西浦聡生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西浦"ウィッキー"聡生
基本情報
本名 西浦 聡生
通称 格闘猿
暴発アーティスト
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-08-08) 1983年8月8日(34歳)
出身地 長崎県東彼杵郡
所属 シューティングジム横浜
→STGY
KRAZY BEE
身長 174cm
体重 65kg
階級 フェザー級バンタム級
ライト級
バックボーン 修斗
テンプレートを表示

西浦"ウィッキー"聡生(にしうら"ウィッキー"あきよ、1983年8月8日 - )は、日本男性総合格闘家長崎県東彼杵郡出身。KRAZY BEE所属。

本人自ら「バグったスタイル」と語る[1]ノーガードの構えとフェイントから繰り出される打撃を武器とする変則ファイター。

ファイトスタイルと絵画が趣味であることから、CAGE FORCEでは「暴発アーティスト」のニックネームで呼ばれる。また、リングネームとその動きから、DREAMでは「格闘猿」のニックネームで呼ばれる。

来歴[編集]

2005年5月29日、ウィッキー聡生のリングネームでプロ修斗デビュー。

2006年10月14日、修斗ライト級(-65kg)新人王決定トーナメント決勝で石澤大介に判定勝ちし、新人王獲得。

2006年12月25日、修斗で田村彰敏と対戦し、0-3の判定負け。

2007年3月16日、修斗で門脇英基と対戦し、2-1の判定勝ち。

2008年2月11日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE EX -eastern bound-のフェザー級王座決定トーナメント1回戦でキム・ジョンマンと対戦し、パウンドでKO勝ち。

2008年7月18日、修斗でマテウス・ラーデスマキと対戦し、バックマウントパンチでTKO勝ち。

2008年9月27日、CAGE FORCE 08の初代フェザー級王座決定トーナメント準決勝で孫煌進と対戦し、3-0の判定勝ち。12月6日、CAGE FORCE 09のトーナメント決勝で星野勇二と対戦し、0-3の判定負け。準優勝に終わった。

DREAM[編集]

2009年3月8日、DREAM初参戦となったDREAM.7のフェザー級(-63kg)グランプリ1回戦でエイブル・カラムと対戦し、0-3の判定負けを喫した。この試合からリングネームを西浦"ウィッキー"聡生に変更した。

2009年7月10日、オーストラリアで開催されたShooto Australiaでグスタヴォ・ファルシローリと対戦し、0-2の判定負けを喫した[2]

2009年10月14日、DREAMの記者会見で「DREAM海外武者修行シリーズ第1弾」としてDREAMのバックアップを受け水野竜也とともにマット・ヒュームの主宰するAMCパンクレイションでトレーニングすることが発表された[3]

2010年5月29日、ケージ開催となったDREAM.14所英男と対戦し、右フックから追撃のパウンドでTKO勝ち。

2010年9月25日、DREAM.16石田光洋と対戦し、1-2の判定負けを喫した[4]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜大和哲也と初挑戦となったK-1ルールで対戦し、0-1の判定ドローとなった[5]

2011年5月29日、DREAM JAPAN GP宇野薫と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2011年11月6日、シュートボクシング初参戦となったSHOOT the SHOOTO 2011で鈴木博昭と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

Road to UFC: Japan[編集]

2015年リアリティ番組Road to UFC: Japan」に参加。ジョシュ・バーネット率いるチーム・バーネットに所属。フェザー級トーナメント1回戦でハルク大城と対戦し、パウンドでTKO勝ち。準決勝で石原夜叉坊と対戦し、1-2の判定負けを喫した。番組では既婚者で二児の父であることが判明した。

RIZIN[編集]

2015年12月29日、総合格闘技団体「RIZIN」の旗揚げ興行である「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」に出場し、K-1ファイターのHIROYAとK-1ルールで対戦し、2RKO負け。

人物・エピソード[編集]

