田中久志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 久志(たなか ひさし、1959年4月 - )は、日本漫画家大垣女子短期大学デザイン美術学科教授[1]。旧名・ひすゎし

来歴[編集]

鳥山明の初代アシスタントを務めたことで知られる。アシスタントになったのは『Dr.スランプ』の連載開始直後で、愛知で執筆活動をしていた鳥山のアシスタント募集の広告を見て、同じ愛知在住の田中が応募したのがきっかけだった。鳥山について「端的に言えば、鳥山さんはいい人‥‥。そのひと言で終わってしまうぐらい。アシスタントをしていても、親戚のお兄ちゃんのところで手伝っているみたいな感じでした」と語っている[2]

アシスタント時代に『乱町ちるど連』で第13回(1980年度下期)赤塚賞準入選を受賞。『週刊少年ジャンプ』、『フレッシュジャンプ』、『スーパージャンプ』などで連載した。

『宅配便のひみつ』(2001年)など、まんがでよくわかるシリーズ学研)の執筆を行っている。

大垣女子短期大学デザイン美術学科の学科長・教授を務めている[3]。また、2011年8月から小学生向けの週刊新聞「中日こどもウイークリー」で歴史漫画『カコ&ミライ歴史トラベル』を連載している[4]

代表作[編集]

活動[編集]

日本著作権センター発行の子供向けの著作権学習教材(シナリオ:菅原圭一)。
  • 一宮市「一宮モーニング」キャラクターデザイン[5]
  • 大垣市制100周年シンボルマーク選考委員[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]