にゃんこ大戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にゃんこ大戦争
ジャンル キモかわにゃんこゲーム
対応機種 iモード:FOMA903iシリーズ以降(メガiアプリ対応)
Y!ケータイ
EZアプリ (J)
iOS
Android
運営元 ponos corporation
バージョン 7.2.0
運営開始日 2012年11月25日
ダウンロード
コンテンツ
アイテム課金:あり
売上本数 3800万ダウンロード
テンプレートを表示

にゃんこ大戦争』(にゃんこだいせんそう 英:The Battle Cats)は、ポノスより2010年に配信された携帯電話向けゲームソフト、およびそれを基にした2012年11月25日に配信されたiOSAndroid用のアプリケーションソフトウェア(横スクロールタイプのタワーディフェンスゲーム)。無料で基本プレイは可能であるが、アイテム課金が存在する。iOS版で配信を開始して以来、2018年9月の時点で3800万ダウンロードを記録している。

概要[編集]

プレイヤーが、自から編成したキャラで敵キャラと戦闘を行い、勝利することを目的とする戦闘ゲームである。戦闘中に自動で貯まるゲーム内のお金を使用し、自陣の城からキャラを生産することで戦闘を行うことができる。[1]

キャラを生産すると自動的に敵キャラと戦闘が行われ、最終的に敵側の城の体力を0にすると勝利となり、反対に自陣の城の体力を0にされると敗北となる[1]

プレイヤーは、プレイ当初より設定されている基本キャラクターや、ネコカン(課金等で入手することのできる仮想通貨)を使用することで入手できるEXキャラクター、ネコカンを使用することで回せるレアガチャで入手できるレアキャラ・激レアキャラ・超激レアキャラ(不定期複数)、ステージを攻略することで獲得できるキャラ(EX、レアなどに分類される)などを用いて敵キャラと戦闘させるキャラ10体の編成をすることができる。戦闘に勝利すると経験値(XP)を得る。また、その経験値を使用してキャラクターなどを強化できる[1]

また、ステージを攻略すると次のステージへと進むようになっており、基本ステージは日本編の西表島、未来編の、宇宙編のビックバンまで進むことができる。基本ステージ以外にも、レジェンドストーリーやイベントステージやチャレンジモードが存在する。

構成[編集]

大きく分類すると、日本の各都道府県を制圧する日本編、世界を制圧する未来編、宇宙を制圧する宇宙編、レジェンドストーリー、高いスコアを目指すチャレンジモードが存在する。第二章へは第一章をクリアすることで、第三章へは第二章をクリアすることで進むことができる。また、未来編、レジェンドストーリー、チャレンジモードは日本編第一章をクリアすると出現し、宇宙編は未来編第一章をクリアすることで出現する。日本編では、日本列島の各都道府県と西表島の48ステージが存在し、未来編では、世界各国との同じく48ステージ、宇宙編では、様々な星、星雲とビックバンの48ステージとなっており、各章の最後のステージが日本編は西表島、未来編は月、宇宙編ではビッグバンとなっている。また、それぞれのステージには各地方ごとのお宝が一定確率でドロップする仕組みとなっている。お宝には粗悪なお宝→普通のお宝→最高のお宝 というように価値が上がっていく。また、お宝を集めていくと、能力が上がっていき、価値が高いほど効果が高い。

キャラクター[編集]

基本キャラはすべて1章内の各ステージをクリア+経験値で入手可能であり、第三形態に進化させるためには、経験値のほかににゃんこガチャ(毎日ログイン時、または特定のステージやにゃんこミッションでもらえる銀色のチケット(にゃんこチケット)で回すことが可能)を回し、ある程度そのキャラにつぎ込むことが必要。 なお、初期のころはレベルがMAXになっていない状況で使用すると、そのまま経験値で上げることができる範囲において+はつかなかったが、近年は現在のレベルとは別に+がつくようになった。 また、一部のEXキャラは日本編、未来編をクリアすることで入手でき、日本編で手に入れたEXキャラの第三形態は未来編をクリアすることで進化が可能となる。 このほかにも、ネコカンを支払ったり、特定のステージのクリア報酬など、様々な方法で入手できるキャラクターもいる。 一部のキャラクターは、不定期に出現する開眼ステージか特定のステージをクリアすることで第三形態に進化が可能となる。

