ワッチャプリマジ!

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プリティーシリーズ > ワッチャプリマジ!
ワッチャプリマジ!
ジャンル アイドルファッション音楽魔法
ゲーム
開発元 シンソフィア
発売元 タカラトミーアーツ
プレイ人数 1人
稼動時期 2021年10月1日 - 稼働中
キャラクター名設定
キャラクターボイス あり
アニメ
原作 タカラトミーアーツ、シンソフィア
総監督 佐藤順一
監督 小林浩輔
シリーズディレクター Park Chi Man(チーフディレクター)
シリーズ構成 坪田文
キャラクターデザイン 戸田さやか
音楽 水谷広実
アニメーション制作 タツノコプロDONGWOO A&E
製作 テレビ東京、プリマジ製作委員会
放送局 テレビ東京系列ほか
放送期間 2021年10月3日 - 2022年10月9日(予定)
話数 51
漫画
原作・原案など タカラトミーアーツ、シンソフィア
作画 辻永ひつじ
出版社 小学館
掲載誌 ちゃお
発表号 2021年10月号 - 2022年11月号
発表期間 2021年9月3日 - 2022年10月3日
話数 全14話
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ漫画
ポータル ゲームアニメ漫画

ワッチャプリマジ!』(Waccha Primagi![1])は、タカラトミーアーツシンソフィアの共同開発により日本で2021年10月1日から稼働中のアーケードゲーム。また、このゲームを原作として同年10月3日から放送中のテレビアニメ[2]

略称は『プリマジ[3]、キャッチコピーは「めざすは、てっぺん! きらめくマジをさがしにいこう!」[4]

概要

2010年に稼働を開始した『プリティーリズム』から始まるプリティーシリーズの第4弾、かつ2011年のアニメシリーズ第1作『プリティーリズム・オーロラドリーム』放送開始からの10周年記念作品[2][5]

2021年6月24日にゲームとアニメの製作発表が行われ、テーマが「魔法」であることが明かされた[5][6]

アニメは2022年10月を以て休止するが、ゲームは継続され、同年11月からは新プロジェクト『ワッチャプリマジスタジオ』が放送される[7]

ストーリー

歌とダンス、ファッションで構成されるエンターテインメントプリマジ。見る人を魅了するそのステージは「魔法のようだ」と言われるが、実は本当に魔法の力で演出が行われていた。

中学1年生の陽比野まつりは1人のファンとしていつかプリマジのステージに立ちたいと夢見ていたところ、魔法界からやって来た魔法使いみゃむと出会ったことをきっかけにプリマジスタとしてデビューすることになってしまう。

プリマジの実力者である弥生ひな、見た目は可愛いが非常に腹黒い甘瓜みるき、プリマジオタクで人付き合いに消極的な心愛れもん、おおらかで紳士的な皇あまねといった個性豊かなプリマジスタ達と切磋琢磨しながら、プリマジスタのトップを決めるグランドプリマジフェスティバルでの優勝を目指すことになる。

まつり、ひな、れもん、あまね、みるきの5人は共同で合宿に挑む。合宿は大混乱に陥ったものの互いの成長を促す結果に至る。エキシビジョンマッチでは誰がセンターになるか揉めるが、5人ともセンターになる事で落ち着き、ステージを見事に成功させる。

だが人間界でのプリマジを取り仕切るオメガ・コーポレーションの社長、御芽河阿智彦はそんな5人のステージを快く思わず、自身の娘である御芽河あうるをプリマジに投入。あうるは本来の魔法ではなく、プリマジの過去のデータに基づいたテクノロジーによるプリマジを実践しようとするもデビューライブが納得できない結果に終わり、まつりの家に暫く居候する。

まつりの幼馴染の少年の伊吹橙真とマナマナの少年ひゅーいTrutHとしてデュオでのプリマジデビューを果たしたのをきっかけに、ひゅーいは2人1組でステージを披露するフィーリングデュオ大会を発案。まつりとあうる、ひなとあまね、みるきとれもんがそれぞれペアを組み、デュオプリマジを実践する。

そんな中で阿智彦の「魔法の力を使わず人間界だけでプリマジを運営する」という野望が徐々にプリマジそのものを揺るがしていくが、その結果はジェニファーが太陽のエレメンツ・アポローンと融合して『ジェニファー=アポローン』になりプリマジ全体を混乱に陥れてしまうというものであった。

プリマジを守るため、そしてジェニファーを救うために、まつり達はこれまで仲間にした5体のエレメンツと共にプリマジの始まりとも言い伝えられる「ユーフォリアレビュー」をプリマジを通じて再現する対抗作戦を決行し、ジェニファー=アポローンとの決戦に臨む。しかし、ジェニファーとアポローンの融合は想像以上に進行しており、もはやジェニファーとしての自我は失われていた。まつりはかつての優しかった頃のジェニファーの言葉を投げかけ説得を始める。「もう一人にはできない」というまつりの言葉に困惑するジェニファーを前に、みゃむはここぞとばかりに真の力を解放し、光り輝く天使のような姿となった。

存在しなかったはずの第7のエレメンツコーデ・ラブエレメンツコーデの誕生。それは、みゃむがエレメンツへと覚醒したことを意味していた。

まつりはラブエレメンツコーデを纏いジェニファーと対峙する。まつりとみゃむ、二着のラブエレメンツコーデの圧倒的な力により、サンシャインエレメンツコーデのヘブンズ化は解除され、ジェニファーは正気を取り戻す。そして、ユーフォリアレビューの最後を飾る6人でのライブにて6着のヘブンズコーデの力が一つになり、封印されていたリューメは目を覚まし、ジェニファーとの再会を果たした。

戦いは終わった。だが、この戦いでみゃむは力を使い果たし、人間界にその身体をとどめる限界を迎えてしまった。それはすなわち、まつりとの別れを意味していた…。

登場人物

以下の説明は基本的にアニメ版のストーリーに基づく。声優はゲームとアニメで共通。

主要人物

この節では主にアーケードゲーム版に登場するキャラクターを「主要人物」として扱う。プレイヤーキャラクターとして使用できるのはプリマジスタのみで、パートナーのマナマナ(魔法使い)はプリマジスタをナビゲートする役割で登場する。

