DREAM.17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DREAM.17
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEG
リアルエンターテインメント
開催年月日 2011年9月24日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全11試合
放送局 スカイパーフェクTV!
イベント時系列
DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦- DREAM.17 元気ですか!! 大晦日!! 2011

FIGHT FOR JAPAN DREAM.17(ファイト・フォー・ジャパン・ドリーム・セブンティーン)は、日本総合格闘技イベント「DREAM」の大会の一つ。2011年9月24日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではDREAMバンタム級世界トーナメントが開催された。日本トーナメントで優勝した所英男、準優勝の今成正和、第3位の大沢ケンジが出場内定していたが、大沢が負傷のため欠場し、代替出場で大塚隆史の出場が発表された。

ワンマッチではライト級王者の青木真也桜庭和志が出場した。本大会から川尻達也がフェザー級に転向した。

修斗世界ウェルター級(-70kg)王者ヴィラミー・シケリム、元WEC世界ライト級王者ロブ・マックロー、元戦極ライト級王者北岡悟、キャリア9戦全勝のヤン・カブラル、9戦無敗のユサップ・サーデュラエフがDREAMデビュー。

ルール変更[編集]

本大会よりワンマッチは5分3ラウンド制、タイトルマッチは5分5ラウンド制に変更された[1]

試合結果[編集]

第1試合 無差別級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 ミノワマン vs. モンゴルの旗 バル・ハーン ×
1R 4:39 袈裟固め
第2試合 バンタム級世界トーナメント 1回戦 5分3R
ブラジルの旗 ホドルフォ・マルケス・ディニス vs. ロシアの旗 ユサップ・サーデュラエフ ×
3R終了 判定3-0
※ディニスがトーナメント準決勝進出。
第3試合 バンタム級世界トーナメント 1回戦 5分3R
日本の旗 今成正和 vs. アメリカ合衆国の旗 エイブル・カラム ×
3R 0:46 腕ひしぎ十字固め
※今成がトーナメント準決勝進出。
第4試合 バンタム級世界トーナメント 1回戦 5分3R
ブラジルの旗 ビビアーノ・フェルナンデス vs. 日本の旗 大塚隆史 ×
1R 0:41 TKO(レフェリーストップ:チョークスリーパー
※フェルナンデスがトーナメント準決勝進出。
第5試合 バンタム級世界トーナメント 1回戦 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アントニオ・バヌエロス vs. 日本の旗 所英男 ×
3R終了 判定2-1
※バヌエロスがトーナメント準決勝進出。
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェラルド・ハリス vs. 日本の旗 中村和裕 ×
3R終了 判定2-1
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 北岡悟 vs. ブラジルの旗 ヴィラミー・シケリム ×
3R終了 判定2-1
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ヤン・カブラル vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
2R 2:42 肩固め
第9試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 リオン武 vs. 日本の旗 宇野薫 ×
1R 4:18 KO(右ハイキック)
第10試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 川尻達也 vs. ノルウェーの旗 ヨアキム・ハンセン ×
3R 2:30 肩固め
第11試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 青木真也 vs. アメリカ合衆国の旗 ロブ・マックロー ×
1R 4:57 裸絞め

バンタム級世界トーナメント トーナメント表[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
       
 日本の旗 所英男  
 アメリカ合衆国の旗 アントニオ・バヌエロス 3R判定  
 

アメリカ合衆国の旗 アントニオ・バヌエロス

2R判定
   日本の旗 今成正和    
 日本の旗 今成正和 3R一本
 アメリカ合衆国の旗 エイブル・カラム    
 アメリカ合衆国の旗 アントニオ・バヌエロス  
   ブラジルの旗 ビビアーノ・フェルナンデス 1RTKO
 日本の旗 大塚隆史  
 ブラジルの旗 ビビアーノ・フェルナンデス 1R一本  
 ブラジルの旗 ビビアーノ・フェルナンデス 2R判定
   ブラジルの旗 ホドルフォ・マルケス・ディニス    
 ロシアの旗 ユサップ・サーデュラエフ  
 ブラジルの旗 ホドルフォ・マルケス・ディニス 3R判定  

脚注[編集]

外部リンク[編集]