本作では、1スロット目に特定のキャラクターを配置することで戦闘開始時に『にゃんコンボ』を発動させ、戦闘を有利に進めることができる。なお、にゃんコンボは同時に複数発動させることができる。

[編集]

本項では、特別な理由がない限り、各章のラスボスのみを記述する。

日本編から登場[編集]

カオル君
日本編第1章のラスボス。
悪の帝王 ニャンダム
日本編第2章のラスボス。
ぶんぶん先生
日本編第3章のラスボス。

未来編から登場[編集]

破壊生物クオリネン
未来編第1章のラスボス。
反逆のヴァルキリー
未来編第2章のラスボス。
暴走のネコムート
未来編第3章のラスボス。

宇宙編から登場[編集]

神さま
宇宙編第1章のラスボス。
神様(本気)
宇宙編第2章のラスボス。[2]

その他[編集]

神さま
ある程度ステージを進めると、パワーアップ画面から2000経験値(XP)で取得可能。一定数のネコカンを消費することで、様々なサポートをしてくれる。ただし平成生まれのため、レジェンドステージでは使用不可能。サポート内容は以下の通り。
いやしの楽園
自分の城と味方キャラクターの体力を全回復させる。
神のくしゃみ
全ての敵キャラを敵城付近まで吹き飛ばす。
神の怒り
全ての敵キャラににゃんこ砲の3倍のダメージを与える。
ベビーラッシュ
1分間、キャラの連続生産が可能になり、働きネコのレベル&お金も最大になる。神さま初回使用時はネコカン無しで強制発動される。
働きネコ
にゃんこ城内で働き、お金を集め、他のネコを生産したりにゃんこ砲を発射したりする。お宝や、レベルアップによりそれぞれ速くする事ができる。
ガマトト探検隊
探検に出すことで、経験値やネコカン、アイテムを手に入れることができる。ネコビタンを飲ませることで、所要時間を短縮することが可能
オトート開発隊
一定数の資源を消費することで、にゃんこ城を強化することができる。

アイテム[編集]

1ステージのみ有効な使い捨てアイテム。2種類以上のアイテムの併用も可能。曜日ステージで入手可能。

スピードアップ
ゲームの進行速度が2倍速になる。戦闘中にON/OFFが可能。
トレジャーレーダー
ステージに設定された最高のお宝及びドロップアイテムを確実に入手できる。
ネコボン
働きネコのレベルがMAX(LV8)の状態でスタートする。
ニャンピュータ
プレイヤーの代わりに戦闘を行ってくれる。戦闘中にON/OFFが可能。性能にはあまり期待できないが、低コストのキャラクターを人間には不可能な速度で量産できる。コストが高いキャラクターを優先的に生産する。
おかめはちもく
ステージクリア時に得られる経験値が1.5倍になる。
スニャイパー
自城の上空に狙撃手が出現し、時折援護射撃で自城の体力に応じたダメージを与えて確実にノックバックさせる。[3]

派生作品[編集]