プリマジスタとパートナー

陽比野 まつり(ひびの まつり)
声 - 廣瀬千夏[8]
本作の主人公である[9]、プリマジと祭りが大好きな私立真直祥寺学園に通う中学1年生の少女[10]。使用ブランドはLOVELY MELODY。8月8日生まれ、血液型B型、好きな食べ物は焼きそば[10]
プリマジに憧れを持ち、いつかそれに出場できる日を夢見た時に、やって来たみゃむからスカウトされたことによって、共にプリマジのトップを目指すことになった[11]
デュオ編ではかつて自宅に居候していたあうると組むこととなり、絆や魔法などのプリマジの根幹を成す要素を全否定する上に他者を拒むあうるとの距離を縮めようとしている。
人間界では朱色の髪であるが、プリマジスタの姿では水色のメッシュが入った赤い長髪に変化する。また身長も伸びている。
ゲームでは第1章からプレイアブルで選択可能。
みゃむ
声 - 小池理子[8]
魔法界よりやって来たマナマナ(魔法使い)の少女。元気一杯な性格だが、トラブルメーカーな一面も見られる[11]。「大魔法使いになる」と言う夢を叶えるため、まつりをプリマジスタにスカウトした。口癖は「~(だ)ぞ」で、男口調や乱暴な言葉遣いを多用する癖がある。人型の姿の際には小柄な体格で、まつりが小学校5年生の当時着ていた服がちょうど合うサイズ。
魔法学園では、マナマナが人間界で行動する時は目立たないようにマスコットの姿で行動するように指導している。みゃむの場合は青いネコに変身可能だが、他のマナマナとは異なり人間界でも人型で行動する方を好んでいる。
第3話にてひなのプリマジに感化されたことでまつりのパートナーをやめると言い渡してしまうが、ジェニファーの助けもあって再びまつりとパートナーになり、その後第13話のライブ後にはまつりから呼び捨てされるまでに絆を深めた。
デュオ編で敵対関係のまつりとあうるがデュオを組まされてしまった時にはまつりの魔法や絆を大切にするという立場を主張している[12]
ジェニファー=アポローンとの最終決戦にて、自らの身を挺した作戦により本来の姿である愛の精霊「ラブエレメンツ」となり、まつりと共にジェニファーを救い出した[13]
ゲームではマイキャラのパートナーも兼任している。
弥生 ひな(やよい ひな)
声 - 内田彩[8]
スポーツ強豪校で大勢のプリマジスタを輩出して来た荒鷲学園に通う中学3年生。使用ブランドはVIVID STAR。語尾は「~じゃん」。
「おしゃれ番長」を自称しており、熱く真っ直ぐな性格から後輩に慕われている[14]。しかし、料理や片付けなどの生活能力には乏しい[15]。好物は兄の作ったオムライス。
プリマジスタの頂点を決めるグランドフェスでは前年度の優勝候補筆頭と言われていたが、ジェニファーに敗れて準優勝となったため捲土重来を期しており、グランドフェス出場を辞退すると表明しているジェニファーを記者会見場で「グランドフェスに来い」と挑発するが拒絶され、深い絶望に囚われてしまった[16]
デュオ編では同じく3年生のあまねと組む。
普段の姿はオレンジのロングヘアで、右側に水色と緑の2つの星型のヘアピンを着用。プリマジスタの姿はサイドテールを大きい星型のヘアピンでまとめて左側に垂らしており、前髪のメッシュや毛先などが紫色になる他、上瞼にマゼンタ、下瞼には水色のアイシャドウを入れ、チークには星とニコちゃんマークのペイントを施している。
ゲームではまつりと共に第1章からプレイアブルで選択可能。第5章からは他のキャラクターよりも若干背が高くなった。
チムム
声 - 引坂理絵[8]
ひなのパートナーである魔法使い。緑色のハムスターに似た姿をしている。語尾は「〜チム」。普段から得意気な態度だが[14]、魔法学園では成績不振により居残りの常連だった。そのためか、後輩で開校以来の問題児とされるみゃむを目の敵にしている。他のプリマジスタに対する対抗意識も高く、みるきの腹黒い策略にも一定の理解を示している。
心愛 れもん(ここあ れもん)
声 - 鈴木杏奈[8]
中学2年生の少女。使用ブランドはRadiant Abyss。プリマジオタクであり、それに詳しいところもある[14]。またゲームオタクでもあるインドア派。極度の人見知りかつ緊張しやすい性格で、常に他者と物理的に距離を置いており、口数も少ない。緊張感が募ると意識が遠のき、プリマジスタや魔法界出身者が見ることができるエクトプラズムを口から放出する。
一人称が「拙者」[注 1]や語尾に「ござる」をつけるなどの侍口調で話すが、普通に敬語で話すこともある。
第15話では先輩たちが勝手な行動をとるなど混乱する合宿をまとめ上げる役割を担っている。
デュオ編では同じ2年生のみるきと組む。
普段の姿は黄色(金髪)のレモン状のシニヨンヘアであり、第9話前半までは目が隠れるほど前髪が長かったが、第9話後半で前髪を切り、目元を露出するようになった。プリマジスタの姿になると髪が伸びて毛先の部分は縦ロールに変化し、毛先にミントグリーンのグラデーションがかかり、前髪のメッシュと後ろ髪の前面が水色となる他、瞼には赤いアイシャドウを付け、チークにも蝙蝠の羽のようなペイントが施される。
ゲームでは第2章からプレイアブルで登場する。
きゃろん
声 - 吉河順央[8]
れもんのパートナーである魔法使い。黒いウサギの姿をしている。真面目かつ礼儀正しいが、融通が利かないところもある[14]
皇 あまね(すめらぎ あまね)
声 - 庄司宇芽香[8][17]
中学3年生の少女。使用ブランドはEternal Revue。
後輩からとても好かれており、ほとんどの人物から「あまね様」と呼ばれている。合宿ではその王子様のような立ち居振る舞いにれもんやみるきが惚れてしまっていた[15]。普段はおおらかだが、プリマジでは一変するところも見られる[18]。ひなと同様、生活能力はかなり乏しく、合宿では後輩たちを振り回していた[15]。プリマジを始めたのは花屋敷翠子がきっかけであり、彼女の引退と共に自身も引退するつもりだったが、後に翠子から受け取った手紙を読んで引退を撤回した。
デュオ編ではみるきとまつりが抜け駆けしたことで争奪戦になり、結局同じ3年生のひなと組むこととなった。
普段はベージュのウルフカットで眼鏡をかけているが、プリマジスタの姿では深紅と銀色のマッシュルームヘアとなり、眼鏡を外す。
ゲームでは第3章からプレイアブルで登場。他のキャラクターよりも若干背が高く、第5章以降のひなも同じ身長となっている。
ぱたの
声 - 小原好美[8][17]
あまねのパートナーである魔法使い。カバにも見えるペガサスのような姿をしており、体色はピンク色。田舎者のため、方言を使って発することもある[18]。一人称は「わたす」。スタイリッシュなあまねに憧れており、他の人物と同じく「あまね様」と呼んでいる。それほど端麗とは言い難い自身の容姿にコンプレックスを持っており[注 2]、あまねにふさわしい美しい容姿になる事を願っている。
甘瓜 みるき(あまうり みるき)
声 - 相良茉優[8][17]
中学2年生の少女で、既にプリマジスタとして一定の人気がありひな共々読者モデルとしても活動している。使用ブランドはCherry Sugar。
あざとかわいい性格で、表裏の差が激しい。将来の夢は「みるきカワイイミュージアム」を建設すること[18]。己の信念を曲げない強さを持つが、プリマジイベントをドタキャンしたうえ自分の代わりにライブを披露したまつりからコーデカードを奪おうとする[19]、エキシビションのセンターを取りたいがあまり策略の限りを尽くしまつり達に対して自分に投票するよう仕向ける[20]等、卑劣な行為も厭わない。
イケメン好きという一面もあり、橙真のことは「イケメン2」[注 3]と呼び慕っている。あまねやひゅーいにも惚れていたが、あまねの私生活の節操のなさやひゅーいの正体を知った事により幻滅している。デュオ編では同じ2年生のれもんと組む。
かつてはクラスの中でも目立たない存在で、自らを両親が営む八百屋で売れ残る訳ありの野菜と重ね合わせるほどだった。そんな中、あるクラスメイトに「すっぴんでもかわいい」と友達が集っていたことから「かわいいはとっておきの魔法」という思想に染まり、髪色を変えて語尾に「だお」をつけるようになる。加えて先述の訳あり野菜にデコレーションを施すとたちどころに完売した体験も得て、かわいさを追い求めるためなら手段を選ばない現在の性格に変貌した[21]
普段の姿はピンク色のセミロングに水色の瞳だが、元々は髪も目も黒色であり、髪を染めてカラーコンタクトレンズを付けて現在の姿となった[21]。プリマジスタの姿ではウェーブがかかり、ピンクと薄黄色(金髪)のツートーンになる。
ゲームでは第4章からプレイアブルで登場。他のキャラクターよりも若干背が低い。第5章から頭身が修正された。
はにたん
声 - 小倉唯[8][17]
みるきのパートナーである魔法使い。黄色いテディベアのような姿をしている。語尾は「〜はに」。
普段は寝ぼけた表情だが、時に爪を生やして言動が攻撃的になる事があり、この状態ではみるきも頭が上がらない。
背面にチャックがあり、その世界の中身を秘密としている[18]。現時点で中身は不明だが、第5話ではチャックを開けようとしたみゃむに対してみるきが「後悔するお」と警告していた。
ジェニファー・純恋・ソル(ジェニファー・すみれ・ソル)
声 - 青野紗穂[22]
まつりが憧れを持つプリマジスタ[23]。前回のプリマジグランドフェスティバルに優勝し史上初めて全てのコーデカードを収集した。使用ブランドはSHINING DIVA。
みゃむのスカウトを受けてからもデビューをためらっていたまつりはテレビのトーク番組でプリマジへの愛を語るジェニファーに心を動かされ、デビューを決意する。しかし、今年のプリマジグランドフェスティバルへの出場を海外活動を理由に辞退したことがきっかけで、ひなはプリマジグランドフェスティバルでジェニファーを倒すことが叶わなくなり自棄を起こしてしまう。
事情は不明だがパートナーが行方不明となっており、現在はオメガ・コーポレーションの管理下にある。第21話ではオメガ・コーポレーションの技術を用いてマナマナ不在のままライブを行った。
ゲーム版では3月10日から3月30日までの期間限定で使用可能。なお、ジェニファーの使用するブランドのコーデは3章期間中常に排出可能。その後第6章より常駐となった。他のキャラクターよりも背が高い(あまねよりもさらに高い)。
ジェニファー=アポローン
第40話にて、御芽河祈瑠があうるの制止を振り切って稼働させた新システムの暴走により、太陽のエレメンツ・アポローンと融合させられてしまったジェニファー。凄まじい悲しみからプリマジ自体を憂えており、アポローンの悲しみを焼き尽くす神格によってエレメンツコーデ以外のプリマジカードを全て消滅させてしまう。また、ワッチャを吸収して魔法を使えなくしたり、エレメンツを自身の杖に封印してしまうなどの恐ろしい能力を持つ。浄化するには、エレメンツコーデの力で伝説に語られる「ユーフォリアレビュー」をプリマジを通じて再現するしかないとのこと。
ジェニファー自身はおろか計画の首謀者である阿智彦にとっても望まぬ姿であり、阿智彦は意気消沈していた[24]
リューメ
声 - 羊宮妃那
アニメオリジナルキャラクター。かつてジェニファーとパートナーを組んでいた魔法使い。みゃむ同様、人間界でもを思わせる角が生えた人間の女性の姿を維持できるほどの魔力の持ち主で、動物態は不明。
本編では行方不明になっており、のちに何者かによって封印された状態で登場している。

