鈴木千裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 千裕
基本情報
本名 鈴木 アンヘレス 千裕[要出典]
通称 クレイジー・ダイヤモンド
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-05-14) 1999年5月14日(23歳)
出身地 東京都の旗東京都三鷹市
所属 クロスポイント吉祥寺
身長 173cm
体重 66.0kg
リーチ 177cm
階級 フライ級
フェザー級
バックボーン 伝統派空手
キックボクシング
ブラジリアン柔術 (紫帯)
家族 鈴木宙樹(兄)
テーマ曲 Stronger feat. Voice Magician
(Monster Rion)
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年1月1日 -
ジャンル ブログ
登録者数 11,000人
総再生回数 1,045,033回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年10月24日時点。
テンプレートを表示

鈴木 千裕(すずき ちひろ、1999年5月14日 - )は、日本男性総合格闘家キックボクサー東京都三鷹市出身。クロスポイント吉祥寺所属。現KNOCK OUT-BLACK スーパーライト級王者。

兄はプロボクサーの鈴木宙樹[1]

来歴[編集]

アマチュアRIZIN[編集]

2016年12月30日、RIZINが開催した、RIZIN FF アマチュアMMA 2016 カンカCUPのフライ級部門で優勝。総合格闘技プロデビューが決定した。

総合格闘技[編集]

2017年2月5日、PANCRASE 284でプロデビュー、廣中克至と対戦し、パウンドでTKO勝利。

2018年3月11日、PANCRASE 294のフライ級ネオブラッド・トーナメントの1回戦で水谷健人と対戦し、グラウンドの肘打ちでTKO勝利。

2018年7月1日、PANCRASE 297のトーナメント準決勝で猿飛流と対戦し、3-0の判定勝ち。

2018年9月9日、PANCRASE 299のトーナメント決勝戦で杉山廣平と対戦し、3-0の判定勝ち。ネオブラッドトーナメント優勝を果たした。

2018年12月9日、PANCRASE 302で中村龍之と対戦する予定だったが、計量オーバーにより試合中止[2]。体が成長する中で過度の減量を繰り返したことで過食症のような症状になっており、階級変更と共に総合格闘技のキャリアを一時的に中断した[3]

キックボクシング[編集]

2019年5月26日、キックボクシングデビュー戦となったSHOOT BOXING 2019 YOUNG CEASAR CUP CENTRAL #25で、SB日本スーパーライト級7位のイモト.ボルケーノ対戦し、3-0の判定勝ち[4]

2019年10月4日、KNOCK OUT × REBELSで、MuayThaiOpenスーパーライト級王座とINNOVATIONライト級王座の二冠を持つ橋本悟と対戦し、1Rわずか45秒でKO勝利[5]

2020年2月11日、KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1で開催された無法島GP 64kg級トーナメントに出場。1回戦で与座優貴英語版に勝利するも、同日の準決勝で西岡蓮太に判定で敗れた[6]

2021年3月13日、KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座決定トーナメントの準決勝で久保政哉と対戦し、1RKO勝ち[7]

2021年7月18日、KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座決定トーナメントの決勝で宮越慶二郎と対戦し、試合開始わずか43秒でKO勝ち。初代KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座を獲得し、勝利者インタビューで総合格闘技への再挑戦を発表した[8]

RIZIN[編集]

2021年9月19日、RIZIN初出場となったRIZIN.30昇侍と対戦し、カウンターの左フックによりダウンを奪われ、パウンドにより20秒でTKO負けを喫した[9]

2021年11月28日、RIZIN TRIGGER 1st山本空良と対戦し、3R判定勝ち。

2022年3月6日、RIZIN LANDMARK vol.2平本蓮と対戦。1R序盤に右ストレートでフラッシュダウンを奪うなど打撃で優勢に試合を進め、その後も組みと寝技の展開で平本を圧倒し、3-0の判定勝ちを収めた[10]。鈴木は1R開始直後の打ち合いで拳を骨折したまま試合を行っていた[11]

2022年9月25日、RIZIN.38萩原京平と対戦し、2Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた[12]

2022年11月6日、RIZIN LANDMARK 4今成正和と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[13]

人物[編集]