とびだす!にゃんこ大戦争
ニンテンドー3DS用ダウンロードソフトとして、2015年5月31日より配信開始。3DSの立体視機能に対応している他、追加ステージや対戦モードを新たに実装。完全オフラインの買い切りゲームであり追加課金要素はないが、それゆえスマホ版のように新規キャラや新モードが追加されるようなこともない。
みんなで にゃんこ大戦争
株式会社コアエッジが開発・運営するPCブラウザ向けゲーム。2017年8月23日にはYahoo!モバゲーでの配信が開始され[4]、同年9月26日にはDMM GAMESゲソてんbyGMOハンゲームでの配信が開始された[5]。2017年10月17日からはニコニコアプリでの配信が開始された[6]
対人戦である「タイマン機能」をはじめとする機能や要素が新たに追加された[7]
2018年11月29日にサービス終了を発表。終了日はプラットホームによって異なる[8]
ふたりで!にゃんこ大戦争
『とびだす!』に続くコンシューマ向けタイトル第2弾となるNintendo Switch用ソフト。リリースは2018年冬を予定。
にゃんこ大戦争~日本侵略秘録~
ウェブコミックアプリGANMA!で、2015年9月29日から配信されている漫画作品で、作者は伊集院一雄である。
内容は日本編を基にしつつも、主人公であるノラをはじめとするオリジナルキャラクターが多数登場する。

開発[編集]

2010年にiアプリ向けのソフトとして配信された本作は、全1章の短編作品だった[9]。 本作開発当時のポノスの社員は9人しかおらず、うち本作の開発スタッフはプロデューサー、デザイナー、プログラマーのわずか3人だけだった。これ以上の人手はかけられないため、キャラクターデザインは「誰でも描けそうな」単純なものになった[10]

iOS/Android版はiアプリ版を基にしつつも、移植に伴い第2章以降が開発された[9]

みんなで にゃんこ大戦争[編集]

本作を基にしたPCブラウザゲーム『みんなで にゃんこ大戦争』の開発・運営はコアエッジが担当し、『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁』などの運営・開発で知られるバトルシップが協力に当たった[7]。 2017年に開かれた『みんなで にゃんこ大戦争』の制作発表会の中で、ポノスの最高経営責任者である辻子依旦はブラウザ版の開発をコアエッジに頼んだ理由について「様々なプラットフォームで、さまざまな『にゃんこ大戦争』を楽しんでほしいと思い、ブラウザゲームの開発・運営に実績のあるコアエッジにお願いした」と述べている[7]。また、コアエッジの最高経営責任者である宮本貴志は、「『にゃんこ大戦争』の魅力を最大限に引き出すために、バトルシップに開発の協力を要請した」と制作発表会の中で振り返っている[7]

『みんなで にゃんこ大戦争』は皆で楽しむ『にゃんこ大戦争』をコンセプトに開発され、対人戦である「タイマン機能」などが実装されたほか、スマートフォンの操作性に近づけるべくマウスとキーボードで操作できるように開発された[7]。 また、ユーザーが互いの部屋を褒め合いながらコミュニケーションを発展させてほしいという思いから、拠点の内装をカスタマイズする機能は、二者の間を取り持つ「肝煎り」という言葉をとって「キモデコ機能」と命名された[7]。 『みんなで にゃんこ大戦争』のプロデューサーを務めた、バトルシップの代表取締役で田平正雪は制作発表会の中で、「情熱をこめて作られたにゃんこたちの動きをいかにしてブラウザ上で表現するか」という点が制作時の課題だったと振り返っている[7]

コラボレーション[編集]

