DJ.taiki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DJ.taiki
基本情報
本名 畑 大樹
通称 撲殺執事
死神ストライカー
修斗ハンター
意外性の男
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年8月24日(31歳)
出身地 千葉県
所属 和術慧舟會RJW CENTRAL
→和術慧舟會東京本部
K.I.B.A.
→フリーランス
→マルワジム横浜
→フリーランス
身長 172cm
体重 65kg
階級 フェザー級DREAM
バンタム級DEEP
ライト級K-1
スタイル レスリング
キックボクシング
テーマ曲 KISS ME (氷室京介
DISCOTHEQUE水樹奈々
パーティーは終わらない(田村ゆかり
テンプレートを表示

DJ.taiki(ディージェイ たいき、男性、1982年8月24日 - )は、日本総合格闘家キックボクサー。本名は畑 大樹(はた たいき)。千葉県出身。フリーランス。現DEEPバンタム級王者。

リングネームは「なんとなくかっこいいから」という理由で付けられた。

OGUNI GYMで打撃を習い、ニュージャパンキックボクシング連盟キックボクシングの試合経験もある。長いリーチから放たれる打撃が武器。

来歴[編集]

高校時代にプロレスゲームでプロレスラーに憧れ、和術慧舟會RJW CENTRALに入門。2001年秋に和術慧舟會東京本部へ移籍した後、2002年1月にK.I.B.A.へ正式入門。

2002年12月8日、第13回全日本アマチュアシュートボクシング選手権大会の中量級トーナメントに出場し、優勝を果たした。

プロデビュー[編集]

2004年4月25日、リングネームζ(ゼータ)でニュージャパンキックボクシング連盟でプロキックボクシングデビュー。

2004年10月15日、本名の畑 大樹としてDEMOLITIONでプロ総合格闘技デビュー。

2005年2月27日、パンクラスデビュー戦となったNEO BLOOD TOURNAMENTのフェザー級1回戦で藤本直治と対戦し、判定負け。この試合よりリングネームをDJ.taikiに変更した。

2005年7月10日、パンクラスで元修斗世界フェザー級1位の今泉堅太郎と対戦し、判定勝ち。今泉と対戦予定であった宮川博孝が交通事故に遭ったために2日前にオファーが来るという緊急参戦であった[1]

2005年暮れから2006年2月ごろまでブラジルに渡り、3週間ほどシュートボクセ・アカデミーに入門し、ルイス・アゼレードアンドレ・ジダなどとスパーリングを行った。

2006年3月19日、パンクラスで前田吉朗と対戦し、TKO勝利を収め、「こんなことを言っても聞いてもらえないかもしれないけど、HERO'Sでレミギウス・モリカビュチスと闘いたいです」とリング上でマイクアピールした[2]。同年6月6日のパンクラスフェザー級トーナメント1回戦では志田幹からもTKO勝利を収めた。8月27日のパンクラスフェザー級トーナメント決勝戦では前田吉朗に敗北しタイトルを逃した。

2007年1月14日、3年ぶりにNJKFに参戦し健太と対戦。長く遠ざかっていたキックルールでの試合だったが、ダウンを奪い判定勝ち。

2007年春にK.I.B.A.を脱退し、5月30日のパンクラスよりフリーランスとして参戦。

2008年10月23日、DEEP 38 IMPACTで植松直哉と対戦予定であったが、植松の右肩負傷により中止になりDEEP 38のリング上で「収入源が無くなって困っている。怪我や病気で休まない選手とやりたい。」と植松に対し、挑発・批判した[3]。12月10日、DEEP 39 IMPACTで改めて植松と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2008年12月14日、NJKFで行われたOGUNIジムの盟友・国分省吾の引退記念エキシビションマッチに登場。タックルからの投げでテイクダウンを奪うとパウンドで国分をKOした[4]

2009年2月10日、「新春!DEEP&CMAファン感謝祭2009」でDREAMフェザー級グランプリへの出場権を賭け元同門の昇侍と対戦、判定勝ちでグランプリへの切符を手にした。

DREAM&K-1[編集]

2009年4月5日、「DREAM.8」でDREAMフェザー級グランプリ1回戦の所英男に判定勝ちを収めた。試合後、「僕は打撃が得意ですけど、打撃でKOできなかったんで、誰か打撃を教えてくれるジムを紹介してください」とリング上で挨拶した。しかし、この試合で右眼窩底および眼窩壁を骨折し、ドクターストップとなり、2回戦には所が出場することになった。

