今成正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今成 正和
Masakuze Imanari.jpg
基本情報
本名 今成 正和
通称 イマナー
妖怪"足極め"
足関十段
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年2月10日(38歳)
出身地 神奈川県秦野市
所属 キングダムエルガイツ
→Team ROKEN
身長 165cm
体重 63kg
階級 フェザー級DREAM
バンタム級DEEPDREAM
フライ級DEEP
スタイル コンバットレスリング
ブラジリアン柔術
テーマ曲 no ordinary love
シャーデー
テンプレートを表示

今成 正和(いまなり まさかず、男性、1976年2月10日 - )は、日本総合格闘家神奈川県秦野市出身。Team ROKEN所属。ブラジリアン柔術黒帯。元DEEPバンタム級王者。

足関節技、特にヒールホールドを得意とし、「足関十段」の異名を持つ。その独特の風貌とトリッキーなファイトスタイル、極めの強さと常識外れの足関節技で人気を得ている。

来歴[編集]

格闘技経験はおろかスポーツ経験すらほとんどなかったが、20歳の時にUFOに練習生として入門、とりあえずとキックボクシングの藤原道場を紹介される。1999年に道場で一緒だった入江秀忠に誘われ、入江が旗揚げしたキングダムエルガイツに参加。2001年にはエルガイツの初代ミドル級王者となった。また同年行われた第7回全日本コンバットレスリング大会76kg級決勝では当時修斗軽量級エースであった佐藤ルミナ相手に互角の勝負を繰り広げ関係者から高い評価を得た。ちなみに「足関十段」というニックネームは、この頃同僚の選手によって名付けられたもの。

2002年にキングダムエルガイツを離脱、同年11月に旗揚げしたZSTに参戦し、矢野卓見所英男小谷直之と並んで「ZST四兄弟」と呼ばれ人気を博す。

2003年にブラジルで1か月の柔術修行を行い、現地の柔術選手相手に足関節を極めまくるという伝説を残しマルコス・アントニオ・バルボーザから茶帯を認定された。

2003年7月に初めてDEEPに参戦してからは、DEEPを主戦場に好勝負を繰り広げる。

2003年11月に開催されたZST GP開幕戦ではACCライト級王者ジョルジ・グージェウ相手に開始32秒ヒールホールドで勝利を飾り、2004年1月、ZST GP決勝戦ではATTマーカス・アウレリオ相手に僅差の判定で敗れるも接戦を繰り広げ、高い評価を得た。

2005年1月15日には新宿区高田馬場に自身が道場長を務めるバルボーザジャパン東京(Barbosa Japan Tokyo)を設立[1]

2005年10月28日、初代DEEPフェザー級王者決定トーナメント1回戦となる「DEEP 21 IMPACT」でファビオ・メロに判定勝ち。続く12月2日、「DEEP 22 IMPACT」の準決勝でマイク・トーマス・ブラウンと対戦し、アンクルホールドにより勝利。同日の決勝ではパンクラスフェザー級のエース前田吉朗にアンクルホールドで勝利し、初代DEEPフェザー級王者となった。

2006年8月4日、「DEEP 25 IMPACT」の第6試合日本対ブラジル2対2対抗戦(68kg契約)でブラジリアン柔術世界王者・フレジソン・パイシャオンと5分3Rで対戦。後半追い上げた今成だが、判定0-2で敗れる。10月10日には自身の持つDEEPフェザー級王座を懸けてGRABAKA山崎剛とのタイトルマッチを行う。両者とも一歩も退かない激しいグラウンドの攻防の末、3R終盤に下になった今成が山崎の顔面に蹴りをヒットさせ、そのままKO勝利を収め、初防衛に成功した。

2006年10月17日にブラジリアン柔術黒帯マルコス・アントニオ・バルボーザよりバルボーザジャパンにて授与された。

2007年2月10日、イギリスで行われた「Cage Rage 20」のCage Rage世界フェザー級王者決定戦(5分3R)で、英国フェザー級王者ロビー・オリヴィエを1R0分27秒腕ひしぎ十字固めによる一本勝ちで下し、初代Cage Rage世界フェザー級王者となった。

2007年6月17日、DEEPが主催するプログラップリング大会「DEEP X」に出場。ブルーノ・フラザトと対戦し、判定負けを喫した。

2007年8月5日、DEEP 31 IMPACTでキム・ジョンマンと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。10月9日のDEEP 32 IMPACTでは、阿部裕幸をアンクルホールドで破る。

2008年3月8日、Cage Rage 25でジーン・シウバと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。世界フェザー級王座の初防衛に成功した。