ケリ姫スイーツ
2013年4月26日より期間限定で開催された[11]。また、本作の1周年を記念して同年11月5日から11月19日までの期間に2回目となるコラボレーションが開催されたほか[12]、3回目のコラボレーションが2015年1月30日からの期間限定で開催された[13]
さらに、これらのコラボレーションの復刻版が2017年5月10日から期間限定で実施された[14]
最初のコラボでは、敵側にケリ姫、剣士、ガウガウが登場した[11]。このうち、ケリ姫は、『ケリ姫スイーツ』をプレイしてにゃんこ大戦争ステージをクリアしたプレイヤーに向けた報酬としても配布された[11]。また、ケリ姫ステージ激ムズ版のクリア報酬として、ケリ姫のかつらをかぶった「ネコひめ」が配布された[11]
同年秋の一周年記念コラボでは、春のコラボで登場したキャラクターに加え、敵側にユーリンチーとプリンセスカオル君らが登場した[12]。コラボガチャから剣士やガウガウ、ケリ姫のかつらをかぶった「ウシ姫」などを入手できたほか、『ケリ姫スイーツ』をプレイしてにゃんこ大戦争ステージをクリアすると、特典ユニットとして「眠れるケリの美女」がもらえた[12]
2015年のコラボでは、『ケリ姫スイーツ』の「宝箱アタック」を本作向けにアレンジした「金ネコアタック」が実装された[13]。また、ユーリンチーがにゃんこ側のキャラクターとしても使えるようになったほか、狂乱仕様のケリ姫もガチャで入手することができた[13]
さらに、また新しく2018年8月20日よりケリ姫スイーツとのコラボが再復刻し、新ステージ「ケットバス王国の教え」が、追加された。
ふるさと自衛隊
2013年12月2日から12月16日までの期間限定で開催され、敵ユニットとして10式戦車が登場した[15]
Googleコラボ
2013年12月26日から2014年1月6日までの期間限定で開催された[16]
ステージクリア報酬として、Androidのロゴキャラクターである「Bugdroid」がドロイドという名称でステージクリア報酬として配布されたほか[16]、敵ユニットとして桜をモチーフとしたハルドロイドが登場した。
拡散性ミリオンアーサードラゴンポーカー
本作と上記二作品の合同コラボレーションが、2014年4月21日から5月5日までの期間限定で開催された[17]
ニムエ(帰化型ニムエ)、猿王(SSS猿王)がそれぞれボスを務める日替わりステージが公開され、これらのユニットはガチャからも入手できた[17]
また、同年4月21日から配信されたコラボアプリ『拡散性ドラポ&にゃんこ達』で、にゃんこたちを集めると“弱酸性エル”と“レッドマローン”と交換できるシリアルコードをもらうことができた[17]
小林幸子コラボ
800万ダウンロード突破を記念したテレビCMのイメージキャラクターに小林幸子が起用されたことから実現した。
小林をモデルとしたEXキャラクターの「歌謡にゃんこ」が登場したほか[18]、メガにゃんこおよびメガにゃんこEXが登場した。
メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -
2014年6月17日から30日までの間、第1弾「脅威!侵攻のにゃんこ軍団!」が実施された[19]。このコラボレーションは、本作の開発元であるPONOSと『メルクストーリア』の開発元であるハッピーエレメンツがどちらも京都に本社があったことから実現した[19]。「脅威!侵攻のにゃんこ軍団!」では、『メルクストーリア』からアウラをはじめとする複数のキャラクターが敵として登場したほか、ガチャからも入手できた[19]。コラボステージは「対決!メルクストーリア」と上級者向けの「地獄のメルクストーリア」が用意され、低確率で癒術士がクリア報酬として配布された[19]。また、『メルクストーリア』をインストールした後に本作を立ち上げると特設ページからメルクをもらえた[19]
