藤原敬典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 敬典
基本情報
本名 藤原 敬典
通称 剛腕牛若丸
ZSTの剛腕
戦う造形家
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-09-17) 1982年9月17日(36歳)
出身地 埼玉県深谷市
所属 秋本道場Jungle Junction/チームZST
→スピニングガレージ
身長 168cm
体重 60kg
階級 バンタム級
バックボーン キックボクシング
テーマ曲 Jesus Walks(Kanye West
テンプレートを表示

藤原 敬典(ふじわら けいすけ、1982年9月17日 - )は、日本男性総合格闘家キックボクサー埼玉県深谷市出身。スピニングガレージ/チームZST所属。元ZSTバンタム級王者。

打撃中心のファイトスタイルながら、日本人離れした筋骨隆々の身体を生かして、パワフルな打撃、フロントチョークアームロック三角絞め等、極めの強さも兼ね備えたハードパンチャー。「ZSTの剛腕」、「戦う造形家」などの異名を持つ。

来歴[編集]

美術学校在学中にOGUNI GYMに入門し、キックボクシングのプロライセンスを取得した。

2004年、秋本道場Jungle Junctionに移籍。

2006年11月23日、ZSTに初参戦(GT-Fルール)。

2007年2月4日、総合格闘技デビューとなったZST SWAT! 09で牧野仁史と対戦し、時間切れドロー。

2007年8月26日、ZST SWAT! 13で清水俊裕と対戦し、三角絞めで一本勝ち。

2007年11月23日、ZST.15で二之宮徳昭と対戦し、フロントチョークで一本勝ち。

2008年2月24日、ZST.16でシーザージムの植松辰弥とSB-Xルール(シュートボクシングルールに準ずるが、判定決着なし[1])で対戦し、ドクターストップによるTKO勝ち[2]

2008年5月18日、ZST.17で大桑宏彰とSB-Xルールで対戦し、時間切れドロー。6月28日、SHOOT BOXING ヤングシーザー杯2008で大桑と再戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年9月12日、シュートボクシング興行で島田洸也と対戦し、0-3の判定負け。シュートボクシング4戦目で初黒星となった。

2008年11月23日、ZST.18で清水俊一と対戦し、KO勝ち。

2009年5月24日、ZST.20の初代ZSTバンタム級(-60kg)王者決定戦で裕希斗と対戦し、スタンドパンチ連打でTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年9月21日、ZST.21のメインイベントで稲津航と対戦し、時間切れドローとなった[3]

2009年10月25日、DREAM初参戦となったDREAM.12宮下トモヤと対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2010年2月20日、ZST.23のZSTバンタム級タイトルマッチで清水俊一と再戦し、判定勝ちで初防衛に成功した[5]

2010年4月18日、ZST.24で杉田一朗と対戦し、2R KO勝ち。

2010年7月3日、ZST BATTLE HAZARD 04で和田竜光と対戦し、ドロー。

2010年9月26日、ZST.25で長谷川直弘と対戦し、2R三角絞めで一本勝ち。

2010年11月25日、ポーランドで開催されたK-1 WORLD GP 2010 IN WARSAWでK-1初参戦。地元選手でありタイトル保持者のマリウス・シェスリンスキと対戦し、判定負けを喫した。

2011年2月6日、ZST.27のZSTバンタム級タイトルマッチで清水俊裕と再戦し、5R三角絞めで一本勝ち。2度目の王座防衛に成功した[6]

2011年5月29日、DREAM JAPAN GPのバンタム級日本トーナメント1回戦で今成正和と対戦し、判定負けを喫した。

2011年7月16日、目を負傷した山本篤に代わりDREAM JAPAN GP FINALのバンタム級日本トーナメント3位決定戦に出場。大沢ケンジと対戦し、判定負けを喫した。

2011年11月23日、ZST.30でメルヴィン・ブルーマーと対戦し、判定負けを喫した。

2012年3月17日、ZST.31のバンタム級タイトルマッチで房野哲也と対戦し、判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

2012年7月7日、所属をスピニングガレージに変更したが、中身は特に変わらないと本人がブログにて報告。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 5 4 3 0 4 0
5 1 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
房野哲也 5分5R終了 判定3-0 ZST.31
【ZSTバンタム級タイトルマッチ】
2012年3月17日
× メルヴィン・ブルーマー 5分2R終了 判定0-3 ZST.30 〜旗揚げ9周年大会〜 2011年11月23日
× 大沢ケンジ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【バンタム級日本トーナメント 3位決定戦】
2011年7月16日
× 今成正和 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
清水俊裕 5R 3:46 三角絞め ZST.27
【ZSTバンタム級タイトルマッチ】
2011年2月6日
長谷川直弘 2R 2:06 三角絞め ZST.25 〜小谷直之デビュー10周年記念大会〜 2010年9月26日
和田竜光 5分2R終了 時間切れ ZST BATTLE HAZARD 04 2010年7月3日
杉田一朗 2R 1:20 KO(左フック) ZST.24 2010年4月18日
清水俊一 5分5R終了 判定 ZST.23
【ZSTバンタム級タイトルマッチ】
2010年2月20日
× 宮下トモヤ 5分3R終了 判定0-3 DREAM.12 2009年10月25日
稲津航 5分2R終了 時間切れ ZST.21 2009年9月21日
裕希斗 2R 4:37 TKO(スタンドパンチ連打) ZST.20
【ZSTバンタム級王者決定戦】
2009年5月24日
田沼良介 2R 2:33 KO(右フック) ZST.19 2009年1月25日
清水俊一 2R 0:56 KO(左フック) ZST.18 〜旗揚げ6周年記念大会〜 2008年11月23日
二之宮徳昭 1R 1:04 変形フロントチョーク ZST.15 〜旗揚げ5周年記念大会〜 2007年11月23日
× 川名蘭輝 1R 2:59 TKO(ドクターストップ:鼻負傷) ZST.14
【VTルール】
2007年10月7日
清水俊裕 2R 1:22 三角絞め ZST SWAT! 13 2007年8月26日
川名蘭輝 5分2R終了 時間切れ ZST.13 2007年6月10日
杉田一朗 1R 0:29 KO(パンチ&キック) ZST SWAT! 11
【ジェネシスバンタム級トーナメント2007 決勝】
2007年5月20日
新堀総司 5分2R終了 判定 ZST SWAT! 10
【ジェネシスバンタム級トーナメント2007 1回戦】
2007年4月1日
牧野仁史 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 09 2007年2月4日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
5 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 1 0 1 0
2 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マリウス・シェスリンスキ 3分3R終了 判定 K-1 WORLD GP 2010 IN WARSAW 2010年11月25日
× 島田洸也 3分3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2008 火魂(たまし)〜Road to S-cup〜 其の伍 2008年9月12日
大桑宏彰 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING ヤングシーザー杯2008 2008年6月28日
大桑宏彰 3分2R終了 時間切れ ZST.17
【SB-Xルール】
2008年5月18日
植松辰弥 1R 1:58 TKO(ドクターストップ:右目負傷) ZST.16
【SB-Xルール】
2008年2月24日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
荒井真人 5分1R終了 時間切れ ZST.11
【GT-Fルール】
2006年11月23日

獲得タイトル[編集]

  • ジェネシスバンタム級トーナメント2007 優勝(2007年)
  • 初代ZSTバンタム級王座(2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代ZSTバンタム級王者

2009年5月24日 - 2015年5月24日

次王者
柏崎剛