手塚しげお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てづか しげお
手塚 しげお
本名 手塚 茂夫
生年月日 (1942-01-27) 1942年1月27日
没年月日 (2004-02-04) 2004年2月4日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本 山梨県
死没地 日本の旗 日本 大阪府高槻市
身長 167 cm[1]
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 - 2004年
活動内容 1958年:デビュー
1962年スリー・ファンキーズ
1966年:ソロデビュー
主な作品
テレビドラマ
『矢車剣之助』
忍者部隊月光
ワイルド7
ウルトラマンレオ
映画
怒りの孤島
『愛の鐘』
独立愚連隊
『あなたの命』

手塚 しげお(てづか しげお、1942年1月27日[1][2][3] - 2004年2月4日[4])は、日本歌手俳優。本名および旧芸名、手塚 茂夫(読み同じ)[5]

山梨県出身[1][2][3]國學院高等学校卒業[2][3]。晩年は大阪に拠点を移し、同地の芸能プロであるMC企画に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

高校に通いながら児童劇団こけし座に所属[2]ラジオドラマ『ママの日記』に出演中の1958年久松静児監督にスカウトされ、日映『怒りの孤島』において主演の七人の少年の一人として本名で映画デビュー[2]。次いで東宝系の映画に出演を始め、久松監督の『愛の鐘』の後、岡本喜八監督『ある日わたしは』で星由里子の弟、『独立愚連隊』に少年兵の役で出演[2]。翌1959年5月よりNTV系列にて放送された少年時代劇『矢車剣之助』では主役に抜擢されて人気を集めた[2]

1960年に高校を卒業し、1962年には名前を平仮名にしてアイドル・グループ「スリーファンキーズ」の一員となる[2]。テレビのショー番組などで活躍した後、1966年にソロ・シンガーとしてクラウンレコードに入社するが、ヒット曲に恵まれず、俳優として主にテレビドラマを中心に活動した[5]

テレビでは『ワイルド7』『太陽にほえろ!』『ウルトラマンレオ』などに出演し、中でも『太陽~』第111話での松田優作演じるジーパン刑事を射殺した犯人・会田役が知られている[6]。『~レオ』で共演した藍とも子によれば、撮影の待ち時間に『太陽~』の出演シーンの再現ドラマを演じて現場を和ませてくれたと述懐している[6]。また『~レオ』当時には川崎市で飲食店を経営しており、撮影が早く終わった時などに森次晃嗣ら共演者がよく訪れていたという[7]

俳優業の傍ら、ホテルの結婚式・宴会プロデューサーなどを務め、1989年からは大阪府・キタ新地でクラブ「LOFT7」のマスターを務めた[3]

特技は、殺陣歌唱ギター[1]。1970年に結婚し、二子あり[5]。妻は、スリーファンキーズのリーダーだった長沢純の会社「長沢企画」大阪オフィスの責任者を務めていた[3]