2015年6月17日から23日までの期間限定で実施されたコラボ第2弾「侵略のねねこファンクラブ!」では、ハルシュトら6人が新たに登場し、前年のコラボに登場した者を合わせて計16人のキャラクターがにゃんこ側に登場した[20]。コラボステージは「逆襲のメルクストーリア」が新たに用意され、ステージ1のクリア報酬として、『メルクストーリア』で使用可能なキャラクターであるねねこが配布された[20]。また、癒術士の開眼ステージも用意された[20]ほか、『メルクストーリア』側で開催されたコラボクエストをクリアするとティティがもらえたほか、前年と同じ方式でメルクの配布も行われた[20]
2017年6月27日からは第3弾「美女神と野獣」が実施され、にゃんこ側には新たにとどめき、オルトス、ミシェリアが登場した[21]。コラボステージは新たに「神秘のメルクストーリア」が用意されたほか、癒術士に加えメルクとティティの開眼ステージも用意された[21]。また、同コラボの開催期間中に『メルクストーリア』をダウンロードした状態で本作をダウンロードすると、『メルクストーリア』側にこれまでのコラボで登場したにゃんこ軍団のユニットがもらえた[21]
ドラゴンリーグ
2014年12月8日から15日までの期間限定で開催され、ステージクリア特典としてドラリー剣士が配布された[22]
氣志團コラボ
2015年2月25日から2015年5月25日までの期間限定で開催され、バンドのメンバーが登場した[23]
生きろ!マンボウ!
2015年4月3日から5月3日までの期間限定で開催されたほか[24]、2015年11月19日から12月3日には復刻版が開催された[25]
にゃんこ側には厨房マンボウなどが登場した[24]
消滅都市(消滅都市2)
2015年 4月24日から5月10日までの期間に最初のコラボレーションが実施され、にゃんこ側には「謎の少女ユキ」などが登場した[26]
2016年5月20日から6月5日までの期間にはコラボ第2弾が実施され、新たに「狂乱のユキ」が登場した[27]
2017年5月29日から6月12日にはコラボ第3弾が実施され、過去のコラボレーションで登場したキャラクターに加え、「失われし世界のユキ」および、ユキをモチーフにした「赤髪のゆきにゃん」も登場した[28]
2018年5月28日から6月2日にコラボ第4弾が実施され、「消滅都市2」コラボガチャに新キャラが追加されたほか、ユキ達の第3形態が実装されそれぞれ名前の最初が「ネコ耳の~」という名前になった。 また、新ステージ、「タマシイの都」「消滅都市 ~第2章~」が追加された。
極道大戦争
2015年4月17日から6月19日の期間限定で、「極道にゃんこ」のシリアルコードが記載された『極道大戦争』のムビチケカードが発売された[29]
また、2015年5月25日から7月4日までの期間には本作内でのコラボレーションも実施され、にゃんこ側には映画をモチーフにした極道にゃんこが登場した[29]
モンハン大狩猟
2015年8月27日から9月10日までの期間限定で開催され、にゃんこ側にはリオレウスなどが登場した[30]
メタルスラッグディフェンス
2015年10月6日~11月4日の期間限定で開催され、にゃんこ側にはマルコをはじめとする複数のキャラクターが登場した[31]
ゆるドラシル
2015年11月4日から2015年11月19日までの期間限定でコラボレーションイベント「にゃグナロク!」が開催され、にゃんこ側には光の神徒ヴァルキリーなどが登場した[32]
。また、コラボステージ「神略!ゆるドラシル」のステージ1クリア報酬として『ゆるドラシル』で使用可能なひよっこにゃんこが配布されたほか、『ゆるドラシル』プレイ報酬として、本作で使用可能なEXおでんが配布された[32]
城とドラゴン
2016年1月14日から2016年1月28日の限定で実施され、にゃんこ側にはアシュラなど計7体が登場した[33]。コラボステージは19ステージ用意されており、「開眼の城とドラゴン」をクリアすると、すべてのコラボキャラクターを第3形態に進化させることが可能である[33]
また、復刻版が2017年1月16日から1月30日までの期間限定で実施された[34]
にゃんパズルねばーる君