2008年5月19日、DEEP 35 IMPACTのDEEPフェザー級タイトルマッチで三島☆ド根性ノ助と対戦し、0-2の判定負けにより王座から陥落した。

2008年8月17日、DEEP 37 IMPACTで新設されたバンタム級王座を賭けて梅村寛と対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。初代バンタム級王者となった。

2009年3月8日、DREAM.7のフェザー級グランプリ1回戦で山本篤と対戦し、判定勝ちを収めた。5月26日、DREAM.9の2回戦でビビアーノ・フェルナンデスに判定負けを喫した。

2009年8月23日、DEEP 43 IMPACTのDEEPバンタム級王座防衛戦で堀友彦と対戦し、5-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

2009年12月19日、DEEP初のケージ大会となったDEEP CAGE IMPACT 2009ジャスティン・"ザ・ショッカー"・クルーズと対戦し、オモプラッタフェイスロックの複合技で一本勝ちを収めた[2]

2010年8月27日、DEEP 49 IMPACTのDEEPバンタム級タイトルマッチで宮下トモヤと対戦し、5-0の判定勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した[3]

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACTでDJ.taikiと対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[4]

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで中村"アイアン"浩士とバンタム級契約のノンタイトルマッチで対戦し、肩固めを2度極めかけられるなどして0-3の判定負けを喫した[5]

人物・エピソード[編集]