2003年6月、身体を末期がんに侵されていることが判明[8]。妻が医者から手塚の余命3カ月を告知されるも本人には知らせず、長沢純と玉川温泉で湯治、寝食を共にするなどして一時は平穏な生活を取り戻したが[8]2004年2月4日、肺癌のため大阪府高槻市の病院で死去[4]。62歳没。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 矢車剣之助(1959年 - 1961年、NTV) - 主演・矢車剣之助
  • 東芝日曜劇場 / あじさい(1959年、TBS
  • 琴姫七変化(1960年 - 1962年、YTV
  • 風雲児時宗(1961年、CX
  • 夢殿(1962年、NTV)
  • 009・大あばれとんま天狗(1965年 - 1966年、NTV)
  • 忍者部隊月光(1966年、CX) - 流月
  • 夫婦学校 第24話「すれちがい旅館」(1972年、NTV)
  • ワイルド7(1972年 - 1973年、NTV) - 八百
  • 流星人間ゾーン 第24話「針吹き恐獣ニードラーを倒せ!」(1973年、NTV) - ヒロシ
  • イナズマン 第7話「奇怪! 空飛ぶ一ツ目!?」(1973年、NET) - 手塚正夫(ヒャクメバンバラ人間態(怪人体の声は今西正男))
  • 旗本退屈男 第15話「悪魔の煙り」(1973年、NET)
  • 特別機動捜査隊(NET)
    • 第633話「サソリ座の女」(1973年) - 塚田
    • 第644話「悲しき女の宴」(1974年) - 高弘
    • 第655話「ある特捜記者」(1974年) - 戸崎明
    • 第681話「襲われた夜」(1974年) - 高木三郎
  • 隠密剣士 突っ走れ! 第3話「魔神を斬る信太郎」(1974年、TBS)
  • 太陽にほえろ!(NTV)
    • 第80話「女として刑事として」(1974年) - 清水幸夫
    • 第100話「燃える男たち」(1974年) - 誘拐犯
    • 第111話「ジーパン・シンコ その愛と死」(1974年) - 会田実
  • 刑事くん 第2部 第42話「薔薇の花咲く明日」(1974年、TBS) - 有川慎一
  • 非情のライセンス(NET)
    • 第1シリーズ 第50話「兇悪の陽だまり」(1974年) - 宮島
    • 第2シリーズ 第23話「兇悪の夜の蝶」(1975年) - 下川実
  • 荒野の素浪人 第2シリーズ 第12話「鬼火の谷」(1974年、NET)
  • 仮面ライダーシリーズ
  • 右門捕物帖 第17話「囮」(1974年、NET)
  • ウルトラマンレオ 第19・22 - 25・32・34 - 40話(1974年 - 1975年、TBS) - 佐藤大介 [注釈 1]
  • 池田大助捕物日記 第25話「帯は切られた」(1975年、KTV) - 文太
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り 第32話「旗本雷馬族」(1975年、NET) - 三輪市之助
  • 俺たちの勲章 第4話「刑事くずれ」(1975年、NTV) - 奥平マサオ
  • はぐれ刑事 第7話「蒸発」(1975年、NTV) - ジロウ殺害犯
  • プレイガールQ 第61話「年忘れ脱ぎ脱ぎ作戦」(1975年、12ch
  • ジグザグブルース 第2話「女房を捜して!」(1977年、ANB
  • 暴れん坊将軍(ANB)
    • 吉宗評判記 暴れん坊将軍
      • 第65話「恐れ多くもお茶壺道中」(1979年) - 六助
      • 第91話「対決! 嵐の甲府城」(1979年) - 佐吉
    • 暴れん坊将軍II(ANB)
      • 第25話「叶わぬ夢のふたり酒」(1983年) - 卯之吉
      • 第46話「金襴緞子の罠を撃て!」(1984年) - 小日向主水正
      • 第71話「疑惑を呼んだ小さな命!」(1984年) - 三吉
      • 第106話「偽りの恋 七年目の仇討ち!」(1985年) - 鏑木兵馬
      • 第145話「倒産前夜の夫婦宣言!」(1986年) - 峰矢孫四郎
  • 特捜最前線 第179話「面影」(1980年、ANB) - テツ
  • 新五捕物帳 第129話「しのび逢い」(1980年、NTV) - 橋本信衛門
  • 大江戸捜査網 第469話「汚れた顔の天使達」(1980年、12ch) - 喜平次
  • 二百三高地 愛は死にますか(1981年、TBS) - 志水実
  • 事件ですよ! 第19話「欺されてよかった」(1982年、KTV)
  • 先生お・み・ご・と!(1982年、KTV) - 市村真吾
  • 源九郎旅日記 葵の暴れん坊(ANB)
    • 第16話「姫のお国の幽霊武者」(1982年) - 羽賀主水正
    • 第38話「駆けろ! げんこつ街道」(1983年) - 芳三
  • 大岡越前 第7部 第22話「泥棒にされたお奉行様」(1983年、TBS) - 吉次郎
  • 銭形平次 第875話「大泥棒になった万七」(1983年、CX)
  • 水戸黄門(TBS)
    • 第14部 第24話「偽黄門にされた黄門様 -高岡-」(1984年) - 末吉
    • 第15部(1985年)
      • 第2話「助格駕籠屋と客引き老公 -松山-」
      • 第17話「美女を狙った天狗騒動 -熊野-」 - 定吉
    • 第16部 第6話「敵と呼ばれた助三郎 -島田-」(1986年)
    • 第18部 第3話「黄門様が用心棒 -粕壁-」(1988年) - 百姓
  • 遠山の金さん(ANB)
    • 第106話「女はつらいよ! タンカバイのお初一代」(1984年)
    • 第116話「女侠一代! 鬼子母神おはな」(1984年)
  • 妻そして女シリーズ / 姑ふたり大家族宣言(1990年、MBS)
  • 部長刑事 第1629話「恋人よ…」(1990年、ABC

映画[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
若い湖 青春の並木道 1963年 東芝
明日のために 星に祈ろう 1964年
青春の夢のせて 遠い夜 1965年
泣かせるぜ 空の青さに涙して 1966年 クラウン
重い涙 涙の第三国道
水のない運河 すべてを捨てても 1967年
愛すればこそ 忘れた花
歌舞伎町ブルース 未練旅 1968年
旅愁果てなく 俺には次の恋がある
青い実のうた 悪かったね 1969年
ついて来るのか来ないのか 盛り場ギター 1971年 MCA

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第26・27・31話にもクレジットされるが未出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑2003』VIPタイムズ社、2003年、249頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本映画人名事典 男優編<下巻>』キネマ旬報社、1996年、201頁。ISBN 978-4873761893
  3. ^ a b c d e 『テレビ・タレント人名事典 第5版』日外アソシエーツ、2001年、701頁。
  4. ^ a b 手塚しげお氏死去 歌手、俳優” (日本語). 47NEWS (2012年5月). 2015年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月13日閲覧。
  5. ^ a b c 『日本映画俳優全集・男優編』キネマ旬報社、1979年、378頁。
  6. ^ a b 「Crosstalk 三田美枝子×藍とも子」『ウルトラヒロインズ』角川書店、2013年、76頁。ISBN 978-4041103500
  7. ^ 「CAST INTERVIEW 森次晃嗣」『心にウルトラマンレオ』辰巳出版〈タツミムック〉、2001年1月30日、192頁。ISBN 978-4886415592
  8. ^ a b 手塚 茂夫さんを偲ぶ「あの人との思い出」- 風のあしあとHP、2012年7月1日閲覧。