ハニートースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハニートーストの食品サンプル。パセラにて

ハニートーストは、トーストの一種で、はちみつトーストハニトーなどと呼ばれることもある。軽食として作られる場合と、デザートとして作られる場合がある。

軽食の場合はあらかじめ薄切り(おおむね1斤を6枚以上)にした食パンバター(またはマーガリン)と蜂蜜を載せる。作り方もシンプルで、短時間で作ることができる。

ハニートーストは札幌のとあるカラオケボックスが考案したメニューとの説もあるが、あまり知られてはいない。

一方デザートとしての作り方は概ね次の通りである。蜂蜜の代わりにメープルシロップを使ったり、トッピングを変更したりすることで多彩なバリエーションがある。

  1. スライスしていない食パンを6面のうち5面に耳が付いたままの状態(一般的には1斤の食パンを2等分し立方体状)にする。
  2. 食パンの中をくり抜き切れ目を入れ、元のパンの中に戻す。くり抜かずに食パンの途中まで切れ目を入れるだけのこともある。
  3. バターを載せて焼く。食感を増すため2回ほど繰り返すこともある。
  4. 蜂蜜を上からかける。
  5. アイスクリームチョコレート・ソースなどを添える。

1980年代中期以降に全国展開していたマハラジャやキング&クイーンなどバブル景気の高級ディスコのVIPルームにて、軽食のハニートーストをより豪華にしたものが出されていたのが始まりとされる。1990年代以降、カラオケ店ファミリーレストランなどのメニューとして定着した。

尚、レストラン「にんにくや」でも定着しているが、マハラジャの系列店だった名残からである。

ちなみに呼び方の一つである「ハニトー」はカラオケパセラを運営する株式会社ニュートンの登録商標である[1]。2017年にはパセラは派生として、蜂蜜やアイスクリームなどの代わりにチーズフォンデュやカレーなどをトッピングした「グルトー(グルメトースト)」を発売している。

注釈[編集]

  1. ^ 商標出願・登録情報検索”. 特許電子図書館。「ハニトー」で検索した結果を参照. 2012年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]