その他の主要人物

御芽河 あうる(おめが あうる)
声 - 藤寺美徳[8]
メカについて詳しく知っている少女[18]。御芽河阿智彦の娘。オメガ・コーポレーションの社長室でプリマジスタ達の動向を注視していた。第24話までは行動目的が謎に包まれており、一切姿を現さなかった。使用ブランドはELECTRO REMIX。一人称を「」と言う[注 4]
まつりの同級生だが中学校には通っておらず、小学生にして飛び級で大学院に進学したうえオメガ・コーポレーションの研究開発部門責任者にまでなった桁外れの天才で、マナマナ代わりのフクロウ型ロボット・タテジマにこれまでのプリマジのデータを徹底的に叩き込み、そのビッグデータから導き出した最高のプリマジをすることによって「魔法を使わずグランドフェスで優勝する」と豪語しており、感情や情熱、意思、魔法、絆といった不確定要素はアクシデントの原因になると断じている。しかし、プリマジの根幹を成すそれらを大切にしているまつりに「あなたはプリマジをしていて楽しいのか」と問われたことが原因で、デビューライブでは納得できるプリマジができずに終わり、まつりを研究するためまつりの家に居候することになる[25]
その後のデュオ編ではまつりと組まされてしまい、はじめはすべてを一人でこなしてきたことや自分と思想が正反対なことからまつりと組むことを激しく拒絶しており、以降も阿智彦によってみゃむの魔力を計測するなどの裏切り行為をさせられている[26]
普段の姿は青緑色のショートヘアだが、プリマジスタの姿は黄緑色のメッシュが入り、同色のアイシャドウに加え、左のチークには五つのオレンジ色の四角形をあしらったメイクを施している。
ゲームでは第4章からプレイアブルで登場。みるき同様他のキャラクターよりも若干背が低く、第5章から頭身が修正された。
タテジマ
声 - 伊藤かな恵[注 5]
第25話から登場。あうるのパートナー。あうる製作のAIロボットと思われ、無感情な片言しか喋らないが、あうるをサポートする高性能ぶりを見せる。

TrutH(トゥルース)

