I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜(アイブ イン ブドウカン トゥーサウザンドファイブ オープン・ザ・バース・ゲート)は、音楽制作集団I'veが開催した一日限りのファーストライブ。また2009年には『I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜』というタイトルで2度目の武道館ライブも行われた。

I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜[編集]

開催情報[編集]

概要[編集]

これまで顔出しやメディアへの露出をあまりしていなかったI'veの初のライブ。ライブのキャッチコピーは「見る人に情熱を・・・ 聴く人に衝撃を・・・ 唄う人に道標を・・・ 全ての人に感動を・・・」。一部店舗にてライブのチケット先行販売をし、そのチケットには特典としてI've Special Unitが歌うこのライブのテーマソング「Fair Heaven」のシングルが付いてきた。特典CD付きチケットを求める為に取扱い店舗には長蛇の列ができ、ある店舗に一番先頭に並んだ人はチケット販売3日前から並んでたといわれている。

ゲストとしてLia彩菜佐藤裕美が登場した。このライブを開催した当時はKOTOKO川田まみ島みやえい子の3人はすでにメジャーデビューをしていたが、他のメンバーがメジャーデビューをしていなかったため曲目は全てインディーズで発売・発表した楽曲のみになった。I'veクリエーター陣を紹介するときに声優のレニー・ハートが呼び出しをしている。KOTOKOの歌った「Wing my Way」は日本で初めて歌った楽曲である。

2006年6月23日に本ライブの映像を収録したDVDが発売された。しかし本作については品質に関してクレームが相次いだため、同年11月10日に新しく「I'VE in BUDOKAN 2005 〜COMPLETE EDIT〜」として修正版の販売を行い、修正前の作品との交換が行われた。

2008年12月19日に「I'VE in BUDOKAN 2005 〜COMPLETE EDIT〜」が低価格で「I'VE in BUDOKAN 2005 〜COMPLETE EDIT〜 STANDARD Version」として再発売された。

出演者[編集]

ボーカリスト

コンポーザー

ゲスト

セットリスト[編集]

  1. introduction
  2. 砂漠の雪/MELL
  3. FLY TO THE TOP/MELL
  4. 美しく生きたい/MELL
  5. Belvedia/SHIHO
  6. Ever stay snow/SHIHO
  7. birthday eve/SHIHO
  8. 僕らが見守る未来/詩月カオリ
  9. Senecio/詩月カオリ
  10. Do you know the magic?/詩月カオリ
  11. verge(Mixed up ver.)/彩菜
  12. Last regrets/彩菜
  13. SHIFT 〜世代の向こう〜/Lia
  14. 鳥の詩/Lia
  15. IMMORAL/川田まみ
  16. 明日への涙/川田まみ
  17. eclipse/川田まみ
  18. Velocity of sound/MOMO
  19. DROWNING/MOMO
  20. philosophy/MOMO
  21. 砂の城 -The Castle of Sand-/島みやえい子
  22. Around the mind/島みやえい子
  23. Automaton/島みやえい子
  24. FUCK ME/I've Special Unit For Creator
  25. Collective/KOTOKO
  26. 涙の誓い/KOTOKO
  27. Second Flight/KOTOKO & 佐藤裕美
  28. Close to me...(Mixed up ver.)/怜奈
  29. Change my Style 〜あなた好みの私に〜/KOTOKO
  30. Wing my Way/KOTOKO
  31. See You 〜小さな永遠〜(P.V. ver)/I've Special Unit
  32. Fair Heaven/I've Special Unit

ラジオ[編集]

  • 「ライブ特設サイト」にてネットラジオ「I've Talk Jam」をオンエアしていた。メインパーソナリティにSHIHOを起用し、ライブに出演するアーティスト達を呼んでライブの意気込みなどを聞いていくラジオがあった。

I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜[編集]

開催情報[編集]

概要[編集]

2009年I've設立10周年お祝いイベントとして開催された。前回と違い出演者は全てメジャーデビューをしており、ジェネオンエンタテインメントの協力によってジェネオンエンタテインメントから発表された楽曲も披露された。