2009年10月6日、DREAM.11のフェザー級GPリザーブマッチで宮田和幸と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年3月27日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜渡辺一久と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年5月2日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜久保優太と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年7月10日、DREAM.15石田光洋と対戦し、0-3の判定負け。この試合から所属がマルワジム横浜となった。

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACTで今成正和と対戦し、0-2の判定負けを喫した[5]

2010年11月23日、シュートボクシング初参戦となったSHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2010及川知浩と対戦し、2RKO勝ちを収めた[6]

2011年[編集]

2011年6月19日、TENKAICHI Super Fightで全沖縄ミドル級王者廣虎と対戦し、2R後半にスタンディングダウンを奪われるなどして0-3の判定負けを喫した[7]

2011年8月26日、DEEP 55 IMPACTで和田竜光と対戦し、0-2の判定負けを喫した。

2012年[編集]

2012年2月18日、DEEP 57 IMPACTで中村優作と対戦し、2RKO勝ちを収めた。

2012年4月7日、「DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO」でTAISHOと対戦。2Rに両者のカット(TAISHOは額、DJ.taikiは目の上)により、2R終了時に両選手試合続行不可能と判断されてドクターストップ。2Rまでの判定によりDJの勝利と裁定された。しかし試合後、TAISHO陣営から「両者ドクターストップが妥当」である旨の訴えが提起され、DEEP主催者において協議を重ねた結果、両者ドクターストップによる引き分けと試合結果が変更された。

2012年6月15日、DEEP 58 IMPACTで釜谷真と対戦し、3R判定、1-0のドロー。

2012年8月18日、DEEP 59 IMPACTで赤尾セイジと対戦し、1RTKO勝ちを収めた。

2012年10月19日、DEEP 60 IMPACTで北田俊亮と対戦し、3R判定、1-0のドロー。

2012年12月8日、「DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND」でバンタム級次期挑戦者決定トーナメントの1回戦として原田ヨシキと対戦し、3RTKO勝ちを収めた。

2013年[編集]

2013年2月16日、DEEP 61 IMPACTで北田俊亮と対戦し、判定勝ちでバンタム級次期挑戦者への切符を手にした。

2013年4月26日、DEEP 62 IMPACTで王者前田吉朗と対戦。2R TKO勝ちを収め、第4代DEEPバンタム級王者戴冠を果たした。試合後には試合前に発言していた通り引退する事を発表した。

現在はアメリカに語学留学中。

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 8 1 7 0 6 0
9 0 0 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
前田吉朗 2R 1:41 TKO(右アッパー→パウンド) DEEP 62 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2013年4月26日
北田俊亮 5分3R終了 判定3-0 DEEP 61 IMPACT
【バンタム級次期挑戦者決定トーナメント 決勝】
2013年2月16日
原田ヨシキ 3R 4:33 TKO(パウンド) DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 2nd ROUND
【バンタム級次期挑戦者決定トーナメント 1回戦】
2012年12月8日
北田俊亮 5分3R終了 判定1-0 DEEP 60 IMPACT 2012年10月19日
赤尾セイジ 1R 3:20 TKO(左フック) DEEP 59 IMPACT 2012年8月18日
釜谷真 2R終了 判定1-0 DEEP 58 IMPACT 2012年6月15日
TAISHO 2R終了 ドロー DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 〜OVER AGAIN〜 2012年4月7日
中村優作 2R 3:57 TKO(パウンド) DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
× 和田竜光 5分3R終了 判定0-2 DEEP 55 IMPACT 2011年8月26日
× 今成正和 5分3R終了 判定0-2 DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
× 石田光洋 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.15 2010年7月10日
× 宮田和幸 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級GP リザーブマッチ】
2009年10月6日
所英男 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年4月5日
昇侍 5分3R終了 判定3-0 新春!DEEP&CMAファン感謝祭2009
【DREAMフェザー級GP出場者決定戦】
2009年2月10日
植松直哉 1R 2:30 TKO(パウンド) DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
キム・ジョンマン 5分3R終了 判定0-0 DEEP 37 IMPACT 2008年8月17日
デビッド・ラブ 3R TKO(ミドルキック) Freestyle Combat Challenge 35 2008年5月3日
× マルロン・サンドロ 5分3R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年11月28日
× エベン・ オロズ 5分3R終了 判定0-2 BodogFight: Vancouver 2007年8月25日
ジャミール"ザ・サージェント"マスー 2R 4:50 KO(右フック) パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年5月30日
今泉堅太郎 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年3月18日
× 前田吉朗 5分3R終了 判定1-2 パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【初代フェザー級王者決定トーナメント 決勝】
2006年8月27日
志田幹 2R 2:03 TKO(左フック) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【初代フェザー級王者決定トーナメント 準決勝】
2006年6月6日
前田吉朗 2R 0:35 TKO(左フック) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年3月19日
大沢ケンジ 5分2R終了 判定3-0 D.O.G IV 2005年12月11日
ヒートたけし 1R 3:49 TKO(パウンド) DEMOLITION 051027 2005年10月27日
× 村田卓実 5分2R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年7月31日
今泉堅太郎 5分2R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年7月10日
平田勝裕 5分2R終了 判定0-1 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年6月5日
× 藤本直治 5分2R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR
【NEO BLOOD TOURNAMENT フェザー級 1回戦】
2005年2月27日
村田卓実 5分2R終了 判定0-0 DEMOLITION 041015 2004年10月15日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
植村"ジャック"龍介 5分2R終了 時間切れ パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR
【パンクラスゲート】
2004年7月25日
島田賢二 1R 0:40 TKO(タオル投入) 第4回 パンクラスゲート×2 2004年6月13日
古関孝 2R 1:24 KO 第2回 パンクラスゲート×2 2004年2月29日
高洲"ドラゴン"佳正 5分2R終了 判定3-0 第1回 パンクラスゲート×2 2003年12月14日
× 阪上直輝 4分1R終了 判定20-23 第1回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【ライト級 1回戦】
2001年4月15日

