佐倉杏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐倉杏子
齊藤京子日向坂46
野中藍(日本語版)
ローレン・ランダ英語版(英語版)
出身地 日本
性別
年齢 不明[1]
身長 156〜158cm[2]
武器
キャラクターデザイン 蒼樹うめ(原案)、岸田隆宏
テンプレートを表示

佐倉 杏子(さくら きょうこ)は、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』に登場する架空の人物。まどか☆マギカの外伝漫画『魔法少女おりこ☆マギカ』、『魔法少女かずみ☆マギカ 〜The innocent malice〜』、『魔法少女まどか☆マギカ 〜The different story〜』にも登場する。

声優は各作品共通で野中藍(英語版はローレン・ランダ英語版)が担当する。『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の舞台版では齊藤京子けやき坂46(現・日向坂46))が演じる[3]

役柄[編集]

アニメでの主舞台である見滝原市の隣町である風見野市[4]の魔法少女として設定されている。魔法少女としての武器は柄の部分が伸縮・湾曲・分割が自在な多節棍となる。少々荒々しい性格で、口調も男口調。常に何かしらの菓子ジャンクフードを食べており、過去の境遇ゆえに食べ物を粗末にする者には怒りを露にする。虚淵曰く、ジャンクフードを買うための資金は、魔法を使ったATM破壊や、強盗で得ているという。

「他人を助けたい」という信念を有する聖職者の父(声 - 銀河万丈[注 1])の下で育つが、教義に含まれない内容まで信者に説いたために信者や本部から見放された父の姿に心を痛め、「父の話に人々が耳を傾けてくれるように」という願いでキュゥべえと契約を交し、魔法少女になる[5]。しかし、一時は教会に人々が溢れかえるも、それが魔法の効果によるものであることを知った父は酒浸りになった末に錯乱し、杏子を“魔女”と罵るなどした後に杏子のみを残して一家(父・母・妹)もろとも心中してしまった。

魔法少女まどか☆マギカ[編集]

巴マミの死後、見滝原を自分の縄張りにするために現れ、マミとは全く別のタイプの魔法少女として登場する[6]。自分が父のために願ったことが、結果的に家族を破滅させたという後悔から、以後は「魔法は徹頭徹尾、自分のためだけに使う」という信条で行動し[5]、使い魔をわざと放逐して人間を襲わせ、魔女に成長したところを狩る手段もとっており、自分とは相反する信条を持つ美樹さやかと対立する。

自分と同じく「他人のための祈り」から魔法少女になったさやかに強い関心と反発を抱いていたが、両者は根本的には似た者同士でもあり[7]、徐々に助言を与えるなど気にかけるようになる。キュゥべえから魔法少女の真実を知らされてもさやかのような自暴自棄に陥ることはなかったものの、動揺してキュゥべえに詰め寄る一面は見せた[8]。さやかが魔女化した際はさやかを人間に戻す手段がないことを信じられず、魔法少女になった当初同様にハッピーエンドを信じ「人魚の魔女」と化したさやかと戦うが、後ろにいる鹿目まどかを庇いながら戦ったため、得意のスピードを生かすことができず重傷を負い[9]、助けに来た暁美ほむらにまどかを託し、自爆魔法により「人魚の魔女」と共に戦死するという、壮絶な最期を迎えた。

本編以外の時間軸では、鹿目まどか・暁美ほむら・巴マミ・美樹さやか達と魔女退治で共闘する場面が描かれることもある。まどかが「円環の理」と化した後の世界でも、ほむら・マミ・さやかと魔獣退治で共闘している場面がある(ただしこの場面では、さやかは力尽きて「円環の理」へと導かれ消滅している)。

[新編]叛逆の物語[編集]

テレビ版および劇場版[後編]の後の物語である[新編]叛逆の物語では、記憶を捏造された偽りの世界でさやかと同居しており、ナイトメア退治ではさやかと息の合ったコンビを組んでいる。実家のある風見野市のナイトメアを一掃し平和になったため、マミの要請を受け見滝原中学へ転校してきた(と思わされている)。

ある日、ほむらから過去の記憶について質問されるが、あやふやにしか答えられず、記憶の確実性を確かめるため、共に風見野市へ向かおうとする。しかしどうしても辿りつけず、周囲の環境や自分達の記憶が、何者かに捏造されたものであることに気づく。

やがて全ての真相が判明し、いま自分たちがいる世界は偽りの見滝原=ほむらが作り出した魔女の結界であること、さやかは既に「円環の理」に導かれた(この世の者では無い)存在であることを知る。そして、時々見ていた「さやかが死ぬ悪い夢」が真実であり、魔女となったほむらとの戦いが終われば、さやかともう一度別れることとなると悟ったが、さやかから「もう一度逢いたかった」との告白を受け、二人でほむらの使い魔の軍勢と戦った。

のちに、悪魔となったほむらによって世界の再改変が行われた後も、見滝原中学に在学している。

魔法少女おりこ☆マギカ[編集]

外伝漫画のおりこ☆マギカでは、呉キリカに狩られた魔法少女が管轄していた別の街での魔女との戦闘で千歳ゆまと出会い、自身の過去とゆまの家庭の事情を重ね、世話をやくようになる。

結界が貼られた校内で、ゆまやマミとともに暴走した織莉子を倒すために行動する。

魔法少女かずみ☆マギカ[編集]

外伝漫画のかずみ☆マギカでは、和紗ミチルの日記の回想にて後姿のみ登場。この時、飛鳥ユウリとも接触している。

魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜<