阿部裕幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 裕幸
基本情報
本名 阿部 裕幸
通称 兄ィ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-02-09) 1970年2月9日(50歳)
出身地 愛知県一宮市
所属 和術慧舟會 RJW CENTRAL
AACC
身長 168cm
体重 65cm
階級 フェザー級ライト級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示
ファイル:阿部裕幸(トレーナー:浜崎朱加とスパーリング).jpg
阿部裕幸(トレーナー:浜崎朱加とスパーリング)
ファイル:阿部裕幸(現役時代:2005年撮影).jpg
阿部裕幸(現役時代:2005年撮影)

阿部 裕幸(あべ ひろゆき、1970年2月9日 - )は、日本男性総合格闘家修斗DEEPPRIDEのほか打撃格闘技のK-1に出場した経験もあり【阿部兄】の愛称として有名[1]。現在、総合格闘技クラブ「AACC」主宰、兼 トレーナー7人(9つ)の世界チャンピオン、国内チャンピオンを輩出。愛知県一宮市出身。拓殖大学レスリング部出身。二児の父、妻はインフィニティリーグ2019王者の総合格闘家の杉本恵[2]。総合格闘家の阿部マサトシは実弟[3]

概要[編集]

1970年2月9日、愛知県一宮市出身。名古屋工業高校レスリングを始め、拓殖大学に進学。

その後、総合格闘技ジムの和術慧舟會に入門。1999年5月29日、プロフェッショナル修斗の高山義幸戦でプロデビュー。レスリングテクニックを生かした組み技の強さとシャープな打撃で頭角を顕し、瞬く間にランキング入りを果たす。

2002年7月には、圧倒的な強さを誇っていた修斗ライト級王者アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラと対戦し、左フック一閃による劇的KO勝利を上げた。

その後、和術慧舟會 RJW CENTRALを経て独立。オクタゴンケージのある常設施設で自身のジムAACCを設立して、選手と指導者の両面で活躍。K-1シュートボクシングPRIDEなど様々な大会への出場を続けながら、多数の有力選手を育て、現役引退後はキッズジュニアの指導にも力を入れ、日本レスリング界屈指の強豪チームとして活躍を続けている。

現在は、大森原宿東中野行徳ゴールドジム内などでクラスを開設している[4]。一般会員向けに総合格闘技キックボクシングブラジリアン柔術を指導する一方で、プロ選手プロモーション育成も行っている。キッズではオリンピックレスリングで多数の全国王者を輩出。また多数のプロ格闘家の指導を行い、チャンピオンを多数輩出、指導者として多くの格闘家に影響をもたらしている。2020年8月現在、7人(9つ)の世界チャンピオン、国内チャンピオンを輩出。内訳は#主なトレーナー実績にて。女子選手の育成では日本随一の指導力を持つと呼ばれている[5] [6] [1][7]

RIZINで活躍中の浜崎朱加[8]RENA[9][10]など現役チャンピオンのコーチを務める[11]。また英語が堪能のためフランク・シャムロックのセコンドや、ジェシカ・アンドラージ元UFCヘビー級王者ジョシュ・バーネットら、多くの外国人選手が阿部ジムに練習へ訪れる[12]。 

来歴[編集]

選手時代[編集]

1999年
  • 5月29日、プロ修斗デビュー戦で高山義幸に判定勝ち。
  • 9月5日、修斗で大石真丈と判定引き分け。
2000年
2001年
2002年
2003年
  • 2月11日、プロ柔術Gi-02・第2回プロフェッショナル柔術リーグ1回戦で梅村寛にポイント(6-2)勝ち。2回戦でアギナルド・タバ(INFIGHT)にポイント(2-8)負け。
  • 3月1日、K-1 WORLD MAX 2003 日本代表決定トーナメントで村浜武洋に2RKO負け。
  • 11月1日、プロ柔術DESAFIOで小野瀬龍也にポイント(0-2)負け。
2004年
2005年
2006年
2007年
2009年
  • 11月28日、ロシアで開催されたBushido FCのライト級ワンデイトーナメントに出場し、1回戦でアルチョム・ダムコフスキーに判定負けを喫した。
2011年
  • 7月10日、Zepp Nagoyaで開催されたDEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya公武堂ファイトで坪井淳浩の引退試合に出場、判定勝利した[15]
2012年
  • 9月30日、後楽園ホール開催のプロフェッショナル修斗公式戦で大澤茂樹に1RKO負け[16]