アニメオリジナルキャラクター。作中におけるプリマジでは異例のプリマジスタとマナマナによる男性デュオ。第28話で結成された。

伊吹 橙真(いぶき とうま)
声 - 梶原岳人藤原夏海(幼少期)
まつりの隣家に住む幼馴染みの少年で、同じ中学校に通う。
飴が好物であり、菓子職人の英吉から飴細工を教わっている。理由は「教えは厳しいけれど自分は飴が好きだから作っている」と頑張っている様子。なお、第16話でひゅーいに連れられて魔法界に行った際はピカ飴を見て目を輝かせていた。
ひゅーいの悪戯には迷惑がりながらも付き合っているなど人は悪くない模様。他にも動物や子供からは好かれる体質だと16話の発言から判明。
みゃむが猫に変身する所を何度か目撃しており、彼女が人間ではないことに気付いているものの、まつりがプリマジスタとしてデビューした経緯に絡む事情を察して口外はしていない。
みるきからは『イケメン2』と呼ばれている。
第28話でプリマジスタとしてデビューし、ライブを行った。人間界では焦茶色の短髪であるが、プリマジスタの姿では水色のメッシュが入った朱色の準オールバックの髪に変化する。
ひゅーい
声 - 田丸篤志
プリマジスタのスカウトに悪戦苦闘するみゃむと以前から顔見知りのマナマナで、普段は青いオオカミの姿をしているが、一般の人間の前やライブ時には青い髪の少年姿で現れる。7話以降、知り合った橙真とたびたびつるんでいる。15話で合宿に行った際教師を務めた。15話終盤よりみゃむから正体を明かされた。
第28話で橙真と共にライブを行った。

魔法界の人物

フェスリダ
声 - 松本梨香[27]
魔法界に存在する、魔法学校の学園長[27]。まつりのデビュー後に陽比野家を家庭訪問し、家族からプリマジスタとして活動する承諾を取り付けた。後述のマツリダ夫人と外見がよく似ているが、血縁関係などは不明。オメガ・コーポレーションとは協力関係にある。魔法の力を重要視しており、魔法が使えない人間(チュッピ)をやや見下している節も見受けられる。
にゃんじいさん
声 - 古川登志夫[28]
魔法使いで、みゃむの育て親の一人[28]。みゃむがまつりとパートナーを組んでからも鏡を通じて行動を監視しており、みゃむが魔法を乱用した時は「おしおきだべぇ〜!!」の一喝で雷を落とす。

Prism Stone

マツリダ
声 - 松本梨香
前作までの赤井めが姉ぇに代わってPrism Stoneの店主を務める女性。マツリダ夫人と呼ばれている。フェスリダ学園長と外見がよく似ているが、血縁関係などは不明。
タントちゃん
声 - 伊藤かな恵[8][29]
プリマジスタのコーデチェンジやメイク等、ステージに出演する準備を手伝う妖精[29]
前作までのめが姉ぇ(後述)に相当する役割を担っている。

オメガ・コーポレーション

御芽河 阿智彦(おめが あちひこ)
声 - 緑川光[30]
魔法界のフェスリダ学園長と共にプリマジ実行委員会を構成し、人間界でのプリマジの興行を仕切るオメガ・コーポレーションの社長[30]で、あうる、祈瑠の父親。片レンズを付けている。
プリマジについては「激しい競争でライバルを蹴落として頂点に立った者こそが美しい」と考えているため、まつり達のような皆でプリマジを楽しむ姿勢には否定的で、プリマジから馴れ合いを廃すべく娘のあうるをデビューさせた。
魔法の力を借りず、人間界の力だけでプリマジを運営するという構想を抱いている。また人間界では消耗が激しいはずの人型のままで過ごしているみゃむに注目している。
しかし、第40話でジェニファーが『ジェニファー=アポローン』に覚醒したことでプリマジ全体が混乱に陥ったことが自分の理想と違っていたため、気落ちすることになった。
御芽河 祈瑠(おめが いのる)
声 - 小林千晃
第13話から登場。阿智彦の子息であうるの兄。第16話ではひゅーいから改めて明かされた。阿智彦が片レンズなのに対し、こちらは普通の眼鏡を付けている。第19話では再度魔法界へと赴き、騒動を起こしたまつりを責めていた。
かつてプリマジスタを目指そうとしていたが、阿智彦に反対され挫折したという過去を持つ[31]
第40話で阿智彦に従順しなければならないという焦りから新システムを稼働させてしまい、その結果、ジェニファーが『ジェニファー=アポローン』になってしまい、プリマジ全体を混乱に陥れることになった。第41話で自分の行為に責任を感じつつ、あうるに全てを丸投げして自室に引き籠ってしまうが、第44話であうるや橙真の説得を受けて立ち直った。
めが姉ぇ(めがねぇ)
声 - 伊藤かな恵
シリーズ全作品に登場するキャラクター。本作ではPrism Stoneの店主ではなくなり、オメガ・コーポレーション所属となっている。たびたびあうるとプリマジスタの動向を追っている。またジェニファーのライブ時は、彼女のパートナーが行方不明のため、代役を務めていた。
第26話で、あうるが開発したロボット(アンドロイド)で、ワッチャをエネルギー源としていることが判明した。また26話以降、感情を持ち合わせるかの描写もたびたび見受けられる。
ゲーム版ではジェニファーのパートナー代理として声のみ登場している。

プリマジスタの家族

陽比野 道人(ひびの みちひと)
声 - 興津和幸
まつりの父。オメガコーポレーションの社章を付けており、第28話のひゅーいの回想では人間界で負傷した幼い彼を助けていた。第40話で帰宅した。
陽比野 いわう(ひびの いわう)
声 - 小清水亜美
まつりの母。ノリが良い性格。夫とは第38話まで連絡も取れなかったが、40話から再び暮らし始める。
陽比野 英吉(ひびの えいきち)
声 - 森田順平
まつりの祖父。飴細工職人をしており、仕事には厳格な性格。一方で孫のライブを実娘と見に行ったり、威勢がいい接客態度、突然居候に来たあうるに親身に接するなど、人情に篤い一面もある。
ひなの兄
15話のチムムの発言から判明。それ以前からひなの公式プロフィールにて存在がほのめかされていた。人物像は不明だが34話では来客のまつりを受け入れていた。また同話ではひなの回想のみ彼と思われる青年の姿が映っている。
みるきの両親
声 - 蒔村拓哉(父)
第38話にて登場(それ以前にも、第20話のみるきの回想により声のみ登場している)。八百屋を営んでいる。母親は第43話現在、未登場。

プリマジスタ周辺の人物

御牛 ひろみ
声 - 三重野帆貴
第1話から登場。まつりと同じ中学校の生徒。
柚鶏 こずえ
声 - 森嶋優花
第1話から登場。まつりと同じ中学校の生徒。
芋洗 扇
声 - 星乃葉月
第3話から登場。ひなの通う中学校の生徒。
ぬるぽん
声 - 田中ちえ美
れもんの後輩でオンラインゲーム仲間3人組の1人。
たわし@自由人(たわしアットマークじゆうじん)
声 - 矢野妃菜喜
れもんのオンラインゲーム仲間3人組の1人。
嘆きのクリムゾン(なげきのクリムゾン)
声 - 前田佳織里
れもんのオンラインゲーム仲間3人組の1人。
花屋敷 翠子(はなやしき みどりこ)
声 - 森なな子
あまねの先輩であまねにプリマジの影響を与えた人物。あまねから「プルミエエトワール」と呼ばれている。海外留学を理由にプリマジを引退した。

