ランブルローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ランブルローズ』(RUMBLE ROSES)は、ユークス製作、コナミデジタルエンタテインメントが発売した「セクシー女子プロレスゲーム」。ゲーム機のポリゴン機能を駆使して描写されるセクシーな女子プロレスラーたちが架空の女子プロレス団体「ランブルローズ」のリングで戦いを繰り広げる作品である。略称『RR[1]

ゲームに登場するキャラクターの多くがセクシーなコスチュームに身を包み独特の「フェティシズム」を醸し出しており「泥レス」マッチのプレイも可能。日本市場で10万本以上を売り上げる人気作品となった。キャラクターデザインは寿志郎

シリーズ[編集]

ランブルローズ[編集]

ランブルローズ
ジャンル セクシー女子プロレス
対応機種 PlayStation 2
開発元 ユークス
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1 - 2人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗 2005年2月17日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
デバイス デュアルショック対応
テンプレートを表示

登場するプロレスラーはボスキャラクター1人を含めて11人だが、それぞれ善玉であるベビーフェイスと悪玉であるヒールの2つのキャラクターが用意されており、さらにレスラーではない隠しキャラクターが1人いるので実質的には23人。キャラクター1体に1万ポリゴンが費やされている。

リング上の闘いは単純な打撃かグラップ(掴み)かという2択が採用されており、技をかけることによってゲージを上昇させていき、ワンボタンで必殺技を使えるという簡単なシステムとなっている。必殺技にはゲージがあれば常に使える「キラームーブ」、「コーナーポストにあがる」、「相手の背後に回る」などの条件が必要となるリーサルムーブ、恥ずかしい技をかけていき、HゲージがMax状態になったときのみ使えるHムーブの3種類が用意されており、技の威力はHムーブ>リーサルムーブ>キラームーブとなる。

最初はそれぞれのキャラクターのデフォルト側しか選択できないが、ストーリーモードをクリアすることでギミックチェンジが行えるようになり、そのキャラクターの裏キャラクターを使用できるようになる。また、裏キャラクターにも簡単なストーリーが用意されている。

そのほかのモードには純粋に1試合だけを行えるエキシビジョンモードが存在し、通常のリング、および泥プールで試合ができる。このモードにおいて「Rose of Roses」というタイトルを獲得したキャラクターは控え室に入ることができる(タイトルを防衛するとキャラクターをビーチに連れて行くこともできる)。控え室(ビーチ)ではキャラクターがストレッチやブリッジをしているさまが見られるほか、キャラクターへのインタビューなどを聞くこともできる。

登場キャラクター[編集]

