久米鷹介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久米 鷹介
基本情報
本名 久米 鷹介
通称 HYBRIDスタミナ苑
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-04-28) 1985年4月28日(36歳)
出身地 愛知県東海市
所属 ALIVE
身長 172cm
体重 70kg
リーチ 174cm
階級 ウェルター級
ライト級
バックボーン 柔道
テーマ曲 「バーニング」柳ジョージ
テンプレートを表示

久米 鷹介(くめ たかすけ、1985年4月28日 - )は、日本男性総合格闘家愛知県東海市出身。ALIVE所属。現ライト級キング・オブ・パンクラシスト

来歴[編集]

高校時代に柔道を経験し、大学在学中に名古屋の総合格闘技道場・ALIVEに入門した[1]

2006年9月24日、第13回全日本アマチュア修斗選手権大会ミドル級(-76kg)で優勝し、21歳でプロに昇格。

2007年8月11日、HEAT 4でプロレスラー"brother"YASSHIと対戦し、2Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。プロ初勝利を収めた。

2008年8月3日、SHOOTO GIG TOKYO Vol.5の環太平洋ミドル級チャンピオンシップで王者の佐藤洋一郎と対戦し、0-3の判定負け。キャリア11戦目で初黒星を喫し、王座獲得に失敗した。

2012年2月12日、SHOOTO GIG CENTRAL Vol.24で元UFCファイターのシェーン・ネルソンと対戦し、2Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。

ROAD FC[編集]

2012年9月15日、ROAD FC 009のライト級王座決定トーナメント準々決勝でキム・チャンヒョンと対戦し、1Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。

2012年11月24日、ROAD FC 010のライト級王座決定トーナメント準決勝でユン・チョルと対戦し、1Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。

2013年4月13日、ROAD FC 011のライト級王座決定トーナメント決勝でナム・ウィチョルと対戦。延長ラウンドまでもつれ込む接戦となったが、0-3の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した[2]

2013年10月12日、ROAD FC 013のライト級タイトルマッチでナム・ウィチョルと再戦し、0-3の判定負け。再び王座獲得に失敗した。

2014年8月17日、ウィチョルのUFC参戦により空位となったライト級王座を懸け、ROAD FC 017でクォン・アソルと対戦。1-2のスプリット判定で敗れ、王座は獲得出来なかった。

パンクラス[編集]

2016年4月24日、網膜剥離の手術を受けてから約1年ぶりの再起戦となったPANCRASE 277でライト級ランキング9位の石川英司と対戦[3]。2-1のスプリット判定で勝利を収めた。

2016年9月11日、PANCRASE 280のライト級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで王者の徳留一樹と対戦。1Rからスタンドの打撃で徳留を圧倒すると、最後はパウンドでTKO勝ちを収め、王座獲得に成功した[4]

2017年4月23日、PANCRASE 286の「パンクラス対TEAMシカティック 3vs3」大将戦でマティヤ・ブラジセビッチと対戦し、2Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。

2017年12月10日、PANCRASE 292のライト級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチでライト級ランキング1位の徳留一樹と再戦。試合開始から81秒で左フックによるKO勝ちを収め、初防衛に成功した[5]

2018年7月1日、PANCRASE 297で元UFCファイターのアントン・クイバネンと対戦。2R終了間際にパンチラッシュを受け、キャリア初のノックアウト負けを喫した。

2019年4月14日、PANCRASE 304のライト級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチでアントン・クイバネンとダイレクトリマッチを行う予定だったが、クイバネンが左上腕二頭筋断裂により欠場したため、HEATライト級王者のトム・サントスと対戦[6]。3Rにマウントポジションから三角絞めを極めて一本勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。

2019年10月13日、ONE Championship: Century Part 2のパンクラス×修斗対抗戦で修斗王者松本光史と対戦。1、3Rでのグラウンドコントロールを有利に進め、3-0の判定勝ちを収めた[7]

RIZIN[編集]

2020年9月27日、RIZIN初参戦となったRIZIN.24北岡悟と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[8]