エレメンツ

フェニックス
声 - 渡辺明乃
第13話から登場の炎のエレメンツ。
炎の翼を持つ鳥。16話では橙真がウンディーネに誘拐されたことをひなを通じてまつり達に知らせていた。
ウンディーネ
声 - 大原さやか
第15話から登場の水のエレメンツ。
変身が得意な水の女神。老婆に化けて合宿所に潜伏していた。続く16話では橙真を自身の居城に誘拐して「マナマナはワッチャを集めるためにチュッピを利用しているに過ぎない」などと語り、駆け付けたひゅーい達と戦った。その後誤解は解け、17話以降、テンガロンハットを被った若い女性の姿で合宿所の教師を勤める。
第23話にてエレメンツとしての真の姿を現し、自らが生み出した異空間で最後の試練を執り行う。最後はまつり達5人の成長を認め、全員にエレメンツコーデを与えた。その後第32話ではあまねを池に突き落とすなどしてあまねの迷いを断ち切る手助けをし、彼女のアクアエレメンツコーデを完全覚醒させた。
ボルト
声 - 森嶋優花
第30話から登場の雷のエレメンツ。赤ん坊の姿をしている。
ルークス&アーテル
声 - 藤原夏海
第38話から登場の光と闇のエレメンツ。
二人組の天使。太陽を模した飾りがついた白い服を纏い天使の輪がある方が光のエレメンツのルークス、月を模した飾りがついた黒い服を纏い悪魔の角を生やしている方が闇のエレメンツのアーテル。どちらも下半身が存在せず、脚の部分は光が渦巻いている。また翼が片側しかなく、装束の袖がない方が内側になるように並ぶと両方の翼が揃うようになっている。
れもんとみるきのデュオステージの直後に現れ、れもんにダークネスエレメンツコーデ、みるきにブライトネスエレメンツコーデをそれぞれ授けた。
第44話では仮の姿が登場しており、翼がなくなり下半身もある人間の姿になっていた。ルークスの輪とアーテルの角は髪飾りに変化している。
名前はどちらもラテン語で、ルークスは「光」、アーテルは「黒」を意味する。

その他の登場人物

宇津嶋 尚造
声 - 金光宣明
第5話から登場のモデルカメラマン。モデルはあだ名を付けて呼ぶ癖がある。第19話では彼と似た盗撮カメラマンも登場。
実況者
声 - 立木文彦
声のみ登場。第29話から正体を現した。
パタロー(正確な表記は不明)
ぱたのの親戚のおじ。第36話では彼と似た容姿のぬいぐるみが写っていて、泣いた子供をあやして笑わせるためにも使われた。

用語

プリマジ
作中で人気の歌とダンス、ファッションを構成要素とするエンターテインメント。特にステージの佳境で披露される演出のイリュージョンが「魔法のようだ」と評されるが、その原動力として実際に魔法が使われていることはプリマジスタや魔法使いたちの間でしか知られていない。
ステージにはコーデメイツと呼ばれる妖精たちが多数存在しており、ライブのお礼として観客にコーデメイツを介してお菓子を配るなどの行為が認められている[32]
ライブ開始時には、「Are You Ready?」の合図でプリマジスタが登場し、観客たちの掛け声に合わせて今回のコーデが紹介され[注 6]、プリマジスタが4回「ワッチャ」と唱えた後、「3、2、1、ワッチャ!」のコールに続き、全観客が一斉に「プリマジ!」と叫ぶ[注 7]。この一連のやり取りをコーデアンドレスポンスと呼ぶ。
プリマジスタ
プリマジのステージ上でライブを披露するエンターティナーの総称。プリマジスタ自身は人間で、魔法使い1人をパートナーとすることがエントリー資格となっている。
祈瑠曰くプリマジスタは規定によりプリマジ以外の場で不特定多数の人物の前で歌うことは禁じられており、違反した場合はプリマジスタの資格を剝奪される[33][注 8]。第28話にて、男性でもなれることが判明した[注 9]
マナマナ
人間界とは別に存在する魔法界の住人で、魔法界の言葉で「魔法使い」を意味する。これに対して、人間のことは「チュッピ」と呼ぶ。
古くから人間界に出入りしてプリマジスタの素質がある人間をスカウトしている。魔法学校ではマナマナが人間界で行動する時は目立たないよう動物に近いマスコット形態を取るように指導している[注 10]が、みゃむは人間に近い形態の方を気に入っているため他のマスコットと逆に普段から人間態で通している。
また、第2話ではフェスリダ学園長により「マナマナはプリマジスタや実行委員会関係者以外のチュッピに正体を明かしてはならない」ことが示唆されているが、違反した場合にどのようなペナルティが発生するのかは公にされていない。
ゲーム版ではプレイ中のキャラクターと対応するマナマナがリズムゲーム中特定のタイミングで登場する(マイキャラの場合はみゃむ)。ただしジェニファーについてはアニメ版と同様にマナマナは不在であり、めが姉ぇが声のみで代役を務めている。
プリマジカード
プリマジスタがステージへ上がる時に使用するカードで、個人情報を管理するための「プロフカード」と衣装のパーツが記録されている「コーデカード」の2種類がある。これを使うことで服装に加え、容姿そのものも変えることが可能で、まつり等外見が成長するキャラクターもいる。
本作のコーデチェンジはプリマジスタをメイクで変身させる前半とコーデカードで衣装を纏う後半に分かれており、ゲーム版では前半はカットされている。
コーデカードの背景の色および魔法陣の模様のモチーフはブランドによって異なっている。
  • LOVELY MELODY(ピンク):ハート
  • VIVID STAR(黄色):星
  • Radiant Abyss(青紫):ステンドグラス
  • Eternal Revue(赤と赤紫):バラの花
  • Cherry Sugar(青):子熊、リボン
  • SHINING DIVA(橙):太陽
  • ELECTRO REMIX(黄緑):基盤模様
  • エレメンツコーデ:各エレメンツの紋章
コーデブック
プリマジスタのデビュー後に交付されるカード管理用のファイル。他のプリマジスタがコーデを入手した場合も全員のコーデブックに氏名が記録される。全てのコードカードを収集してグランドフェスタで優勝すると願いを一つ叶えられると言われており、前回優勝者のジェニファーが史上初めてこの条件を達成した。
また、コーデブックにプロフカードをセットするとどの場所からでもゲートが開き、Prism Stone店内へ自由に行き来が可能になる。
イリュージョン
『プリパラ』の「メイキングドラマ」や『キラッとプリ☆チャン』の「やってみた」に相当する、プリマジのステージが佳境に入った時の特殊演出。魔法を原動力とする。
アニメ12話では、凄まじいワッチャの力によりまつりの背中から光の翼が生えるという謎の現象が発生している。しかし、翼はまつりの心の迷いによってすぐに消えてしまい、これにはみゃむも呆然としていた。続く第13話にて、まつりとみゃむの絆によって完全な翼が覚醒し新たなイリュージョンとして習得した。
ゲーム版では、トップス(ワンピ)のブランドごとに発動するイリュージョンが決まっている(複数ある場合、ランダムで発動する)。なお、フレンドカードを使用する曲や、第6章でエレメンツコーデを使用している場合はそれぞれの固定演出になる(曲固定イリュージョンが最優先となる)。
エレメンツコーデ
エレメンツとよばれる、魔法界に存在する幻獣や精霊、神などの魂を宿したコーデ。自ら使い手を選ぶ性質を持っている。前作『キラッとプリ☆チャン』のキラッとコーデやジュエルコーデなどに相当。それぞれのエレメンツは紋章を持ち、エレメンツコーデのコーデカードの背景にも紋章が描かれている。
フレア(火)、アクア(水)、フラッシュ(雷)、ブライトネス(光)、ダークネス(闇)、サンシャイン(太陽)の6着のコーデが存在する。
ゲーム版では第2章から登場し、それぞれのコーデに合わせた特別な演出を持っている。第6章ではエレメンツコーデ共通のプリマジイリュージョンが追加された。
第49話にて、みゃむがすべての力を解放し真の姿である愛の精霊・ラブエレメンツへと覚醒したことで、第7のエレメンツコーデ・ラブエレメンツコーデが誕生した。
ヘブンズコーデ
第41話終盤にてその存在が言及された、金色や虹色をふんだんに使った特別なカラーリングのエレメンツコーデ。続く第42話より実際に登場し、サンシャインエレメンツを除く5種類が登場した。これらの5着とエレメンツコーデを持たないまつりが使用する仲間たちの切り札を基にした手作りのコーデにより、第48話にてジェニファー=アポローンを浄化するための「ユーフォリアレビュー」が決行された。
ゲーム版では第6章にて順次期間限定で登場。また第4章から、ハートフェザーやステンドグラスなど、過去に登場したアニメにおける一部のキャラクターの切り札にあたるコーデが同様のカラーリングとなる形で登場している(シークレット扱い)。
ワッチャ!
人間の心のきらめきから生じる魔法の源で、イリュージョンの原動力。プリマジスタのステージを採点する時の単位として数値化される。