引退後~指導者[編集]

2014年
  • 全日本学生選手権2年連続準優勝のエリートレスリング選手・杉本恵と結婚。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 2 3 3 0 3 1
15 7 5 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 大澤茂樹 1R 4:12 KO(左ストレート→パウンド) 修斗 2012年9月30日
坪井淳浩 5分2R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2011 in Nagoya 2011年7月10日
× アルチョム・ダムコフスキー 5分2R終了 判定0-3 Bushido FC: Legends
【ライト級トーナメント 1回戦】
2009年11月28日
× 今成正和 3R 4:32 アンクルホールド DEEP 32 IMPACT 2007年10月9日
× サミ・アジズ 1R 2:31 TKO(パウンド) BodogFight: Vancouver 2007年8月25日
× リオン武 1R 4:05 TKO(右ストレート) 修斗 BACK TO OUR ROOTS 1 2007年2月17日
松下直揮 5分2R終了 時間切れ PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
× ファブリシオ・"ピットブル"・モンテイロ 2R 1:52 アンクルホールド club DEEP 東京 2006年7月8日
ディビッド・パディーリャ 1R 3:15 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO The DEVILOCK 2006年5月12日
× ブラッド・ピケット 5分3R終了 判定0-3 Cage Rage 16: Critical Condition 2006年4月22日
× 不死身夜天慶 5分3R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO The victory of The truth 2006年2月17日
ジョーイ・"ノックダウン"・ブラウン 1R 1:40 ヒールホールド Euphoria: USA vs. Japan 2005年11月5日
× ユライア・フェイバー 3R 2:37 TKO(カット) KOTC: Mortal Sins
【KOTC世界バンタム級タイトルマッチ】
2005年5月7日
× ライアン・シュルツ 2R 0:42 TKO(右ハイキック→パウンド) Euphoria: USA vs. World 2005年2月26日
× 石川真 3R 0:40 TKO(カット) 修斗 2004年12月14日
ルス・ミウラ 1R 2:29 ノーコンテスト KOTC 44: Revenge 2004年11月14日
× ルイス・ブスカペ 1R 2:52 肩固め PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
× ジョン・ホーキ 2R 4:59 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.4 2003年9月21日
× アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 1R 3:53 スリーパーホールド 修斗
【修斗ライト級チャンピオンシップ】
2002年12月14日
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 1R 4:37 KO(左フック) 修斗 TREASURE HUNT 06 2002年7月19日
バレット・ヨシダ 5分3R終了 判定1-1 修斗 TREASURE HUNT 05 2002年3月15日
井上和浩 1R 4:00 TKO(ドクターストップ) 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年11月25日
× ステファン・パーリング 2R 2:23 TKO(右フック) 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年9月15日
野中公人 5分2R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年5月22日
大石真丈 5分2R終了 判定1-0 IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
高山義幸 5分2R終了 判定3-0 修斗 the Renaxis 1999 "10 Years Anniversary" 1999年5月29日
アンドリュー・ケアー 2R 2:22 腕ひしぎ十字固め THE GCM 出島バーリトゥード 1998年8月29日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 及川知浩 3R 1:06 TKO(右ローキック) SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT
GROUND ZERO TOKYO 2007
2007年10月28日
× 山本優弥 2R 2:16 KO(膝蹴り) 全日本キックボクシング連盟「STACK OF ARMS」 2005年9月16日
× DAVID 3分3R終了 判定0-3 FUTURE FIGHTER IKUSA 5 〜乱〜 MONKEYMAGIC
【シュートボクシングルール】
2004年1月24日
× 村浜武洋 2R 2:48 KO(左膝蹴り) K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント〜 2003年3月1日
ダニー・バッテン 3分5R終了 判定3-0 シュートボクシング「The age of "S" vol.1」 2002年2月1日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マウリシオ・ソウザ 1R 3:54 腕ひしぎ三角固め DEEP X 2007年6月18日
× ホブソン・モウラ 延長戦 チョークスリーパー ADCC 2001
【66kg未満級 1回戦】
2001年4月
× アンソニー・ハムレット 判定 ADCC 2000
【66kg未満級 1回戦】
2000年3月
勝田哲夫 8:41 チョークスリーパー ADCC 2000日本予選
【65kg未満級 決勝戦】
2000年1月23日
梅村寛 ポイント4-0 ADCC 2000日本予選
【65kg未満級 準決勝】
2000年1月23日
中塚靖人 ポイント4-0 ADCC 2000日本予選
【65kg未満級 準々決勝】
2000年1月23日
正田昭治 チョークスリーパー ADCC 2000日本予選
【65kg未満級 2回戦】
2000年1月23日
小塚誠司 ポイント4-0 ADCC 2000日本予選
【65kg未満級 1回戦】
2000年1月23日
× ジョン・ホーキ アドバンテージ ADCC 1999
【66kg未満級 1回戦】
1999年2月

