佐藤将光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 将光
基本情報
本名 佐藤 将光
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-08-21) 1987年8月21日(34歳)
出身地 東京都の旗東京都目黒区
所属 坂口道場
→Fight Base
身長 174cm
体重 64.0kg
階級 バンタム級
バックボーン 総合格闘技
家族 佐藤考信(父)
テンプレートを表示

佐藤 将光(さとう しょうこう、1987年8月21日 - )は、日本男性総合格闘家東京都目黒区出身。Fight Base主宰。第10代修斗世界バンタム級王者。父はファッションデザイナーの佐藤考信。

来歴[編集]

東京都目黒区に生まれる。父は世界的に有名なファッションデザイナーの佐藤考信。少年時代はサッカーをやっていた。

高校時代にKILLER BEEに入門し総合格闘技を始める。明治大学理工学部に入学後に坂口道場に移籍した。

2007年、パンクラスでプロデビュー。その後、修斗に主戦場を移し、2017年10月15日、第10代修斗世界バンタム級王者を獲得[1]

修斗とONE Championshipとのパートナーシップ契約を機に2019年5月よりONE Championshipに参戦。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
50 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 19 3 10 0 2 1[2]
15 1 2 12 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マーク・ステファン・ロマン 5分3R終了 判定0-3 ONE Championship: ONE X 2022年3月26日
河村泰博 1R 2:38 TKO(グラウンドパンチ) VTJ 2021 2021年11月6日
× ファブリシオ・アンドラージ 5分3R終了 判定0-3 ONE Championship: UNBREAKABLE III 2021年2月5日
クォン・ウォンイル 1R 4:05 リアネイキッドチョーク ONE Championship: FIRE & FURY 2020年1月31日
ハファエル・シウバ英語版 2R 4:30 TKO(パスタンドパンチ連打) ONE Championship: CENTURY PART II 2019年10月13日
ファンチャンファン 1R 4:23 TKO(パウンド) 修斗 30th Anniversary Tour 6th Round 2019年7月15日
マーク・アベラルド 2R 1:58 TKO (パウンド) ONE Championship: Warriors of Light 2019年5月10日
齊藤曜 4R 3:26 KO(グラウンドパンチ) 修斗 後楽園ホール大会 2018年11月17日
トリスタン・グリムズリー 1R 4:20 KO(スタンドパンチ連打) 修斗 後楽園ホール大会 2018年7月15日
× 齊藤曜 5分3R終了 判定0-3 修斗 後楽園ホール大会 2018年1月28日
石橋佳大 5分5R終了 判定3-0 修斗 千葉・舞浜アンフィシアター大会
【第10代世界バンタム級チャンピオン決定戦】
2017年10月15日
ルーベンデュラン 1R 4:58 KO (ハイキック) 修斗 後楽園ホール大会 2017年7月23日
石橋佳大 5分5R終了 判定1-0 修斗 後楽園ホール大会 2017年3月24日
祖根寿麻 1R 5:00 TKO(ドクターストップ) 修斗 後楽園ホール大会 2017年1月29日
ダイキライトイヤー 3R 1:30 TKO(スタンドパンチ連打) VTJ 8th 2016年9月19日
スーパー均くん 3R 3:59 スリーパーホールド 修斗 GIG TOKYO 21 2016年5月28日
× 竹中大地 5分3R終了 判定0-3 修斗 後楽園ホール大会 2015年11月29日
安藤達也 5分3R終了 判定2-1 VTJ 7th 2015年9月13日
× キム・ミンウ 5分2R終了 判定0-3 Road FC 24: Road Fighting Championship 24 2015年7月25日
土屋大喜 1R 1:40 KO(右ストレート) 修斗 MOBSTYLES 15th Anniversary TOUR FIGHT & MOSH 2015年5月3日
藤中淳司 5分2R終了 判定3-0 修斗 2015年第1戦 2015年1月25日
小野島恒太 1R 3:05 KO(グラウンドパンチ) VTJ 6th 2014年10月4日
山内慎人 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 259 2014年6月29日
藤井伸樹 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 253 2013年11月3日
× ムン・ジェフン 5分3R終了 判定2-1 Road FC 11 2013年4月13日
× 中島太一 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 245 2013年2月3日
× スー・チョル・キム 4R 1:27 TKO(ドクターストップ) Road FC 8 :Bitter Rivals 2012年6月16日