アミューズメントゲーム

2021年10月1日に稼働開始。1ゲームの料金が過去3作の100円から200円に値上げされている[34]

ゲームのコンセプトは「光とタッチで “魔法体験”」[5]。筐体は前作『キラッとプリ☆チャン』のものから一新されており、初めてタッチパネルが採用された。また、筐体から排出される「プリマジカード」は2世代前の『プリパラ』以降と同じようにオンデマンド印刷で作成されるが、従来の切り離し可能なチケット形式の紙ではなく半透明のクリア素材が新たに採用された[35]。ディスプレイの下部分にカードリーダーが5連でセットされており、リズムゲーム中は半透明のカード越しにタッチ操作を行う[5]

カードのセット順は左からトップス・ボトムス・プロフカード・シューズ・アクセ(ヘアアクセから名称変更)。ワンピ(ワンピースから名称変更)を使う場合はトップスかボトムスのどちらかの位置にワンピをセットし、もう片方には何もセットしない。コーデパーツのブランドが揃っていると2つで200点、3つ以上で300点が加算される。

リズムゲームのルールもこれまでとは大きく変更されており、通常は音符が枠と重なった時に、水色の枠なら水色のボタン(左)、ピンクの枠なら赤いボタン(右)を押して演奏する。なお、音符の色は関係ない。音符同士が赤いリボンで結ばれている場合はこれまで通り長押しする。大きな音符は高得点が獲得可能。中盤で登場する自由に動く音符は通り過ぎるまでにタッチする。

前作までの「神チャレンジライブ」や「キラッとチャンス」のようなスペシャルステージは、本作では廃止となっている。

従来の作品ではリズムゲームの終了後にコーデアイテムがランダムで排出されていたが、本作ではリズムゲームの途中でも入手のチャンスがあり、100円を追加で支払うかスキップするかを選択することになる[34][注 11]。また、排出したアイテムがWEBマイキャラルームで管理されるようになった関係で、排出したことがあるアイテムか否かが提示時に表示され、重複した場合はそのアイテムでもらえる加算点が増加するシステムが採用された[注 12]。コーデのレアリティは下からR→SR→URの3段階と、その上にイベント限定コーデのPMR[注 13]シークレットのHR[注 14]がある。さらに、各コーデにはテイスト(属性)と色に加え、新たにライブ、カジュアル、スタイリッシュの3つの「ジャンル」が設定されるようになった。これまでとは違いテイストはブランドと紐づけられておらず、同じブランドの違うコーデや、同じコーデの別の部位でもテイストが異なることもある。

ゲームサーバーとの通信にauの回線を使用している[36][37]

マイキャラ

『プリパラ』以降のシリーズと同様にプレイヤーキャラクターのエディット機能があり、各種のパーツを組み合わせて「マイキャラ」を作成する[38]。用意されているボイスパターンは以下の通りで、他のシリーズ作品に出演した声優4名が起用されている。

前作の会員証に相当する「プロフカード」は初めは名前しか書かれていないが、更新することによってマイキャラが印刷されたものにでき、タッチパネルでサインを書き込むことも可能。

本作でのマイキャラのランクは「プリマジスタランク」で、『プリパラ』と同様コーデの組み合わせとリズムゲームによって獲得した点数「ワッチャ」がそのまま経験値として蓄積する仕様で、ランク5ごとに画面下側に表示される星が増えていく。また、シリーズでは初めてアチーブメントが設けられ、獲得したアチーブメントを2つまで「キャッチコピー(称号)」として設定可能。

『キラッとプリ☆チャン』からの引き継ぎ

『キラッとプリ☆チャン』までの作品との互換性は一切ないが、『プリマジ』稼働開始前の7月1日から『プリチャン』にプレイごとの累積でフォロチケに記録される「プリ☆チャンスター」の点数に応じて『プリマジ』筐体で特典が得られるキャンペーンが実施されている[39]

リリース

シーズン 稼動開始日 アイテム
第1章 まつりデビュー! 2021年10月1日 全151種(UR=14、SR=44、R=93)
第2章 ドキドキれもん! 2021年12月2日 全156種(PMR=3、UR=15、SR=56、R=82)
第3章 華麗なるあまね様! 2022年2月3日 全148種(PMR=3、UR=12、SR=62、R=71)
第4章 天才あうる&みるきの出番だお♪ 2022年3月31日
第5章 ハートをかさねてデュオプリマジ! 2022年6月2日
第6章 女王ジェニファー!プリマジグランドフェスティバル! 2022年8月4日

