Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dr.スランプ アラレちゃん > Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ
Dr.スランプ アラレちゃん
んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ
監督 貝澤幸男
脚本 松井亜弥
製作 今田智憲
安齊富夫
出演者 内海賢二
小山茉美
鉄砲塚葉子
川浪葉子
松井摩味
音楽 菊池俊輔
撮影 福田岳史
製作会社 集英社
東映動画
配給 東映
公開 1993年3月6日
上映時間 40分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 13億7000万円[1]
前作 Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス
次作 Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて
テンプレートを表示

Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ』(ドクタースランプアラレちゃんんちゃペンギンむらはハレのちはれ)は、1993年3月6日の「東映アニメフェア」で『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』と同時上映された短編アニメーション映画。テレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』の劇場版作品第6作。

概要[編集]

内海賢二小山茉美以外の声優が一新された。新キャストでの初の映画。監督は貝澤幸男で、キャラクターデザインは前田実直井正博である。テレビアニメ、劇場版と関わってきた前田実は本作で降板し、次作から直井正博のみとなる。

ストーリーは、ジャンプ・コミックス1巻収録の「アラレ誕生」とジャンプ・コミックス4巻収録の「ペンギン村SOS」を再編集したもので、「80年代編」最後の映画である。次作から「帰って来た編」となる[2]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ここではゲストキャラクターを挙げる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:今田智憲、安齊富夫
  • 企画:森下孝三関弘美週刊少年ジャンプ
  • 脚本:松井亜弥
  • 音楽:菊池俊輔
  • 撮影監督:福田岳志
  • 編集:花井正明
  • 録音:池上信照
  • 美術監督:坂本信人
  • キャラクターデザイン:前田実直井正博
  • 作画監督:直井正博
  • 製作担当:清水慎治
  • 監督:貝澤幸男
  • 原画:星川信芳、森利夫、横山健次、高橋英吉、堀川留子、入好さとる海老沢幸男川村敏江岩根雅明、松本朋之、竹内進二、近藤優次
  • 動画チェッカー:山田真紀、吉田政保
  • 色指定:浅井聡子
  • セログラフ:鳥本佐智子
  • 検査:五木田幸子
  • 特殊効果:中島正之
  • 背景:ビックスタジオ
  • 仕上:ピーコック
  • 撮影:三晃プロダクション
  • 効果:伊藤道広
  • 選曲:宮下滋
  • 録音助手:加藤剛
  • ネガ編集:堀越始子
  • 演出助手:池田洋子
  • 美術進行:北山礼子
  • 仕上進行:萩野光雄
  • 記録:原芳子
  • 製作進行:坂本健一
  • 助監督:中村哲治
  • 録音スタジオ:タバック
  • 現像:東映化学
  • 宣伝協力:フジテレビ
  • アニメーション制作:東映動画
  • 製作:集英社東映

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「ワイワイワールド
作詞 - 河岸亜砂 / 作曲 - 菊池俊輔 / 編曲 - 米光亮 / 歌 - 水森亜土
エンディングテーマ - 「めちゃんこROCK'N ROLL
作詞 - 大倉正丈、泉鬼角 / 作曲 - 大倉正丈 / 編曲 - 米光亮 / 歌 - ベター・ハーフ

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS
1993年10月8日発売。
  • DVD
    • Dr.スランプ劇場版DVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES
      2008年9月21日発売。

関連書籍[編集]

  • Dr.スランプアラレちゃん―んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ」
著者は週刊少年ジャンプ編集部。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]