本作と『にゃんパズル』、茨城県非公認マスコットキャラクター「ねばーる君」の合同イベントで、野良猫や地域猫の保護プログラム「まもるよネコさんかつどう」へのチャリティー企画として、2016年3月7日から2016年3月21日までの期間限定で実施された[35]
にゃんこ側にはねば~る君のほかにも、『にゃんパズル』からニャームス、ポチ、クロミ、せつ子が敵キャラクターとして登場したほか、コラボ限定アイテム「まもるよチケット」を消費する専用のガチャからも入手することができた[35]
NEOなめこ栽培キット
2016年7月28日から8月11日までの期間限定で開催され、にゃんこ側にはなめこタンクなどが味方ユニットとして登場したほか、なめこが敵として登場するステージが用意された[36]
ワイモバイル
2016年8月17日から31日までの期間限定で開催され、にゃんこ側にはマスコットキャラクターであるふてニャンが登場した[37]
魔法少女まどか☆マギカ
2016年10月17日より本作の4周年記念イベントを記念して開催された。
にゃんこ側には鹿目まどか、暁美ほむら、巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子、キュゥべえが登場した[38]
敵側にはキュゥべえ、シャルロッテ、キルステン、ゲルトルート、ワルプルギスの夜が登場した。このうち、シャルロッテは第一形態と第二形態の両方が登場した。
ピコ太郎コラボ
2016年12月13日から12月26日までの期間限定で実施され、にゃんこ側には敵ユニットとしてピコ太郎が登場した[39]
キャットバスターズ
2016年11月29日から12月12日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはネコ博士が登場した[40]
ナゾウサギ
2017年2月1日から14日までの期間限定で開催され、にゃんこ側にはクロウサギが敵として登場した[41]
クラッシュフィーバー
2017年3月21日から年4月4日までの期間限定で開催され、にゃんこメビウスやベリアルらが登場した[42]
また、『クラッシュフィーバー』側のコラボステージクリア報酬として、ハッピー100が配布された[42]
ぐでたま
2017年7月13日から7月27日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはグレたまプレート、ぐでぐでアラモード、ニセたま軍団が登場した[43]
2018年6月14日から6月28日までで、新ステージ、「ぐでぐでしてて忙しい」が追加され、さらに敵にもにゃんこ側にも新キャラ、「ぐでネコマシン」が登場した。
Fate/stay night [Heaven's Feel
2017年10月30日から11月13日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはセイバーらが登場した[44]
また、コラボステージとは別に、高難易度のゲリラステージが日替わりで登場した[44]
実況パワフルプロ野球
2018年1月18日から2月1日までの期間限定で実施され、にゃんこ側には矢部明雄らが登場した。
ハニトーコラボ
2018年2月1日から3月8日まで「パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント店」の店内QRを読み取ることで、パセラのマスコットキャラクターのハニトンくんを入手することができた。
エヴァンゲリオン
2018年3月16日から30日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはエヴァ初号機らが登場した。
めんトリコラボ
2018年4月2日から16日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはめんトリ・イモウトが登場した。
LINE ポコパン
2018年5月10日から17日までの期間限定で実施され、にゃんこ側にはポコタ・オビス・ココが登場した。
地下鉄に乗るっ
2018年5月10日から6月10日までの期間限定で実施され、にゃんこ側には太秦萌らが登場した。