使用楽曲

曲名に漢字またはアルファベットが含まれている場合、ゲーム内ではその部分に振り仮名が振られている。

曲名 作詞 作曲 編曲 登場時期 備考
私のミラクルステージ 馬瀬みさき[40] まつり(廣瀬千夏)、みゃむ(小池理子) 第1章 2021年10月01日 [注 20]
本気の夢ストーリー マイキャラガールズ[注 21]
(飯田里穂、黒沢ともよ、山下七海、佐倉綾音)
[注 22]
マジ・ワッチャパレード 児玉雨子 michitomo きなみうみ
michitomo
まつり(廣瀬千夏)
Starlight! TeddyLoid ひな(内田彩) 11月04日
Dreaming Sound 武田将弥
Cocoro.
武田将弥 佐藤厚仁 れもん(鈴木杏奈) 第2章 12月02日
こんな世界に告ぐ 真崎エリカ 原田篤(Arte Refact 2022年01月06日
The Secret Garden 天真みちる 中村博 あまね(庄司宇芽香) 第3章 2月03日
Believe Carlos.K 田中マッシュ ジェニファー(青野紗穂) 3月10日 期間限定( - 3月30日)
イワナイ YJM Rockwell みるき(相良茉優) 第4章 3月31日

テレビアニメ

2021年10月3日から2022年10月9日までテレビ東京系列ほかにて放送中[2][7]。前作『キラッとプリ☆チャン』の第3シーズンが新型コロナウイルスの影響で2か月間に渡り本放送を延期した影響により[注 23]、改編期の3月でなく5月終了と変則的な編成となったため、6〜9月の4か月間は傑作選『プリティーオールフレンズセレクション』を挟んで秋からの放送開始となった。プリティーシリーズのテレビアニメにおいて、放送開始が4月ではないのは2014年7月開始の『プリパラ』以来となる。また、改編期には後述の特別番組が挿入される。

スタッフ面では女児向けのアニメ作品で実績のある佐藤順一が総監督としてシリーズ初参加となり、監督にはシリーズ第1作の『オーロラドリーム』以降の全作品に関わって来た小林浩輔が起用された[41]。佐藤と小林の起用について、プロデューサーを務めるタカラトミーアーツの大庭晋一郎は「『プリティーシリーズ』のこれからの10年の基盤を作っていただきたく佐藤総監督にお願いしました。小林監督にこれまでの『プリティーシリーズ』を継承していただき、佐藤総監督に磨きを掛けていただきたい」と述べている[41]

過去シリーズに引き続き、通常シーンは2Dデジタルアニメ、ライブシーンは3DCGによるトゥーンレンダリング描写である。アイキャッチは第6話から導入されている。

本作の最終話を以て『オーロラドリーム』からセレクション放送を含めて11年半連続で放送されたプリティーシリーズのテレビアニメは休止に入る[7]。タカラトミーアーツのスタッフは「『ワッチャプリマジ!』のテレビアニメは一時終了しますが、ゲームは新プロジェクト『ワッチャプリマジスタジオ』を展開していく予定です。11年半のマラソンも一旦小休止、次のスタートを見越して備えていきたい」とコメントしている[7]

スタッフ

  • 原作 - タカラトミーアーツ[8]シンソフィア[8]
  • 総監督 - 佐藤順一[8]
  • 監督 - 小林浩輔[8]
  • チーフディレクター - Park Chi Man[8]
  • シリーズ構成 - 坪田文[8]
  • キャラクター原案 - 梨本裕美[8]
  • キャラクターデザイン - 戸田さやか[8]、Cha Sang Hoon
  • サブデザイン - 那花優統
  • プロップデザイン - 岡戸智凱、Kim Young Beom
  • 美術設定 - 比留間崇、高橋麻穂、Lee Hoi Young
  • 美術ボード - 猿谷勝己、王抱沖、Kim Eun Kyung
  • 色彩設定 - 河合真理子
  • 色彩設計 - Lee Yu Jin
  • 撮影監督 - Huh Tae Hee
  • CGディレクター - 乙部善弘[8]
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音楽 - 水谷広実[8]
  • 音楽演出 - 佐藤恭野
  • 音響監督 - 長崎行男[8]
  • 音楽制作 - avex pictures
  • プロデューサー - 高林庸介(第1話 - 第24話)→福田浩平(第25話 - )、中村剛之、石黒達也、Lee Se Eun
  • アニメーションプロデューサー - 古久保悠(第1話 - 第24話)→金子未来(第25話 - )、Kang Seok Woo
  • アニメーション共同制作 - タツノコプロ[8]DONGWOO A&E[8]
  • 製作 - テレビ東京、プリマジ製作委員会(エイベックス・ピクチャーズ、小学館、タカラトミーアーツ、タツノコプロ、テレビ東京、DONGWOO A&E、日本アドシステムズ[42]

主題歌

オープニングテーマでは冒頭部分でまつりとみゃむによるオープニングナレーションが挿入されている。

「Dreaming Sound」[43]
鈴木杏奈による1期オープニングテーマ。作詞は武田将弥とCocoro.、作曲は武田将弥、編曲は佐藤厚仁、制作はドリームモンスター
「Chasing the dream」
鈴木杏奈による2期オープニングテーマ。作詞はi☆Ris山北早紀ドリームモンスターのアッシュ井上、作曲・編曲はドリームモンスターのアッシュ井上。
「Magic×Color」
鈴木杏奈による3期オープニングテーマ。作詞・作曲はドリームモンスターの金山秀士、編曲はドリームモンスターのAira。
「Magical Future」[44]
陽比野まつり(廣瀬千夏)とみゃむ(小池理子)による1期エンディングテーマ。作詞・作曲・編曲はTeddyLoid
「チェックワンツー」
みゃむ(小池理子)とチムム(引坂理絵)ときゃろん(吉河順央)による2期エンディングテーマ。作詞・作曲はうみくん、編曲はToshihiro。

