K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
K-1 WORLD MAX 2010
〜-70kg Japan Tournament〜
イベント詳細
シリーズ K-1 WORLD MAX
主催 TBSFEG
開催年月日 2010年3月27日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
開始時刻 午後5時
試合数 全13試合
放送局 スカイパーフェクTV!
TBS(地上波)
入場者数 6,216人[1]

K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜は、K-1の大会の一つ。

2010年3月27日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで行われた。

大会概要[編集]

日本代表決定トーナメントは長島☆自演乙☆雄一郎が1回戦で名城裕司、準決勝で龍二、決勝で中島弘貴と3試合連続KO勝ちで優勝を果たし、開幕戦への出場権を手にした。

トーナメント1回戦で長島と対戦予定であった小比類巻太信は股関節の負傷により欠場、同時に現役引退することを大会4日前に発表した。会見に同席した谷川貞治は「3度のドタキャンでプロとして失格」と語った[2]。 小比類巻の欠場により、リザーブファイトに出場予定であった名城裕司が繰り上がり、長島と対戦した。

スーパーファイトで佐藤嘉洋と対戦予定であったジョルジオ・ペトロシアンは右拳負傷により欠場となった[3]

総合格闘家DJ.taiki渡辺一久と対戦し、判定勝ちを収めた。

オープニングファイトでは、大渡博之引退試合が行われた。

試合結果[編集]

オープニングファイト[編集]

オープニングファイト第1試合(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 松倉信太郎 vs. 日本の旗 YUUKI ×
2R 1:48 TKO(3ノックダウン:パンチ連打)
オープニングファイト第2試合 大渡博之引退試合(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 大渡博之 vs. 日本の旗 内村洋次郎 ×
2R 1:15 TKO(タオル投入)
オープニングファイト第3試合 日本代表決定トーナメントリザーブファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 小宮由紀博 vs. ブラジルの旗 久保薗ルイス ×
3R 1:43 TKO(ドクターストップ:鼻からの出血)
※小宮がリザーブ権を獲得。

本戦[編集]

第1試合 日本代表決定トーナメント1回戦(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 龍二 vs. 日本の旗 城戸康裕 ×
3R終了 判定2-0(29-28、29-29、28-27)
※龍二が準決勝進出。
第2試合 日本代表決定トーナメント1回戦(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 vs. 日本の旗 名城裕司 ×
1R 0:39 KO(左フック)
※長島が準決勝進出。
第3試合 日本代表決定トーナメント1回戦(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 中島弘貴 vs. 日本の旗 TATSUJI ×
2R 0:43 KO(パンチ連打)
※中島が準決勝進出。
第4試合 日本代表決定トーナメント1回戦(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 日菜太 vs. 日本の旗 山本優弥 ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-28、30-28)
※日菜太が準決勝進出。
第5試合 スーパーファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 DJ.taiki vs. 日本の旗 渡辺一久 ×
3R終了 判定3-0(30-29、30-29、30-29)
第6試合 日本代表決定トーナメント準決勝(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 vs. 日本の旗 龍二 ×
1R 1:44 KO(パンチ連打)
※長島が決勝進出。
第7試合 日本代表決定トーナメント準決勝(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 中島弘貴 vs. 日本の旗 日菜太 ×
1R 0:58 KO(右フック)
※中島が決勝進出。
第8試合 スーパーファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 小宮山工介 vs. 日本の旗 村浜TAKE HERO ×
2R 1:49 TKO(タオル投入)
第9試合 セミファイナル スーパーファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 佐藤嘉洋 vs. ブラジルの旗 ダニロ・ザノリニ ×
2R 3:11 KO(右膝蹴り)
第10試合 メインイベント 日本代表決定トーナメント決勝(K-1ルール・3分3R延長2R)
日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 vs. 日本の旗 中島弘貴 ×
3R 1:58 KO(右フック)
※長島が優勝。

トーナメント表[編集]

1回戦 準決勝 決勝
                   
       
 日本の旗 龍二 判定
 日本の旗 城戸康裕    
 日本の旗 龍二  
   日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 KO  
 日本の旗 名城裕司  
 日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 KO  
 日本の旗 長島☆自演乙☆雄一郎 KO
   日本の旗 中島弘貴  
 日本の旗 中島弘貴 KO
 日本の旗 TATSUJI    
 日本の旗 中島弘貴 KO
   日本の旗 日菜太    
 日本の旗 日菜太 判定
 日本の旗 山本優弥    

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]