2021年3月21日、RIZIN.27DEEPライト級王者の武田光司と対戦し、0-3の判定負けを喫した[9]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
34 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 3 13 8 0 4 0
6 1 0 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
雑賀ヤン坊達也 試合前 PANCRASE 325
【ライト級キング・オブ・パンクラス 王座統一戦】
2021年12月12日
× 武田光司 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.27 2021年3月21日
北岡悟 5分3R終了 判定2-1 RIZIN.24 2020年9月27日
松本光史 5分3R終了 判定3-0 ONE Championship: Century Part 2 2019年10月13日
トム・サントス 3R 1:08 三角絞め PANCRASE 304
【ライト級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2019年4月14日
× アントン・クイバネン 2R 4:56 TKO(スタンドパンチ連打) PANCRASE 297 2018年7月1日
徳留一樹 1R 1:21 KO(左フック) PANCRASE 292
【ライト級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2017年12月10日
マティヤ・ブラジセビッチ 2R 1:05 リアネイキドチョーク PANCRASE 286 2017年4月23日
徳留一樹 1R 4:45 TKO(右フック→パウンド) PANCRASE 280
【ライト級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2016年9月11日
石川英司 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 277 2016年4月24日
奥野"轟天"泰舗 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 266 2015年4月26日
× クォン・アソル 5分3R終了 判定1-2 ROAD FC 017
【ROAD FCライト級王座決定戦】
2014年8月17日
エドゥアウド・シモエス 5分3R終了 判定3-0 ROAD FC 014 2014年2月9日
× ナム・ウィチョル 5分3R終了 判定0-3 ROAD FC 013
【ROAD FCライト級タイトルマッチ】
2013年10月12日
× ナム・ウィチョル 5分3R+延長5分1R終了 判定0-3 ROAD FC 011
【ROAD FCライト級王座決定トーナメント 決勝】
2013年4月13日
ユン・チョル 1R 2:19 リアネイキドチョーク ROAD FC 010: In Busan
【ROAD FCライト級王座決定トーナメント 準決勝】
2012年11月24日
キム・チャンヒョン 1R 3:27 リアネイキドチョーク ROAD FC 009: Beat Down
【ROAD FCライト級王座決定トーナメント 準々決勝】
2012年9月15日
中村晃司 2R 1:58 三角絞め PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年3月24日
イ・ヒョンソク 2R 1:31 腕ひしぎ十字固め ROAD FC 007: Recharged 2012年3月24日
シェーン・ネルソン 2R 1:54 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.24 〜愛と勇気を〜 2012年2月12日
花澤大介 3R 4:01 リアネイキドチョーク PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年11月27日
鳥生将大 1R 1:44 リアネイキドチョーク PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年7月31日
カン・ジョンミン 2R 1:23 チキンウィングアームロック 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.22 2011年4月17日
ダニエル・ディグビー 1R 4:13 リアネイキドチョーク Shooto Australia: Superfight Australia 9 2010年11月5日
× 佐藤洋一郎 5分3R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.5
【修斗環太平洋ミドル級チャンピオンシップ】
2010年8月7日
山崎昭博 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.20 2010年6月13日
高木健太 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.19 2009年10月25日
奥野"轟天"泰舗 5分2R終了 判定0-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.18 2009年8月30日
杉浦博純 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.17 2009年4月12日
佐藤拓也 5分2R終了 判定0-0 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 2008 FINAL
【2008年度新人王決定トーナメント ミドル級 決勝】
2008年12月13日
佐藤洋一郎 5分2R終了 判定0-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.15
【2008年度新人王決定トーナメント ミドル級 準決勝】
2008年8月3日
堂垣善史 1R 3:38 TKO(レフェリーストップ:右眼窩底骨折の疑い) 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.14 2008年3月16日
佐藤拓也 1R 1:11 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.13 & KAKUMEI NAGOYA 1 2007年10月8日
"brother"YASSHI 2R 3:07 リアネイキドチョーク HEAT 4 〜MEGA BATTLE HEAT from NAGOYA〜 2007年8月11日
湯浅友和 5分2R終了 判定1-1 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.12
【2007年度新人王決定トーナメント ミドル級 1回戦】
2007年3月25日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
屋宮大亮 3分2R終了 判定43-38 第13回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ミドル級 決勝】
2006年9月24日
池田秀治 不戦勝 第13回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ミドル級 準決勝】
2006年9月24日
近野洋平 4分1R終了 判定29-23 第13回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ミドル級 2回戦】
2006年9月24日
佐久間博彰 4分1R終了 旗判定3-0 第13回全日本アマチュア修斗選手権大会
【ミドル級 1回戦】
2006年9月24日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐佐木澪 (2016年8月17日). “【インタビュー】ライト級キング・オブ・パンクラスに挑む久米鷹介「格闘技のない生活なんて考えられない」”. バトル・ニュース. 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ 【RFC】韓国MMA大会でミノワマンら日本人4選手全敗”. イーファイト (2013年4月13日). 2018年6月30日閲覧。
  3. ^ 【Special】そして──また日常が始まる。久米鷹介<01>「現実として捉えていたのは、治すことだけ」”. MMAPLANET (2016年4月28日). 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ 久米鷹介、徳留一樹を1Rで粉砕。室伏シンヤ&松嶋こよみも快勝:9.11 有明”. バウトレビュー (2016年9月11日). 2018年6月30日閲覧。
  5. ^ 【Pancrase292】久米鷹介、組みから接近戦を作り徳留一樹を返り討ち”. MMAPLANET (2017年12月10日). 2018年6月30日閲覧。
  6. ^ 【パンクラス】王者・久米鷹介の挑戦者が、HEAT新王者トム・サントスに変更”. イーファイト (2019年3月27日). 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ 【ONE】パンクラス王者・久米鷹介が修斗王者・松本光史を下し対抗戦1勝目を挙げるefight 2019年10月13日
  8. ^ 【RIZIN】久米鷹介、パンクラス対決で北岡悟を降す efight 2020年9月27日
  9. ^ 【RIZIN】女子王座戦がメイン! 王者・浜崎朱加vs.挑戦者・浅倉カンナ、サトシvs.徳留、武田vs.久米、クレベルが摩嶋に一本勝ち!=速報中 ゴング格闘技 2021年3月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
徳留一樹
第7代パンクラスライト級王者

2016年9月11日 - 現在

次王者
N/A