獲得タイトル[編集]

  • ADCC 2000日本予選 65kg未満級 優勝(2000年)

主なトレーナー実績[編集]

50音順

ニュース掲載(トレーナーとして)[編集]

著書・DVD[編集]

著書
  • 総合格闘技「技」の読本!―関節技、絞め技、組み技、投げ技、打撃…37の技を連続写真で解明! (MCプレス) ISBN 978-4901972420
  • 総合格闘技 関節技・絞め技を極めるテクニック(MCプレス) ISBN 978-4862950017
DVD
  • 阿部裕幸 勝つためのレスリング(クエスト) EAN 4941125639088

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本レスリング協会「質・量とも全国一へ! 総合格闘家・阿部裕幸代表率いるAACC」
  2. ^ 修斗 1.27 後楽園ホール:杉本恵、6年ぶり復帰。トライアウトルールで木越めぐみと対戦
  3. ^ 【Shooto 30th Anniv.】韓国期待のキ・ウォンビンが再来日、阿部弟復帰戦で中川マイケルと
  4. ^ 【ゴールドジム】5・19所英男ら有名格闘家がチャリティイベント
  5. ^ 「ちびっ子レスリングの全国王者を多数輩出するAACCに潜入 阿部裕幸代表に聞く、強さの秘密~前編」
  6. ^ 「ちびっ子レスリングの全国王者を多数輩出するAACCに潜入 阿部裕幸代表に聞く、強さの秘密~後編」
  7. ^ 日本レスリング協会「東京ACCC特集・今は我慢の時期、楽しいと思える遊びを増やしている」
  8. ^ 【RIZIN】女子部門に新風を吹き込む最強女王・浜崎朱加「全ての試合で一本を狙う」
  9. ^ 【RIZIN】KOリベンジのRENA「1Rやられてからスイッチが入った」
  10. ^ 【東京スポーツ】「RIZIN」で総合デビューのRENAがスタンドKO宣言
  11. ^ 【ベラトール】RENAが決戦前に浜崎朱加らとニューヨークで練習「かなり調子良き
  12. ^ 【コラム】桜庭和志vsフランク・シャムロック裏話
  13. ^ 【YAHOO!ニュース】新格闘技サムライルールでキックボクシング王者と修斗ランカーが対戦
  14. ^ 【シュートボクシング】10・28三戦立ちは出るのか? 阿部裕幸が及川知浩と対戦
  15. ^ 【DEEP】7・10坪井淳浩がケージで引退試合、最後の相手は阿部裕幸に決定
  16. ^ 【修斗】9・30阿部裕幸が5年7カ月ぶりに参戦、大澤茂樹とレスラー対決

外部リンク[編集]