尾形英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾形 英夫(おがた ひでお、1933年2月20日 - 2007年1月25日)は、TMF代表取締役社長、元徳間書店常務取締役、「アニメージュ」初代編集長宮城県気仙沼市出身。

来歴[編集]

気仙沼市松岩出身。宮城県気仙沼高等学校明治大学卒業。

1961年に徳間書店入社後「アサヒ芸能」編集長などを経て、日本初のアニメ専門雑誌「アニメージュ」を創刊し初代編集長。誌名の由来は「animation」と「image」をミックスさせ、「アニメージュ Animage」とした。

アニメーターに目を掛け、漫画家として発掘するという手法を実践し特集号を多く組み、部数増加に成功。宮崎駿風の谷のナウシカ』をアニメージュ(1982-94年)で連載させ、1984年春公開の劇場版アニメ『ナウシカ』や、1986年夏公開の『天空の城ラピュタ』でプロデューサーをつとめる。安彦良和原作・監督『アリオン』も1986年春に劇場アニメ化に際し、製作担当で多く特集号を出した。

『ナウシカ』は連載開始前、当時宮崎駿が『名探偵ホームズ』の仕事で、多忙を極めていたため、企画断念を進言されたが「月に3ページだけでもかまわない」と連載にこぎつけた。のちスタジオジブリの設立に携わり、数々のジブリ作品のプロデュースを手がけ、その発展に貢献した。

スーパー戦隊シリーズの名付け親も尾形本人である。

胃癌により、2007年1月25日に逝去。73歳没。

職歴[編集]

プロデュース作品[編集]

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

  • 魔獣戦線(企画)
  • 亜人戦士(企画)
  • 毎日が日曜日(企画)

1991年

1992年

1993年

  • ちょっとだけよ ランジェリーコンペ大作戦(企画)
  • 銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲(企画)
  • 海がきこえる(企画)

1994年

著書[編集]

関連人物[編集]