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
6試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
4 2 2 0 0 0
2 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 廣虎 3R終了 判定0-3 WILD SEASAR「TENKAICHI Super Fight」 2011年6月19日
及川知浩 2R 2:18 KO(フック連打) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2010 2010年11月23日
× 久保優太 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜
【1回戦】
2010年5月2日
渡辺一久 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜 2010年3月27日
健太 5R終了 判定2-0 ニュージャパンキックボクシング連盟
「FIGHTING EVOLUTION I 〜進化する戦い〜」
2007年1月14日
辻史英 1R 1:31 KO ニュージャパンキックボクシング連盟
「X-DUEL III 〜終わりなき決戦〜 Young Fight」
2004年4月25日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [パンクラス] 7.10 横浜文体:桜木、高橋戦で「本当の戦いを見せる」 BoutReview 2005年7月9日
  2. ^ [パンクラス] 3.19 大阪:DJ旋風に吉朗まで… BoutReview 2006年3月20日
  3. ^ DEEP 38 IMPACT BoutReview 2008年10月24日
  4. ^ BRAVE HEART 〜START OF NEW LEGEND XV 新しい伝説の始まり〜 BoutReview 2008年12月16日
  5. ^ 【DEEP】死闘!菊野が帯谷を判定で退ける、青木&ミノワマン&長南は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日
  6. ^ 【シュートボクシング】立ち技最強はムエタイ!ブアカーオ優勝、サワーは準決勝で敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月23日
  7. ^ 【天下一Sファイト】DJ.taiki、K-1ルールで廣虎に敗れる!YUMAが新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年6月19日
  8. ^ [D.O.G] 12.11 ディファ:井上克也逆転勝ち。弘中が一本 BoutReview 2005年12月21日
  9. ^ “【K-1MAX】DJ.taikiがたい焼き屋で公開練習!?「TBSの考えを全てパーにしてやる」”. 格闘技ウェブマガジンGBR. (2010年4月23日). http://www.gbring.com/sokuho/news/2010_04/0423_k-1max.htm 2010年4月24日閲覧。 
  10. ^ [http://efight.jp/news-20130228_12431 「ゆかり王国」と書かれたはっぴを着たDJ.taiki
  11. ^ “「パーティーは終わらない」MV撮影に行ってきますた”. DJ.taiki非公式ブログ. (2012年9月13日). http://ameblo.jp/djtaikinanamizuki/entry-11352161911.html 
  12. ^ 北岡悟、DJ.taiki、ダン・ホーンバックルが王座獲得:4.26 TDC BoutReview 2013年4月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
前田吉朗
第4代DEEPバンタム級王者

2013年4月26日 - 現在

次王者
N/A