12月11日
× 前田吉朗 5分3R終了 判定0-2 DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
× 松本晃市郎 5分3R終了 判定2-3 DEEP 48 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2010年7月3日
× 宮田和幸 5分3R終了 判定1-2 DREAM.14 2010年5月29日
山崎剛 5分3R終了 判定3-0 DEEP 46 IMPACT 2010年2月28日
三島☆ド根性ノ助 5分3R終了 判定5-0 DEEP 43 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2009年8月23日
× ビビアーノ・フェルナンデス 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年3月8日
昇侍 5分3R終了 判定3-0 DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
金原正徳 5分2R終了 判定2-1 DEEP 38 IMPACT 2008年10月23日
× ハファエル・ドス・アンジョス 5分3R終了 判定1-2 Fury FC 6: High Voltage
【Fury FCライト級王座決定戦】
2008年7月12日
杉内勇 1R 3:51 TKO(パウンド) clubDEEP 東京 2008年5月24日
高橋俊 1R 1:39 チョークスリーパー SMOKER's 2008年2月29日
ホドリゴ・ルイス 2R 3:12 TKO(パウンド) Fury FC 5: Final Conflict 2007年12月6日
小塚誠司 5分2R終了 時間切れ DEEP 31 IMPACT 2007年8月5日
高橋基希 1R 2:42 チョークスリーパー clubDEEP 東京 2007年6月16日
レアンドロ・イッサ 3R TKO(パウンド) Fury FC 3: Reloaded 2007年5月19日
LUIZ 5分2R終了 判定3-0 MARS 06 "RAPID FIRE" 2006年12月22日
× 北田俊亮 5分1R終了 判定0-3 club DEEP 東京&フューチャーキングトーナメント2006
【フューチャーキングトーナメント フェザー級 1回戦】
2006年12月9日
× 西内太志朗 2R 3:05 チョークスリーパー MARS bodogFIGHT 01
【MFCチャレンジ・トーナメント 1回戦】
2006年10月4日
石井智大 2R チョークスリーパー W-カプセル 2006年6月11日

獲得タイトル[編集]

出演[編集]

  • REVIVAL これが日本の総合格闘技だ(2015年)

脚注[編集]

  1. ^ インターハイ個人・60kg級成績 日本レスリング協会公式サイト
  2. ^ 全国高校生グレコローマン選手権 日本レスリング協会公式サイト
  3. ^ 大塚隆史選手 インタビュー其の一 レスリングエリート編 The Wild Side of the DEEP 2008年12月5日
  4. ^ 【DREAM】KIDが金網で復活のKO勝利!桜庭がグレイシーに敗戦、マッハも一本負け(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月29日
  5. ^ 【DEEP】大塚隆史が陥落!松本晃市郎が超接戦を制して新チャンピオンに 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月3日
  6. ^ 【DEEP】死闘!菊野が帯谷を判定で退ける、青木&ミノワマン&長南は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日
  7. ^ 【DEEP】松本晃市郎が昇侍との打ち合いを制す!大塚隆史は連敗を脱出 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月11日
  8. ^ 【DEEP】廣田、ラズマゼが初防衛!ルーカス娘、前田、横田が新チャンピオンに 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年2月18日
  9. ^ 【RFC12】大塚無念。アレ、レ、レ、レなキム・スーチョル欠場理由 MMAPLANET 2013年5月25日
  10. ^ 【RFC12】キム・スーチョル×大塚消滅に関し、RFC代表が言及 MMAPLANET 2013年5月28日
  11. ^ 初代王者・今成がDEEPフェザー級王者返り咲き 大塚はまさかの相手失踪でWSOF王座戴冠 スポーツナビ 2016年12月18日
  12. ^ AACC 大塚隆史選手 インタビュー其の三 DEEPに本格参戦 金原選手 そして昇侍選手との果たし合い編The wild side of the DEEP(DEEPのブログ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
三島☆ド根性ノ助
第3代DEEPフェザー級王者

2009年8月23日 - 2010年7月3日

次王者
松本晃市郎
空位
前タイトル保持者
今成正和
第2代DEEPバンタム級王者

2011年6月24日 - 2012年2月18日

次王者
前田吉朗
空位
前タイトル保持者
DJ.taiki
第5代DEEPバンタム級王者

2014年4月29日 - 現在

次王者
N/A
前王者
王座新設
初代WSOF GCバンタム級王者

2016年12月17日 - 現在

次王者
N/A