鈴木千裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木千裕
基本情報
階級 フライ級
身長 173
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1999-05-14) 1999年5月14日(21歳)
出身地 東京都三鷹市
テンプレートを表示

鈴木 千裕(すずき ちひろ、1999年5月14日 - )は、日本キックボクサー総合格闘家東京都三鷹市出身。クロスポイント吉祥寺所属。パンクラス・ネオブラッド・トーナメント2018 フライ級優勝。

キックボクサー鈴木宙樹は実兄。ペルー人の父親を持つハーフ。キャッチフレーズは『クレイジー・ダイヤモンド』。

来歴[編集]

2017年2月5日、PANCRASE284で廣中克至と対戦し、1R 0:30 パウンドでTKO勝利。

2018年3月11日、PANCRASE294の第24回ネオブラッド・トーナメント1回戦で水谷健人と対戦し、1R 3:00 グラウンドの肘打でTKO勝利。7月1日、PANCRASE297の準決勝戦で猿飛流と対戦し、3-0の判定勝ち。9月9日、PANCRASE299の決勝戦で杉山廣平と対戦し、3-0の判定勝ち。トーナメント優勝を果たした。

2019年5月26日、SHOOTBOXING 2019 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #25で、SB日本スーパーライト級7位のイモト.ボルケーノ対戦し、3-0の判定勝ち[1]

2019年10月4日、KNOCK OUT × REBELSで、MuayThaiOpenスーパーライト級王座とINNOVATIONライト級王座の二冠を持つ橋本悟と対戦し、1Rわずか45秒でKO勝利[2]

2020年2月11日、KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1の無法島GP 64kg級トーナメントに出場。一回戦で与座優貴に勝利するも、準決勝で西岡蓮太に敗れた[3]

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
6 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
5 3 2 0 0 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 西岡蓮太 3R終了 判定0-3 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1
【無法島GP 64kgトーナメント準決勝】
2020年2月11日
与座優貴 3R終了 判定2-0 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1
【無法島GP 64kg級トーナメント1回戦】
2020年2月11日
耀織 2R 1分39秒 KO(右ストレート) KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 2019年11月1日
橋本 悟 1R 45秒 TKO KNOCK OUT × REBELS 2019年10月4日
洋介 1R 1分18秒 TKO REBELS.62 2019年8月10日
イモト.ボルケーノ 3分3R終了 判定3-0 SHOOTBOXING 2019 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #25 2019年5月26日

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 3 0 2 0 0 0
2 0 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
杉山廣平 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE299
【第24回ネオブラッド・トーナメント決勝戦】
2018年9月9日
猿飛流 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE297
【第24回ネオブラッド・トーナメント準決勝戦】
2018年7月1日
水谷健人 1R 3:00 TKO (レフェリーストップ、グラウンドの肘打) PANCRASE294
【第24回ネオブラッド・トーナメント1回戦】
2018年3月11日
× 鮎田直人 3分3R終了 判定0-3 PANCRASE290 2017年10月8日
× 川端康太 3分3R終了 判定0-3 PANCRASE287 2017年5月28日
杉山廣平 1R 0:08 TKO (レフェリーストップ、パウンド) PANCRASE285 2017年3月12日
廣中克至 1R 0:30 TKO (レフェリーストップ、パウンド) PANCRASE284 2017年2月5日

獲得タイトル[編集]

  • パンクラス・ネオブラッド・トーナメント2018 フライ級優勝
  • RIZIN FF アマチュアMMA 2016 フライ級優勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]