カッコ内が裏のキャラクター。

日ノ本零子(麗琥)
声 - 日高のり子
日本人。身長170cm、体重52kg[2]。3サイズはB86-W66-H85[3]。「ランブルローズ」伝説のレスラーであるカミカゼローズの娘。アルバイトレースクイーンをやっているが、その本性は熱血スポコン娘[4]。入場時のポージングはレースクイーン時代に磨いたものだとか。必殺技はサンライズ・スープレックスとエンジェルダイブ。「ランブルローズ」で生死不明になっている母、そしてその母を捜しに行って行方不明となっている姉の日ノ本富士子を探している。コスチュームが微妙にキツめなのは、「ランブルローズ」の悪徳オーナー(もしくはプロデューサー内田明里)の陰謀であるという。
裏キャラクターのモチーフはレディース暴走族
イーブルローズ(ノーブルローズ)
声 - 斎賀みつき
国籍と年齢など一切不明のマスクウーマン。身長179cm、体重68kg[5]。「ランブルローズ」におけるタイトル、ローズオブローゼズの保有者で最強のヒールレスラー。あまりの凶暴さのために試合以外は地下室に鎖で監禁されている。尻尾は勝手に動くらしい。なぜか零子がピンチに陥ると救出に駆けつける。
真の正体は零子の実姉「日ノ本富士子」で、母を探すために「ランブルローズ」に参戦したものの、ドクターアナスタシアに捕らわれてしまい、イーブルローズへと洗脳・改造されてしまった。零子のピンチに駆けつけるのは、妹を思う意志が残っているためである。
裏キャラクターのモチーフは『キューティーハニー』らしい。
デキシー・クレメッツ(クレメッツ警部)
声 - 甲斐田裕子
アメリカ人。身長180cm、体重65kg。3サイズはB92-W72-H90。街の保安官も務めるカウガールで、暴れ牛もなぎ倒す怪力が自慢。コスチュームはホルスタインをモチーフとしており、巨乳を強調。カミカゼローズの熱狂的ファンで、その娘が参戦したという話を聞いて、「ランブルローズ」に参戦。
裏キャラクターのモチーフは悪徳警察官。
アイーシャ(シスターA)
声 - 木内レイコ
身長180cm、体重63kg。3サイズはB92-W73-H89。デキシーの高校時代からの同級生。その頃からデキシーに勝てない自分を許せずにいた。現在は世界的な歌手として活躍しているが、デキシーが「ランブルローズ」に参戦したことを聞きつけ、ワールドツアーをキャンセルして参戦。
裏キャラクターのモチーフは場末のダンサー。
アナスタシア(ドクター・アナスタシア)
声 - 折笠愛
身長175cm、体重50kg。3サイズはB90-W63-H88。レディXの秘書看護婦を名乗る正体不明の女。コスチュームも看護婦白衣のアレンジとなっている。参加選手に妖しく忍び寄り、言葉巧みに裏へ引き込もうとする。
本作の黒幕的存在だが、他のキャラクターとの因縁は意外に少なく、ストーリーモードで直接対戦するキャラはイーブルローズと紅影くらい。
裏キャラクターのモチーフは女医。
紅影(夜叉)
声 - 佐々木亜紀
身長168cm、体重47kg。3サイズはB85-W66-H83。 日本の内閣情報局が秘密裏に組織する忍者部隊乙組のくのいち。密命を受け、「ランブルローズ」の真の目的を探るべく参戦を果たす……ということになっているが、どう見ても忍者とバレバレで少しも忍んでいない。シースルーの網タイツレオタードに身を包み、入場時には巨大なガマガエル「飛天丸」に乗って登場。ちなみに、飛天丸はメスらしい。
裏キャラクターのモチーフは抜け忍。
アイグル(グレート・カーン)
声 - 猪口有佳
モンゴル人。身長166cm、体重54kg。3サイズはB83-W66-H83。父と兄がモンゴル相撲横綱という格闘一家の娘で、小さな身体に強大なパワーを秘める。家族に「戦士」として認めてもらうため「ランブルローズ」に参戦。
裏キャラクターのモチーフは京劇女優。
藍原誠(ザ・ブラック・ベルト・デーモン)
声 - 堀江由衣
日本人。身長165cm、体重52kg。3サイズはB82-W66-H81。オリンピック女子柔道48kg級の金メダリスト。女子柔道界では敵なしだが、幼い頃に唯一投げ飛ばされたことのあるアイグルが「ランブルローズ」に参戦すると聞き、プロレスに転向する。柔道着をアレンジしたコスチュームで、胸元が大きく開きブラジャーが見えているのだが、本人いわく「見せブラ」らしい。短パンに書いてある「FC甘栗」はスポンサー名とのこと。
裏キャラクターも柔道選手だが、かなり野性味が増したスタイル。
キャンディ・ケイン(ベッキー)
声 - 生天目仁美
カナダ人。身長173cm、体重54kg。3サイズはB92-W63-H89。本名はレベッカ・ウェルシュ。ハイスクールの不良娘でロックバンドのボーカリスト。手癖と口は悪いが心根は純粋で、自分を育ててくれた施設が経営難と聞き、一攫千金のために「ランブルローズ」に参戦。
裏キャラクターのモチーフは健全なチアガール
スペンサー先生(ミストレス)
声 - 雪野五月
カナダ人。身長176cm、体重47kg。3サイズはB94-W66-H91。ハイスクールの歴史教師。生真面目な性格で、受け持ちクラスの学級崩壊に悩んでいたが、クラス一の問題児であるレベッカ(キャンディ)の不登校の理由が「ランブルローズ」参戦と知り、教え子を教室に連れ戻すために自らも参戦する。
大学でレスリング部の主将をしていた「昔取った杵柄」で戦うが、なぜか使う技は派手なショープロレスのもの。
裏キャラクターのモチーフはSMの女王様
セバスチャン
隠しキャラクター。元々はミストレススペンサーの入場シーンで、彼女の人間椅子として登場する中年男性のピエロだったが、北米版よりも後に発売された日本語版においてプレイヤーキャラクターに昇格した。「ランブルローズ」の元警備員で、見よう見まねで覚えた技で戦う。裏キャラクターは存在しない。プレイヤーキャラクターでは、唯一の男性。
レディーX(レディーXサブシスタンス)
いわゆるラスボス(ただし、ストーリー上あまり意味なく強引に登場することも多い)。かつてのチャンピオンであるカミカゼローズの遺伝子を利用した軍事用ヒューマノイドロボット。すべてのキャラクターでストーリーモードをクリアーすると、プレイヤーキャラクターとしても使用できる(ストーリーモードはない)。