  • ペルー人の父親を持つハーフ[14]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 3 1 5 0 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
今成正和 5分3R終了 判定3-0 RIZIN LANDMARK 4 2022年11月6日
萩原京平 2R 2:14 リアネイキッドチョーク RIZIN.38 2022年9月25日
平本蓮 5分3R終了 判定3ー0 RIZIN LANDMARK vol.2 2022年3月6日
山本空良 5分3R終了 判定3-0 RIZIN TRIGGER 1st 2021年11月28日
× 昇侍 1R 0:20 KO(左フック→パウンド) RIZIN.30 2021年9月19日
杉山廣平 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 299
【ネオブラッド・トーナメント フライ級 決勝】
2018年9月9日
猿飛流 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 297
【ネオブラッド・トーナメント フライ級 準決勝】
2018年7月1日
水谷健人 1R 3:00 TKO(グラウンドの肘打ち) PANCRASE 294
【ネオブラッド・トーナメント フライ級 1回戦】
2018年3月11日
× 鮎田直人 3分3R終了 判定0-3 PANCRASE 290 2017年10月8日
× 川端康太 3分3R終了 判定0-3 PANCRASE 287 2017年5月28日
杉山廣平 1R 0:08 TKO(グラウンドパンチ) PANCRASE 285 2017年3月12日
廣中克至 1R 0:30 TKO(グラウンドパンチ) PANCRASE 284 2017年2月5日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
12 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
11 9 2 0 0 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
タップロン・ハーデスワークアウト
英語版
1R 2分17秒 KO(右フック) KNOCK OUT 2022 vol.1 2022年1月22日
宮越慶二郎 1R 43秒 TKO(パンチ連打) KNOCK OUT 2021 vol.3
【KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座決定トーナメント 決勝戦】
2021年7月18日
久保政哉 1R 1分25秒 KO(右フック) KNOCK OUT ~The REBORN~ 1
【KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2021年3月13日
渥美尚也 1R 31秒 KO(スタンドパンチ連打) REBELS.69 2020年12月6日
康弘 1R 1分17秒 KO REBELS.67 2020年11月8日
昇也 3R 2分19秒 TKO KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2 2020年9月13日
× 西岡蓮太 3R終了 判定0-3 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1
【無法島GP 64kgトーナメント 準決勝】
2020年2月11日
与座優貴英語版 3R終了 判定2-0 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1
【無法島GP 64kg級トーナメント 1回戦】
2020年2月11日
耀織 2R 1分39秒 KO(右ストレート) KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 2019年11月1日
橋本悟 1R 45秒 TKO KNOCK OUT × REBELS 2019年10月4日
洋介 1R 1分18秒 TKO REBELS.62 2019年8月10日
イモト・ボルケーノ 3R終了 判定3-0 SHOOTBOXING 2019 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #25 2019年5月26日

獲得タイトル[編集]

総合格闘技
  • RIZIN FF アマチュアMMA 2016 フライ級 優勝
  • パンクラス 第24回ネオブラッド・トーナメント フライ級 優勝(2018年)
キックボクシング
  • 初代KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王座(2021年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈴木千裕の兄、13戦全勝の元REBELS王者・鈴木宙樹がプロボクシングに転向。12月にデビュー戦 | BOUTREVIEW” (日本語) (2021年9月15日). 2021年9月15日閲覧。
  2. ^ 【Pancrase302】計量終了 鈴木千裕の体重オーバーで中村龍之戦が中止に。3分×3R戦に井上学&川那子 MMAPLANET 2018年12月8日
  3. ^ 【KNOCK OUT】鈴木千裕、MMAでの大きな挫折からの再起「1年前のマイナスから、やっとここまで来ました ゴング格闘技 2020年01月30日
  4. ^ 鈴木千裕、イモトに判定勝ち - BOUTREVIEW・2019年5月27日
  5. ^ 鈴木千裕が橋本悟を衝撃45秒KO - eFight・2019年10月4日
  6. ^ 【KNOCK OUT】無法島GP優勝はシュートボクサー西岡蓮太、ぱんちゃんが祥子をローキックで返り討ちGONG格闘技 2020年2月11日
  7. ^ 【KNOCK OUT】KOの競演!小笠原瑛作が初代王者に、安本晴翔が後ろ蹴りで9連勝、スーパーミドル級は松倉信太郎と田村聖、スーパーライト級は鈴木千裕と宮越慶二郎が勝ち上がるゴング格闘技 2021年3月13日
  8. ^ 【KNOCK OUT】5連続KO! 鈴木千裕が宮越慶二郎を秒殺で初代王者に! ミドル級は松倉信太郎が戴冠。ぱんちゃん璃奈はsasoriとの熱闘制すゴング格闘技 2021年7月18日
  9. ^ 【RIZIN】GP2回戦・朝倉海、井上直樹が激闘の判定勝ち、扇久保が大塚との神経戦を制す、瀧澤が元谷を1R KO! 矢地、堀江、太田が勝利、浜崎が藤野との死闘制す、昇侍がKO勝ち! ぱんちゃんが判定勝ち ゴング格闘技 2021年9月19日
  10. ^ 【RIZIN】鈴木千裕が平本蓮に判定勝ち! 鈴木博昭が昇侍をKO、吉成名高がRIZIN5連勝、伊藤空也が判定勝ち、COROが増田に辛勝 GONG格闘技 2022年3月6日
  11. ^ 【RIZIN】鈴木千裕、やはり拳が骨折「復帰にどれだけかかるか分からない」 efight 2022年3月7日
  12. ^ 【RIZIN】堀口が金太郎を極める! 伊澤がアナスタシアに一本勝ち、シウが浜崎を下し決勝進出、GP覇者・扇久保がスーチョルに敗れる、鈴木が萩原に一本勝ち、グスタボが大原を1R TKO=『RIZIN.38』詳報 GONG格闘技 2022年9月25日
  13. ^ 【RIZIN】平本蓮が弥益ドミネーターを空手&ケージディフェンスでドミネートし判定勝ち、鈴木千裕が今成越え、元谷が倉本と大激闘もMMAで上回る、SARAMIが魂のテイクダウンでラーラを下す、中村が征矢に競り勝つ。青井が怪物くんを、ヤマニハが河村を完封、久保が禊のTKO勝ちGONG格闘技 2022年11月6日
  14. ^ 編集長 (2022年2月21日). “【独占インタビュー】格闘家・鈴木千裕選手(クロスポイント吉祥寺)第1弾” (日本語). むーなび. 2022年2月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]