村田卓実 1R 4:14 TKO(サッカーボールキック) Pancrase : Progress Tour 5 2012年4月28日
× カン・ギョンホ 2R 2:38 腕ひしぎ十字固め ROAD FC 7: Recharged
【バンタム級王座決定トーナメント 1回戦】
2012年3月24日
斎藤 正臣 1R 1:04 TKO(サッカーボールキック) Pancrase Progress Tour 1 2012年1月28日
× 滝田将也 2R 3:00 チョークスリーパー PANCRASE IMPRESSIVE TOUR 10 2011年10月2日
曹竜也 5分2R終了 判定1-0 Pancrase Impressive Tour 8 2011年8月7日
キル・ヨンボク 5分3R終了 判定3-0 Road FC 2 Alive 2011年4月16日
× 西内太志朗 5分2R終了 判定0-2 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【バンタム級次期王座挑戦者査定試合】
2011年2月6日
× 田村彰敏 5分2R終了 判定1-2 SRC15
【バンタム級ASIAトーナメント2010 準々決勝】
2010年10月30日
江泉卓哉 2R 1:38 TKO(ドクターストップ) SRC 14 2010年8月22日
岡本飛竜 5分2R終了 判定3-0 SRC Asia Vol. 1 2010年7月4日
× 上嶋佑紀 5分2R終了 判定0-3 Pancrase Passion Tour 5
【バンタム級 ネオブラッド・トーナメント準決勝】
2010年6月5日
島崎巧 5分2R終了 判定3-0 Pancrase Passion Tour 3
【バンタム級 ネオブラッド・トーナメント1回戦】
2010年4月4日
沼倉雄太 1R 0:20 KO(パンチ) Pancrase Changing Tour 8 2009年12月6日
ナム・ジン・チョ 5分2R終了 判定2-1 GLADIATOR 5 2009年11月3日
× 遠藤大翼 5分2R終了 判定0-2 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 5 2009年10月17日
斉藤良 1R 1:40 TKO(グラウンドキック) PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 4 2009年8月8日
× 佐々木亮太 5分2R終了 判定2-1 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2 2009年4月5日
石田雄三 1R 0:33 TKO(ドクターストップ) Tribelate vol. 21
【TRIBELATEフェザー級タイトルマッチ】
2008年12月20日
- 西村広和 ノーコンテスト(レフリングミス)[2] Cage Force 9 2008年12月6日
天地零 1R 0:07 KO(パンチ) Tribelate vol. 20 2008年10月13日
石田雄三 1R 2:32 TKO(パンチラッシュ) Tribelate vol. 19 2008年8月23日
土田達也 1R 1:46 腕ひしぎ十字固め Tribelate vol. 18 2008年6月28日
名城拓 5分2R終了 判定2-1 Tribelate vol. 17 2008年4月26日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 上田優 1R 2:30 TKO(レフェリーストップ) PANCRASE 2008 SHINING TOUR 8 2008年10月1日
佐々木亮太 5分2R終了 判定2-0 Pancrase Rising 9【フェザー級プロ昇格トーナメント 準決勝】 2007年11月28日
江泉卓哉 5分2R終了 判定2-1 Pancrase Rising 8【フェザー級プロ昇格トーナメント 1回戦】 2007年10月14日
佐々木亮太 5分2R終了 引き分け Pancrase 2007 ネオブラッドトーナメントセミファイナル 2007年5月6日
× 田中康友 5分1R終了 判定0-2 Pancrase Rising 2【ネオブラッド・トーナメント フェザー級予選準決勝】 2007年2月28日
本田智昭 5分1R延長3分終了 判定3-0 Pancrase Rising 2【ネオブラッド・トーナメント フェザー級予選一回戦】 2007年2月28日

獲得タイトル[編集]

  • 第8回アマチュアパンクラスオープントーナメント60kg未満級 準優勝
  • 初代TRIBELATEMMAフェザー級王者
  • 第10代修斗世界バンタム級王者

脚注[編集]

  1. ^ ONEチャンピオンシップ、 「公式アスリートランキング」をついに発表! | ONEチャンピオンシップ - プレスリリース” (日本語). ONEチャンピオンシップ (2020年4月27日). 2021年1月30日閲覧。
  2. ^ a b CAGE FORCE09第2試合 西村広和vs.佐藤将光の裁定に関して[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
堀口恭司
第10代修斗世界バンタム級王者

2017年10月15日 - 2020年11月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
岡田遼