反響[編集]

本作は手軽な操作性としっかりとしたゲーム性、そして独特な雰囲気と設定によって大きな反響を呼んだ。 本作のiアプリ版のダウンロード回数は3年間の配信で20万回ほどだった一方、iOS/Android版は配信開始から半年ほどでダウンロード回数が600万回を突破した[9]。 特にAndroid版は、Google Playの運営元であるGoogleに取り上げられたことによって口コミなどを通じて人気が広まり、それに伴う形でiOS版の人気が再び急上昇するという形で人気を博した[9]。 本作のプロジェクトマネージャーを務める升田貴文はダウンロード回数の差について「iアプリ時代はアプリを頻繁に使う人が少なかったが、スマートフォンの普及によりアプリに対する意識が一変し、やっとマーケットができたいう印象が残った」とニュースサイト・アプリゲットとのインタビューの中で述べている[9]。 また、2014年4月26日には800万ダウンロード突破を記念して、小林幸子をイメージキャラクターに据えたテレビCMが、関東関西中京地区で放映された[18]。また、CMのナレーターとしてアナログタロウが起用された[18]

2015年より配信開始された3DS用ソフト『とびだす!にゃんこ大戦争』は、2015年・2016年・2017年の各年の年間ダウンロードランキングでそれぞれ首位を獲得し[45]、2017年5月11日付のニンテンドー3DSのダウンロードソフト累計ランキングにおいても首位を獲得した[46]。ダウンロード数は50万を突破する[47]という、3DSのDL専用ソフトとしては異例のヒット作となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「ニャンコ大戦争」HELP”. ポノス株式会社. 2018年8月12日閲覧。
  2. ^ https://battlecats-db.com/enemy/421.html から引用
  3. ^ https://game8.jp/battlecats/204347 2018年7月22日閲覧
  4. ^ PCブラウザゲーム「みんなで にゃんこ大戦争」がYahoo!モバゲーで配信開始”. 4Gamer.net (2017年8月23日). 2017年10月25日閲覧。
  5. ^ 好評侵略中!『みんなで にゃんこ大戦争』が 3つのゲームプラットフォームにてサービス開始!!”. 4Gamer.net (2017年9月26日). 2017年10月25日閲覧。
  6. ^ 「みんなで にゃんこ大戦争」,ニコニコアプリでサービスを開始”. 4Gamer.net (2017年10月17日). 2017年10月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 丹治正行 (2017年7月21日). “キモカワにゃんこたちがPCブラウザで大暴れ!? 愛くるしい猫たちが出迎えてくれたカフェから「みんなで にゃんこ大戦争」の制作発表会をレポート”. 4Gamer.net. 2017年10月25日閲覧。
  8. ^ battlecats_pcの2018年11月29日20時00分のツイート2018年12月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e 阪森信也 (2013年7月16日). “にゃんこ大戦争開発者インタビュー。 20万DL止まりのiアプリが、スマホにした途端600万DL! クリア後も長く遊べるアップデートを予定!”. アプリゲット. 2017年10月24日閲覧。
  10. ^ にゃんこ大戦争の裏側にあるもの|企業取材記事”. KUAD PRODUCTION. 京都造形芸術大学 (2016年3月31日). 2017年10月24日閲覧。
  11. ^ a b c d 【にゃんこ大戦争攻略ガイド:番外編】『ケリ姫スイーツ』とのコラボステージを攻略してみた”. ファミ通App. エンターブレイン (2013年4月30日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ a b c 【緊急スクープ】大人気アプリ『にゃんこ大戦争』×『ケリ姫スイーツ』奇跡のコラボ再び”. ファミ通App. エンターブレイン (2013年11月5日). 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ a b c 二度あることは……三度あった!『ケリ姫』×『にゃんこ』仲良しコラボふたたび”. ファミ通App. エンターブレイン (2015年1月29日). 2017年12月10日閲覧。
  14. ^ 「にゃんこ大戦争」で「ケリ姫スイーツ」コラボが復刻開催”. 4Gamer.net (2017年5月10日). 2017年12月10日閲覧。
  15. ^ 『にゃんこ大戦争』に新たな動き!自衛隊vs.にゃんこ軍団がガチ対決!?”. ファミ通. エンターブレイン (2013年12月2日). 2017年12月11日閲覧。
  16. ^ a b 『にゃんこ大戦争』がGoogleとコラボ! 限定ステージ”黎明期からの使者”登場