ゲストとして、事前に発表されていたブルーマングループに加え、IKUエリック・ムーケマーティ・フリードマンらが参加した。

I'veのコンポーザー“C.G mix”はボーカリストとして参加。

2009年1月1日にはライブの前夜祭イベント『I've 10th Anniversary Museum in TOKYO FM HALL』も開催された。

出演者[編集]

ボーカリスト

ゲスト

コンポーザー

セットリスト[編集]

  1. PSI-missing川田まみ
  2. radiance/川田まみ
  3. 風と君を抱いて/川田まみ
  4. RIDE -The Front Line Covers ver.-/川田まみ
  5. JOINT/川田まみ
  6. 緋色の空/川田まみ
  7. Get my way!/川田まみ
  8. ULYSSES島みやえい子
  9. DROWNING -The Front Line Covers ver.-/島みやえい子
  10. To lose in amber/島みやえい子
  11. 雨に歌う譚詩曲/Healing Leaf
  12. 秋風に君を想ふ/Healing Leaf
  13. Rimless〜フチナシノセカイ〜IKU
  14. 木の芽風/IKU
  15. WHEEL OF FORTUNE (運命の輪)/島みやえい子
  16. 銀河の子/島みやえい子
  17. Shining stars bless☆詩月カオリ
  18. Chasse/詩月カオリ
  19. Senecio/詩月カオリ
  20. SWAY/詩月カオリ
  21. Change of heart/詩月カオリ
  22. Do you know the magic?/詩月カオリ
  23. リアル鬼ごっこKOTOKO
  24. /KOTOKO
  25. Close to me・・・/KOTOKO
  26. 季節の雫 -The Front Line Covers ver.-/KOTOKO
  27. きれいな旋律/KOTOKO with マーティ・フリードマン
  28. U make 愛 dream/KOTOKO
  29. Re-sublimity/KOTOKO
  30. ハヤテのごとく!/KOTOKO
  31. under the darkness/C.G mix
  32. version up/C.G mix
  33. ミオクルカラ/C.G mix
  34. True eyes/C.G mix
  35. DETECT/C.G mix
  36. Welcome to HEAVEN!/C.G mix
  37. Crash Course 〜恋の特別レッスン〜/KOTOKO to 詩月カオリ
  38. 恋愛CHU!/KOTOKO to 詩月カオリ
  39. SAVE YOUR HEART -Album mix-/KOTOKO to 詩月カオリ
  40. Double Harmonize Shock!!/KOTOKO to 詩月カオリ
  41. KILLMELL
  42. SCOPE/MELL
  43. さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜/MELL
  44. repeat -Deep Forest Remix.-/MELL with エリック・ムーケ
  45. Bizarrerie Cage/MELL
  46. Red fraction/MELL
  47. 美しく生きたい/MELL
  48. HYDIAN WAY/Love Planet Five with ブルーマングループ
  49. See You 〜小さな永遠〜/Love Planet Five
  50. 天壌を翔る者たち/Love Planet Five
  51. Fair Heaven/Love Planet Five

前夜祭イベント[編集]

開催情報[編集]

概要[編集]

ボーカリストたちの写真やライブで使用した衣装などの展示が行われた。館内ではライブ映像やプロモーションビデオの他のボーカリストたちからのスペシャルメッセージビデオの上映も行われた。当初は日本武道館前の特設テントで行われる予定だったが、武道館前は翌日行われるライブイベントで使用される機材やお客様入場列などがあり、混雑暖和と訪れる人たちへの安全管理のためTOKYO FM HALLに場所を移した。

出演者[編集]

I've Talk Jam[編集]

大手動画共有サイト「YouTube」にてライブに関する情報や意気込みなどをボーカリストやコンポーザーたちがお喋りをする映像が公開された。第一回は川田まみ島みやえい子、第二回はKOTOKO詩月カオリ、第三回はMELLC.G mixがメインで色々なトークが繰り広げられた。

外部リンク[編集]