  • 所英男からは「グラウンドでの顔面攻撃を禁止しているZSTルールでこの階級なら世界最強」と言われた。
  • 格闘技界の中でも異彩を放つキャラクターを持つ。自身のブログでは、読者からの様々な質問に、簡単ながらも一つ一つ答えていた。
  • 過去に数度、伸ばした髭を金色に染め、試合に臨んだことがある[6]
  • やる気のある人には団体の垣根を越えて自分の技術を伝授する。須藤元気など多くの著名選手に足関節技の指導をしている。
  • 足関節を極めるコツを他人に尋ねられると思案に暮れた挙句、「グイッと捻る」「頑張れば極まる」等、曖昧な回答に終始することが多い。
  • ひょうきんな性格で、しばしば取材写真において、手で卑猥なマークを作った状態で写っている[7]。また、勝利者賞トロフィーを股間に当てる、全裸の上からチャンピオンベルトを巻くなどといった卑猥なこともしている[8]
  • DVD「足関十段 今成正和」内のインタビューにおいて、足関節技が得意である理由を「パスガードができなかったから」と述べている。
  • 既婚者であり、子供もいる。先に入籍は済ませていたが、2009年11月8日に結婚披露宴を行った[9][10][11]
  • 総合格闘家長谷川秀彦と同居していた時期がある。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
40 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
27 1 17 9 0 1 0
12 2 0 9 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
伊藤健一 5分2R終了 判定3-0 DEEP 61 IMPACT 2013年2月16日
大石真丈 1R 1:01 アンクルロック DEEP 59 IMPACT 2012年8月18日
× レアンドロ・イッサ 5分3R終了 判定0-3 ONE FC 4 2012年6月23日
ケビン・ベリンゴン 1R 1:18 ヒールホールド ONE FC 3 2012年3月31日
× アントニオ・バヌエロス 5分2R終了 判定1-2 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【バンタム級世界トーナメント 準決勝】
2011年12月31日
エイブル・カラム 3R 0:46 腕ひしぎ十字固め DREAM.17
【バンタム級世界トーナメント 1回戦】
2011年9月24日
× 所英男 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP FINAL 〜2011バンタム級日本トーナメント決勝戦〜
【バンタム級日本トーナメント 決勝戦】
2011年7月16日
大沢ケンジ 2R 0:58 ヒールホールド DREAM JAPAN GP 2011バンタム級日本トーナメント
【バンタム級日本トーナメント 準決勝】
2011年5月29日
藤原敬典 5分2R終了 判定3-0 DREAM JAPAN GP 2011バンタム級日本トーナメント
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
× 中村"アイアン"浩士 5分3R終了 判定0-3 DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
DJ.taiki 5分3R終了 判定2-0 DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
宮下トモヤ 5分3R終了 判定5-0 DEEP 49 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2010年8月27日
寺田功 3R 0:27 腕ひしぎ十字固め DEEP 47 IMPACT 2010年4月17日
ジャスティン・"ザ・ショッカー"・クルーズ 1R 2:39 フェイスロック DEEP CAGE IMPACT 2009 第1部 2009年12月19日
堀友彦 5分3R終了 判定5-0 DEEP 43 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2009年8月23日
× ビビアーノ・フェルナンデス 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【フェザー級グランプリ 2回戦】
2009年5月26日
山本篤 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年3月8日
梅村寛 1R 0:29 ヒールホールド DEEP 37 IMPACT
【DEEP初代バンタム級王者決定戦】
2008年8月17日
× 三島☆ド根性ノ助 5分3R終了 判定0-2 DEEP 35 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2008年5月19日
ジーン・シウバ 1R 2:30 ヒールホールド Cage Rage 25: Bring It On!
【Cage Rage世界フェザー級タイトルマッチ】
2008年3月8日
阿部裕幸 3R 4:32 アンクルホールド DEEP 32 IMPACT 2007年10月9日
キム・ジョンマン 1R 3:28 腕ひしぎ十字固め DEEP 31 IMPACT 2007年8月5日
ロビー・オリヴィエ 1R 0:27 腕ひしぎ十字固め Cage Rage 20: Born 2 Fight
【Cage Rage世界フェザー級王者決定戦】
2007年2月10日
山崎剛 3R 1:49 KO(顔面の蹴り上げ) DEEP 26 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2006年10月10日
× フレジソン・パイシャオン 5分3R終了 判定0-2 DEEP 25 IMPACT 2006年8月4日
前田吉朗 3R 1:31 アンクルホールド DEEP 22 IMPACT
【フェザー級初代王者決定トーナメント 決勝】
2005年12月2日
マイク・トーマス・ブラウン 2R 3:38 アンクルホールド DEEP 22 IMPACT
【フェザー級初代王者決定トーナメント 準決勝】
2005年12月2日
ファビオ・メロ 5分3R終了 判定3-0 DEEP 21 IMPACT
【フェザー級初代王者決定トーナメント 1回戦】
2005年10月28日
× ヨアキム・ハンセン 1R 2:34 KO(左膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
前田吉朗 5分3R終了 判定1-0 DEEP 18th IMPACT 2005年2月12日
レナート・タバレス 2R 2:36 ヒールホールド DEEP 17th IMPACT 2004年12月18日
× ルイス・ブスカペ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
× マーカス・アウレリオ 5分2R終了 判定1-2 ZST GP 決勝大会
【2回戦】
2004年1月11日
ジョルジ・グージェウ 1R 0:32 ヒールホールド ZST GP 開幕戦
【1回戦】
2003年11月23日
× 三島☆ド根性ノ助 2R 2:58 TKO(マウントパンチ) DEEP 11th IMPACT in OSAKA 2003年7月13日
ダニー・バッテン 1R 0:43 腕ひしぎ十字固め THE BATTLE FIELD ZST 3 2003年6月1日
エリカス・ペトライティス 5分2R終了 判定3-0 THE BATTLE FIELD ZST 2 2003年3月9日
大場裕司 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年9月29日
岩間徳三郎 1R 3:24 ヒールホールド プレミアムチャレンジ 2002年5月6日
× 崔領二 1R 1:29 両者リングアウト(両者失格) 第1回タイタンファイト
【1回戦】
2000年9月29日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ブルーノ・フラザト 3R(4分/4分/2分)終了 ポイント0-10 DEEP X 2007年6月17日
ジェフ・グローバー 5分2R終了 判定0-0 DEEP 23 IMPACT 2006年2月5日
三上恭史 1R 0:21 アンクルホールド CLUB DEEP 長南祭り 2004年10月3日
× 若林次郎 2R終了 判定1-2 ZST GT-F
【1回戦】
2004年3月7日
西野聡 1R 2:38 腕ひしぎ十字固め Club Contenders 2002 2002年8月24日
所英男 5分2R終了 判定40-38 The CONTENDERS 7 NEXT 2002年7月7日
× 門脇英基 5分2R終了 判定38-40 The CONTENDERS X-RAGE vol.2 2002年3月10日
× バレット・ヨシダ 3:43 レフェリーストップ(チョークスリーパー) キングダム・エルガイツ "The Road to bankrupt or yoyogi 第10戦 〜ターニングポイント〜" 2001年11月21日

獲得タイトル[編集]

  • アマチュア
    • 第6回全日本コンバットレスリング選手権 69kg級 準優勝
    • 第7回全日本コンバットレスリング選手権 76kg級 準優勝
  • プロ

DVD[編集]

  • 今成正和 足関十段(クエスト、2006年5月20日)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
なし
初代DEEPフェザー級王者

2005年12月2日 - 2008年5月19日

次王者
三島☆ド根性ノ助
前王者
なし
初代Cage Rage世界フェザー級王者

2007年2月10日 - 現在

次王者
N/A
前王者
なし
初代DEEPバンタム級王者

2008年8月17日 - 2011年6月24日

次王者
大塚隆史