  17. ^ a b c 【拡散性×ドラポ×にゃんこ】『にゃんこ大戦争』夢のコラボが実現 - ファミ通App, 2017年12月25日閲覧
  18. ^ a b c 『にゃんこ大戦争』初のTVCMが放送決定!主役は豪華衣装で話題になるあの人…”. ファミ通App. エンターブレイン (2014年4月25日). 2017年10月24日閲覧。
  19. ^ a b c d e ご当地対決!?『にゃんこ』vs.『メルクストーリア』コラボ開催”. ファミ通App. エンターブレイン (2014年6月17日). 2017年12月14日閲覧。
  20. ^ a b c d 『にゃんこ大戦争』で『メルク』コラボ第2弾開催 限定ステージや『メルク』ガチャを楽しむにゃー”. ファミ通App. エンターブレイン (2015年6月17日). 2017年12月14日閲覧。
  21. ^ a b c 二度あることは三度ある?『にゃんこ大戦争』&『メルクストーリア』仲良しコラボ第3弾開催”. ファミ通App. エンターブレイン (2017年6月27日). 2017年12月24日閲覧。
  22. ^ ノノ (2014年12月8日). “にゃんこ大戦争とドラゴンリーグが両アプリ内でコラボイベントを開催中”. 週刊アスキー. アスキー・メディアワークス. 2017年12月24日閲覧。
  23. ^ 『にゃんこ大戦争』×氣志團コラボ“超激突! 氣志團!!”いよいよ開幕にゃ”. ファミ通App. エンターブレイン. 2017年12月24日閲覧。
  24. ^ a b {PONOS,SELECT BUTTONと業務提携契約を締結。「にゃんこ大戦争」と「生きろ!マンボウ!」でコラボイベントを実施
  25. ^ 「にゃんこ大戦争」×「生きろ!マンボウ!」,コラボイベントを復刻開催 - 4Gamer.net,2017年12月26日閲覧。
  26. ^ 「にゃんこ大戦争」,「消滅都市」コラボイベントがスタート
  27. ^ 『にゃんこ大戦争』で『消滅都市』コラボ第2弾がスタートにゃ! “タクヤとユキ”を第3形態に進化させるチャンス
  28. ^ 「にゃんこ大戦争」,消滅都市2とのコラボイベント第3弾を開催
  29. ^ a b 「にゃんこ大戦争」と映画「極道大戦争」がコラボ。限定ステージなど実施決定
  30. ^ モンハン大狩猟コラボ
  31. ^ 「にゃんこ大戦争」,「METAL SLUG DEFENSE」とのコラボイベントを実施”. 4Gamer.net. 2017年12月19日閲覧。
  32. ^ a b 『にゃんこ大戦争』vs『ゆるドラシル』 関西アプリメーカーの仁義なき戦い勃発!?
  33. ^ a b 『にゃんこ大戦争』で『城ドラ』コラボイベントが始まったにゃー!” (2016年1月14日). 2017年12月19日閲覧。
  34. ^ 『城ドラ』×『にゃんこ大戦争』コラボ復刻開催、限定キャラ“ネコ”がじつは強い
  35. ^ a b 『にゃんこ大戦争』で『にゃんパズル』&“ねば~る君”とのチャリティーコラボ開催
  36. ^ 『にゃんこ大戦争』×『NEOなめこ栽培キット』 期間限定コラボイベント開催決定!
  37. ^ 「にゃんこ大戦争」にY!mobileのふてニャンが参戦
  38. ^ 『にゃんこ大戦争』4周年記念イベントは、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』とのコラボ! 限定キャラや限定ステージが登場”. アニメイトタイムズ (2016年10月17日). 2017年12月2日閲覧。
  39. ^ PPAPのピコ太郎×『にゃんこ大戦争』コラボで「キャットパイナッポーアッポーキャット」!?”. ファミ通. エンターブレイン (2016年12月12日). 2017年12月19日閲覧。
  40. ^ 「にゃんこ大戦争」が累計2600万DLを突破。12月1日には「キャットバスターズ」とのコラボも実施
  41. ^ 「にゃんこ大戦争」で漫画「ナゾウサギ」とのコラボレーションイベントがスタート
  42. ^ a b 「にゃんこ大戦争」,2800万DL記念ログインボーナスや「クラッシュフィーバー」コラボを実施
  43. ^ 「にゃんこ大戦争」,“ぐでたま”とのコラボイベントを実施
  44. ^ a b 劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』×『にゃんこ大戦争』のコラボイベント開催!”. PONOS. 2017年12月29日閲覧。
  45. ^ 今冬、Nintendo Switch『ふたりで!にゃんこ大戦争』が発売決定!”. 任天堂 (2018年7月17日). 2018年7月18日閲覧。
  46. ^ 【3DS DL販売ランキング】『とびだす!にゃんこ大戦争』首位へ、『鋼鉄帝国 STEEL EMPIRE』久々の浮上ほか(5/11)”. iNside (2017年5月12日). 2017年10月25日閲覧。
  47. ^ 「とびだす!にゃんこ大戦争」,50万DL突破記念に20%OFFセールを実施”. 4gamer (2017年5月24日). 2018年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]