田中尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 尚(たなか ひさし、嘉永4年(1851年) - 大正6年(1917年))は、日本教育者

経歴[編集]

因幡国邑美郡吉方村(現在の鳥取県鳥取市吉方温泉)に田中四郎左衛門の長男として生まれた。

明治7年(1874年東京師範学校(現在の筑波大学)卒業後、明治9年(1876年県公立師範学校(現在の鳥取大学地域学部)校長に就任。明治14年(1881年)退職。3年後再び鳥取師範学校に勤務し明治40年(1907年)退職。県教育界のために尽くした。

明治45年(1912年)3月、国幣中社宇倍神社宮司になった。

参考文献[編集]

  • 『鳥取県大百科事典』 1984年 556頁

関連[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]