ランブルローズXX[編集]

ランブルローズXX
ジャンル セクシー女子プロレス
対応機種 Xbox 360
開発元 ユークス
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1 - 16人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗 2006年3月30日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
売上本数 29,187本[6]
その他 Xbox Live対応
テンプレートを表示

新世代ゲーム機であるXbox 360の性能を活かしてキャラクターは5万ポリゴンとなり、より美しい画面となった。また、前作ではできなかったタッグマッチを実現させている。Xbox Liveによるオンライン対戦やコスチュームのダウンロード販売などにも対応。コナミのXbox 360参入第一弾ソフトとなっている。

基本的なシステムは前作と同様だが、キャラクター独自のコスチュームに加え、共通で使用できる水着や制服やメイド服、あるいは体操着といったコスチュームが20着以上用意されている。これらのコスチュームなどはファイトマネーで購入するシステムとなっている。

さらにキャラクターの筋肉量や、胸、尻の大きさなどをカスタマイズすることもできるようになり、カスタマイズの結果によってキャラクターのスピードや耐久力、果ては必殺技までが変更されるというシステムが採用されている。

ただし、肝心のストーリーモードがなく、また何をするにもファイトマネーが必要で、延々と稼ぐ「作業プレイ」が必要とされるなど、ゲームシステムとしては問題も多い。

スーパースターシステム[編集]

前作では同一キャラクターのギミックチェンジによってヒール・ベビーフェイスの2つの人格を切り替えるというシステムを採用していたが、本作ではさらに一歩進んだシステムを取り入れ、試合の結果で人気が上がるとベビーフェイス、ヒールそれぞれで「スーパースター」になることができる。スーパースターモードではコスチュームも一新され、キャラクターのギミック自体も変化するので、それぞれのキャラクターが4つのスタイルを持つことになる。

タッグマッチ[編集]

前作では純粋にマシンパワーの問題で実現できなかったため、新世代機であるXbox 360でフィーチャーされた新機能。相性システムを導入しており、誤爆などで相性が悪くなるとタッチを拒否されるなどする。また、相性がいいとフォールされた際に自動的にカットに入ってくれる、ダブルキラームーブ(ダブルエックス)と呼ばれるツープラトンの必殺技が出せるといった利点がある。

なお、リングに最大で4人までのキャラクターを登場させることができるので、タッグマッチだけではなくバトルロイヤルやハンディキャップマッチもできるようになっている。

登場キャラクター[編集]

スーパースターシステムを除くと、基本的なプレイヤーキャラクターは前作と同じ。以下のキャラクターが追加されている。

音音(
なぜか参戦してきたパンダ
ラムダ
声 - 田村ゆかり
ランブルローズダブルエックスでエディット用に用意されたキャラクター。コスチュームはもちろん、髪型から肌の色、メイクまでエディット可能(λはギリシア文字で11番目の文字)。
なおラムダは30体作成することができるが、ファイトマネーで購入するコスチュームは各個体で個別となっており共有はできない。

漫画[編集]

『電撃「マ)王』版[編集]

電撃「マ)王』で増刊号~2007年4月号まで連載された。作者はカスカベアキラ。登場キャラクターはゲーム版と同じだが、ゲーム版には登場しないキャラクターが登場する。

登場キャラクター[編集]

黒澤剋美(くろさわ かつみ)
漫画版オリジナルキャラクター。麗子の大学の女子レスリング部主将。
母の死と姉の失踪のショックでリングを降りていた麗子の才能を惜しんで説得、リングに呼び戻すが、実際に呼び戻して見たその強さに嫉妬の念を抱いてしまう。
そこに「ある女」に声をかけられ、「人が変わったような」残虐なヒールと化してランブルローズ日本予選に参加、麗子との決勝戦に臨む。

携帯電話版[編集]

