ドラゴンポーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラゴンポーカー
ジャンル リアルタイム合体カードバトル
対応機種 iOSAndroid
開発元 株式会社アソビズム
運営元 株式会社アソビズム
運営開始日 2013年5月17日(iOS版)
2013年12月18日(Android版)
テンプレートを表示

ドラゴンポーカー』は、アソビズムから配信されているポーカーを題材にしたiOSAndroidゲームアプリ(リアルタイム合体カードバトル)。略称は『ドラポ』。基本プレイ無料でアイテム課金が存在する(F2P)。2013年5月17日iOS版、同年12月18日Android版がリリースされた。

システム[編集]

プレイヤーはほかのプレイヤーとパーティーを組んでダンジョンに入る形でゲームを始める。パーティーメンバーはフレンド同士あるいはGPS機能を使って一定の範囲内にいるプレイヤーとだけでスタートするか、同時に遊んでいる他のプレイヤーと自動的にマッチングするか開始時に選択できる。ボス戦開始時以外のフレンドのパーティーに途中から入ることもできる。もし、途中でパーティーメンバーが抜けた場合は、CPUが代わりに入る。 まれにゲリラモードに突入することがある。

カードにはそれぞれ「火」「水」「森」の3属性が割り振られており、これらの属性は三すくみの関係にある。プレイヤーはダンジョンに入る際、13枚のカードを手札として持っていく。エース以外の12枚はこれらのすべての属性のカードを4枚ずつセットする必要がある。レベル30に達するとデッキのカードに子分をつけることができ、子分のパラメーターに応じて親分のパラメーターも変化する。 レベル150になるとすべての子分装備が開放され、13枚のカードに各3枚の子分をセットできるようになり、ひとつのデッキに使用するカードはトランプのジョーカーを除いた数と同様の52枚になる。 カードにはそれぞれコストが設定されており、手札の総コストを装備コストに収める必要がある。また、子分の装備にもコストの計算が適用される。

戦闘の際は、パーティーメンバー全員が1枚ずつ順番にカードを出し、ポーカーの役が完成した時に攻撃の判定が発生する。たとえば5枚のカードがすべて同じ属性でそろったときはフラッシュが成立し、ハウスフラッシュ等も同様である。ポーカーの役が大きいほど大きなダメージが出せるほか、特殊な条件を満たすことで発動する技も存在する。ノーペア時は何も起こらない。 本作にはシャウトと呼ばれる機能があり、これはボタンを押すとメッセージがゲーム画面に表示されるものである。メッセージは定型文のほかにも、自分で作成することができる。

通常ダンジョンのほかに、PvPコンテンツのコロシアムとデュエルマッチがある。 コロシアムは最大5人で組んだチーム同士で対戦する。デュエルマッチはダンジョン用とは違う仕組みのデッキを作成するが、ルールはポーカーではなくじゃんけんに近い。

外部リンク[編集]