ブラックチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラックチャンネル
ジャンル ブラックコメディ、少年漫画
漫画
作者 きさいちさとし
出版社 小学館
掲載誌 ミラコロコミック
月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コロコロコミックス
発表号 ミラコロコミック
Ver.2.0号
月刊コロコロコミック
2020年5月号、9月号(パイロット版)
2020年11月号 -
発表期間 ミラコロコミック
2020年1月17日
月刊コロコロコミック
2020年4月15日、2020年8月12日(パイロット版)
2020年10月15日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画
ブラックチャンネル
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年8月31日 -
登録者数 約8.27万人
総再生回数 約1638万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年12月1日時点。
テンプレートを表示

ブラックチャンネル』は、きさいちさとしによる日本漫画。及び、それをもとにした『月刊コロコロコミック』と株式会社Plottにより共同制作されているYouTubeアニメである[1]

概要[編集]

2020年(令和2年)1月17日に発売された『ミラコロコミック』(小学館)Ver.2.0号で読み切り版での掲載を経た後、『月刊コロコロコミック』(同)で2020年5月号と9月号の掲載、10月号での予告漫画を経て、2020年11月号より正式に連載開始[2]。『ミラコロコミック』では私市敬名義で掲載され、『月刊コロコロコミック』2020年11月号まで[注釈 1]は扉ページではきさいちさとし、目次ページでは私市敬表記になっていたが、同誌2020年12月号からはきさいちさとし表記に統一された。

2020年8月31日より、YouTubeアニメ版の配信を開始した[3]。隔日更新[4]声優については公表されていない。

あらすじ[編集]

悪魔系ヨーチューバーのブラックが自分達の動画を面白くするために他の鬼ヤバなヨーチューバーと企画の契約をし、不思議な力を与え、懲らしめる物語。基本的には1話完結のストーリー。

登場人物[編集]

ブラック
本作の主人公。悪魔系ヨーチューバー(アニメ版では正式に「悪魔系Youtuber」の肩書となる)。一人称は、「オレちゃん」。標的の欲望を叶える企画を発案するも、実際はその先にある人間の負の一面や世界の裏側を曝け出すことを楽しんでいる。さとしの観点によると「人間から悪を吸い取っている」と評している。口癖は「それは鬼ヤバですね~」「契約成立ディール!!」「ディス・イズ・エンターテイメント!」。さとしへの呼び方はアニメ版は「さとしくん」だが、漫画版は「さとくん」と愛称で呼ぶ。
カメラ
頭部がビデオカメラのブラックのアシスタント。「カメラちゃん」と呼ばれている。撮影中はブラックが企画した不思議なことが起こる。
さとし
優中部(ゆうちゅうぶ)小に通う小学生ヨーチョーバー。勉強も運動も苦手な普通の小学5年生。ブラック曰く「よくあるネタをマネするだけ系ヨーチューバー」。漫画版では、ブラックの動画撮影に巻き込まれる災難体質。アニメ版では、私利私欲の為に度々ブラックと契約して酷い目に遭っている。一人称は「俺」だが、目上の人または時々「僕」を使う。
市井(いちい)
漫画のパイロット版で初登場。優中部小で一番人気の女子。裏表が激しく、表向きは優しいが、実際は自分が一番じゃないと気が済まない性格。ブラックにより本性を暴かれた。アニメ版では「ひめちゃん」という名前になっている[5]。また、体がさとしくんと入れ替わったことがある[6]
だいち
学校でいちばんのガキ大将。乱暴者でさとしにプリンをいつも要求しにきたり[7]、ケンカになってしまうことが多い。
つねや
お金持ち。アニメ版でしか登場しない。例え、さとしが透明になっていても、いるのはバレバレになるというお屋敷に住んでいて、一筋縄ではいかない[8]
徳井 勉
さとしくんの学年で、一番勉強ができる天才。アニメ版でしか登場しない。どんなにさとしが勉強をしても、焼け石に水だとからかっている[9]
オダ
ゲーマー小学生。フォントナイトが得意で、さとしを「ザコさと」と見下していたが、アニメ版、漫画版共にブラックに成敗された。
ガリた
さとしの隣のクラスのガキ大将。「おで」、「デブ~」といった口調が特徴で、だいちとは仲がいい。
先生
さとしのクラスの先生。アニメ版と漫画版でそれぞれ異なっている。
鹿江 しんご
漫画版のパイロット版のみ登場。ガキ大将の名倉にいじめられていたが、ブラックに撮影されたことをきっかけに心を入れ替え空手を始めている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『月刊コロコロコミック』2020年5月号、9月号、10月号

出典[編集]

外部リンク[編集]