  • リングネームの「ウィッキー」とは猿の鳴き声に由来し、「スタンド時の構えが猿の動きに似ているから」という理由でシューティングジム横浜会長の川口健次によってつけられた。本人は当初このリングネームがあまり気に入らなかったというが、現在では愛着も出てきて好きになっているという。
  • 試合時には髪をピンクに染め上げ、トランクスもピンク色のものを着用する。トランクスのデザインも自分で手がけている[6]
  • 体には自分がデザインしたタトゥーが彫られている[1][6]
  • 独学で描く絵画が趣味。本人曰く「家でテレビを見ていても意味ないし、暇があったので描き始めた」とのこと[6]。2008年7月の修斗では会場ロビーにてウィッキーの描いた絵画の展示会が開催された[7]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 5 0 9 0 1 0
8 0 0 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アンディ・サワー 2R(10分/5分)終了 判定3-0 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -秋の陣- 2017年10月15日
高橋遼伍 5分3R終了 判定3-0 修斗 2014年第4戦 2014年5月4日
大澤茂樹 5分3R終了 判定2-1 VTJ 3rd 2013年10月5日
× 根津優太 5分3R終了 判定0-3 VTJ 2nd 2013年6月22日
× 宇野薫 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント- 2011年5月29日
× 石田光洋 2R(10分/5分)終了 判定1-2 DREAM.16 2010年9月25日
所英男 1R 2:51 TKO(右フック→パウンド) DREAM.14 2010年5月29日
× グスタヴォ・ファルシローリ 5分3R終了 判定0-2 Shooto Australia: Superfight Australia 6 2009年7月10日
太田拓己 5分2R終了 判定3-0 "修斗伝承 ROAD TO 20th ANNIVERSARY FINAL" 2009年5月10日
× エイブル・カラム 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年3月8日
× 星野勇二 5分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE 09
【フェザー級王座決定トーナメント 決勝】
2008年12月6日
孫煌進 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE 08
【フェザー級王座決定トーナメント 準決勝】
2008年9月27日
マテウス・ラーデスマキ 3R 2:17 TKO(バックマウントパンチ) "修斗伝承 02" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年7月18日
キム・ジョンマン 1R 2:43 KO(右フック→パウンド) CAGE FORCE EX -eastern bound-
【フェザー級王座決定トーナメント 1回戦】
2008年2月11日
ジョー・カマチョ 5分3R終了 判定1-1 Shooto Americas The Arrival: This is Shooto 2007年8月11日
門脇英基 5分3R終了 判定2-1 修斗 BACK TO OUR ROOTS 02 2007年3月16日
× 田村彰敏 5分3R終了 判定0-3 修斗 2006年12月2日
石澤大介 5分2R終了 判定2-0 修斗
【新人王決定トーナメント ライト級 決勝】
2006年10月14日
井上雄史 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場第15弾 〜シューティングスター〜
【新人王決定トーナメント ライト級 準決勝】
2006年7月30日
谷口智則 5分2R終了 判定2-0 修斗 下北沢修斗劇場第14弾 〜'06 巣立ち〜
【新人王決定トーナメント ライト級 1回戦】
2006年3月3日
× 粕谷さかえ 5分2R終了 判定0-2 修斗 2005年11月6日
中村浩士 2R 3:57 TKO(右ストレート) 修斗 2005年5月29日
佐藤武士 1R 0:39 KO(パンチ) CLUB DEEP 長南祭り 2004年10月3日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 金山康宏 4分1R終了 ポイント20-21 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ライト級 準決勝】
2004年9月20日
高橋孝輔 4分1R終了 ポイント25-20 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ライト級 2回戦】
2004年9月20日
細江勇志 4分1R終了 ポイント20-15 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ライト級 1回戦】
2004年9月20日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× HIROYA 3R 1:20 KO(右フック) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
× モサブ・アムラーニ 3R終了 判定0-3 S-cup世界トーナメント2014 65㎏1回戦 2014年11月30日
× 小見川道大 延長1R終了 判定0-3 S-cup2013 65kg日本トーナメント準決勝 2013年11月16日
MASAYA 3R終了 判定3-0 S-cup2013 65kg日本トーナメント1回戦 2013年11月16日
× 鈴木博昭 3R終了 判定0-3 SHOOT the SHOOTO 2011 2011年11月6日
大和哲也 3R終了 判定0-1 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]