コナミデジタルエンタテインメント携帯電話向け有料サイト「コナミネットDX」内のデジタル雑誌『週刊コナミ(現・週刊コナミプチ)』内にて、2006年8月25日iモードYahoo!ケータイ)、9月22日EZweb)から2008年1月25日まで、このゲームを原作としたデジタル漫画『ランブルローズ -FINAL☆HEAT-ファイナル☆ヒート)』が連載されていた。作者はハヅキリョウ。日ノ本零子に憧れる女の子・望月カナを主人公としたオリジナルストーリーとなっているが、スペンサー先生やキャンディ・ケイン、アナスタシアなども登場していた。

また、同じく『週刊コナミプチ』で2007年12月28日より『ランブルローズ -Burning Spirit-バーニング・スピリット)』も連載されている。作者は久間月慧太郎。蘭を主役に、謎の覆面集団ブラックパンサーズとランブルローズとの戦いを描く。

また、これらの漫画のバックナンバーや『ランブルローズ』の読み切り漫画が、同社が提供する別の有料サイト『週刊コナミ(旧・デジタルコミックス)』にてまとめて配信されている。

パチスロ[編集]

コナミグループのKPEから発売。

  • ランブルローズ(2006年)
  • ランブルローズXX(2008年)
  • ランブルローズ3D(2012年)

余談[編集]

同じく女性キャラ人気の高い格闘ゲームであるテクモの『デッド オア アライブ シリーズ』を意識しているらしく、『デッド オア アライブ アルティメット』の発売日に主要なゲーム売り場で体験台を設置するといったこともあった。また、『デッド オア アライブ4』のキャッチコピーが「世界でいちばん美しい」と付くと、『ランブルローズXX』では「美しいだけじゃ、相手にならない。」と対比したような宣伝も見られた。

関連項目[編集]

メタルギアソリッド
3作目の完全版『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』のオンラインモードにて、本作の主人公「日ノ本零子」及びヒール版の「麗琥」を使用できる。得意技のサンライズ・スープレックスも使用可能。
なお、レディーXサブスタンス、サブシスタンスなどの名称も『メタルギアソリッドシリーズ』が元ネタである(サブスタンスは『2』、サブシスタンスは『3』の完全版)。
BEMANIシリーズ
Dance Dance Revolution
『DDR 5th MIX』収録曲「Look To The Sky」のリミックスが本作のBGM(日ノ本零子のテーマ)として採用され、下記の「ランブルメドレー」にも収録されている。
なお、この曲は『DDR』内で複数の別アレンジが存在する他、他機種へも『beatmania IIDX 13 DistorteD』にアレンジ版「Look To The Sky (cyber True Color)」として収録されている。
beatmania III
『beatmania III』収録曲「Keep On Liftin'」がそのまま本作のBGM(アナスタシアのテーマ)として採用されている。なお、この曲は『DDR SuperNOVA』にも収録されている。
pop'n music
『pop'n music 13 カーニバル』において本作のBGMをメドレーにした「ランブルメドレー」が収録。曲目は「Look To The Sky(日ノ本零子)」、「The Bitter Road(ザ・ブラック・ベルト・デーモン)」、「紅影-Crimson Shadow-(紅影)」の順。
さらに、本曲の担当キャラクターとして「日ノ本零子」が登場し、プレイヤーキャラクターとしても使用できる[7]。ヒールである麗琥はキャラクターポップ君の2P色(上段)として登場。
エキサイティングプロレス
製作元ユークス製作のプロレスゲーム。操作方法、システムが共通している。
ラブプラス
『ラブプラス+』に収録されている『燃えろ!対戦ぱずるだま』にデキシー・クレメッツが登場するほか、『ラブプラス アーケード カラフル Clip』に日ノ本零子、キャンディ・ケイン、スペンサー先生が本作で着用している衣装がコスチュームとして登録されている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ランブルローズXX公式サイト・イービルローズ
  2. ^ ランブルローズXX公式サイト・日ノ本零子
  3. ^ ランブルローズXX公式サイト・日ノ本零子
  4. ^ ランブルローズXX公式サイト・日ノ本零子
  5. ^ ランブルローズXX公式サイト・イービルローズ
  6. ^ 『ファミ通ゲーム白書2007』 エンターブレイン2007年、401頁。ISBN 978-4-7577-3577-4
  7. ^ ランブルローズポータルサイト・「ポップンミュージック13カーニバル」に零子参戦!

外部リンク[編集]