挿入歌

曲名 作詞 作曲 編曲 使用話数 補足
「マジ・ワッチャパレード」 児玉雨子 michitomo きなみうみ&michitomo 陽比野まつり(廣瀬千夏)
みゃむ(小池理子)
1、2、4、7、9[注 24] 、10、12、13、16、19、22、27、41
みゃむ(小池理子) 50
「Believe」 Carlos K. Carlos K.&田中マッシュ 田中マッシュ ジェニファー・純恋・ソル(青野紗穂) 1、10、13、21、22、33
「Starlight!」 TeddyLoid 弥生ひな(内田彩)
チムム(引坂理絵)
3、6、8、10、11、17、22、34、43、47、48
「イワナイ」 YJM Rockwell 甘瓜みるき(相良茉優)
はにたん(小倉唯)
5、10、20、22、29、37、44、47、48
「StarLight☆HeartBeat」 [注 25] 菅原幸枝 明坂聡美 9 モブの楽曲として使用[注 26]
「こんな世界に告ぐ」 真崎エリカ 原田篤(Arte Refact 心愛れもん(鈴木杏奈)
きゃろん(吉河順央)
9、10、15、22、36、42、47、48
「The Secret Garden」 天真みちる 中村博 皇あまね(庄司宇芽香)
ぱたの(小原好美)
14、18、22、32、46、47、48
「wonder jewel」 中村博 ジェニファー・純恋・ソル(青野紗穂) 21、33、40
「ワッチャ!プリーズ!マジック!-What's your "Please" Magic?-」 松井洋平 大熊淳生(Arte Refact 陽比野まつり(廣瀬千夏)
弥生ひな(内田彩)
甘瓜みるき(相良茉優)
心愛れもん(鈴木杏奈)
皇あまね(庄司宇芽香)
23、24
陽比野まつり(廣瀬千夏)
弥生ひな(内田彩)
甘瓜みるき(相良茉優)
心愛れもん(鈴木杏奈)
皇あまね(庄司宇芽香)
御芽河あうる(藤寺美徳)
49
「滲む、馨る、」 YJM SUIMMIN SUIMMIN、Rockwell、松岡惠介 御芽河あうる(藤寺美徳) 25、26、30、39、45、47、48
「Don't be Afraid」 Natsume DJ first 伊吹橙真(梶原岳人)
ひゅーい(田丸篤志)
28、39、48
「奇跡の降る」 YJM SUIMMIN、Rockwell、松岡惠介 陽比野まつり(廣瀬千夏)
御芽河あうる(藤寺美徳)
31、39、48
「天頂のコンフィアンサ」 工藤寛顕 TO-me 弥生ひな(内田彩)
皇あまね(庄司宇芽香)
35、39、48
「Sweetness×Darkness」 style="text-align:center;"|酒井祐輝 甘瓜みるき(相良茉優)
心愛れもん(鈴木杏奈)
38、39、44、48
「Lux Aeterna」 松崎啓介 さみゅ式 ジェニファー・純恋・ソル(青野紗穂) 40、49
「Dreaming Sound」 武田将弥
Cocoro.
武田将弥 佐藤厚仁 フェスリダ(松本梨香)
マツリダ(松本梨香)
48
「Chasing the dream」 山北早紀
アッシュ井上
アッシュ井上 鈴木杏奈 48

各話リスト

話数サブタイトル脚本絵コンテストーリーボード演出アニメーション
演出
ライブ演出作画監修初放送日[45]
第1話いっしょにプリマジしよ! 坪田文小林浩輔
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
小林浩輔Nam Sung Min小林浩輔
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
  • 鈴木和音
  • 石川てつや
2021年
10月3日
第2話やるぞ!お祭りステージ! 村山功小松達彦
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
熊野千尋Na Ki Chual
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
10月10日
第3話おしゃれ番長・ひな見参じゃん! 坪田文南康宏
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
米田光宏Jeon Byung Cheol10月17日
第4話コンビ解散!?
マジ早すぎだよ〜
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
徐惠眞Park Chi Man
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
10月24日
第5話みてみて!かわいい×2
みるきだお(は〜と)
広田光毅菅原静貴
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
菅原静貴Nam Sung Min
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
10月31日
第6話闇プリマジスタ!?れもん現る! 村山功誌村宏明
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
黒瀬大輔Na Ki Chual
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
11月7日
第7話にゃんとも
ユカイ☆ソーカイ☆魔法界!
天真みちる渡辺健一郎
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
渡辺健一郎Jeon Byung Cheol
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
11月14日
第8話ひな先輩のマジ特訓!
ヤバいよヤバいよマジヤバいよ!
広田光毅米田光宏
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
米田光宏Park Chi Man
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
11月21日
第9話心・覚醒!れもん降臨す!! 村山功小松達彦
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
伊藤浩Nam Sung Min11月28日
第10話プリマジしか勝たん!
激熱オフ会!!
助川紗和子今中菜々
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
今中菜々Na Ki Chual
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
12月5日
第11話跳べひな!孤独を超えていけ! 広田光毅菅原静貴
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
熊野千尋Jeon Byung Cheol
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
12月12日
第12話まつりVSひな
フェニックスはどちらに微笑む?
坪田文南康宏
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
伊藤浩Park Chi Man12月19日
第13話ワッチャ・マジックワード
  • 佐藤順一
  • 小林浩輔
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
鷹山勇次Nam Sung Min12月26日
第14話熱くあやしく麗しく
〜あまねのプリマジ〜
天真みちる誌村宏明
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
米田光宏Na Ki Chual
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
  • 石川てつや
2022年
1月16日
第15話もうやめだ!
合宿なんてやってられない!
村山功南康宏
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
髙橋福大郎Jeon Byung Cheol
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
1月23日
第16話橙真の『マジ』
ひゅーいの『マジ』
坪田文小松達彦
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
熊野千尋Park Chi Man1月30日
第17話チムム、
お世話になりましたチム…
広田光毅誌村宏明
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
伊藤浩Nam Sung Min2月6日
第18話あまねの心、秘密の花園 坪田文大島克也
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
大島克也Na Ki Chual2月13日
第19話みんなで!
また行ったのカイ☆魔法界!
村山功渡辺健一郎
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
渡辺健一郎Jeon Byung Cheol2月20日
第20話空前絶後の!
みるきあざとい裁判だお!
天真みちる小松達彦
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
黒瀬大輔Park Chi Man2月27日
第21話アイ・アム・ジェニファー! 土屋理敬江副仁美
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
熊野千尋Nam Sung Min
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
  • 石川てつや
3月6日
第22話緊急特番ご覧アーレイ! 天真みちる米田光宏
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
米田光宏Na Ki Chual
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 青木康哲
  • 島田さとし
3月13日
第23話最後の試練 みんなでセンター! 村山功
  • 佐藤順一
  • 小林浩輔
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
  • 伊藤浩
  • 髙橋福大郎
Jeon Byung Cheol3月20日
第24話行くぞエキシビション!
5人のマジ
広田光毅
  • 江副仁美
  • 小林浩輔
  • 小松達彦
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
児玉和子Park Chi Man
  • 戸田さやか
  • 斉藤里枝
  • 川島尚
  • 満田一
  • 青木康哲
  • 島田さとし
3月27日
第25話検証データFile
御芽河あうるの場合
土屋理敬小松達彦
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
黒瀬大輔Nam Sung Min4月10日
第26話あうるの英吉研究白書! 村山功西田健一
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
熊野千尋Na Ki Chual4月17日
第27話繋がっていく運命 坪田文
  • 佐藤順一
  • 小林浩輔
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
米田光宏Jeon Byung Cheol4月24日
第28話君はマイ・プレシャスワン!
俺たちのマジ!
西田健一
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
児玉和子Park Chi Man5月1日
第29話誰と組む?
フィーリングデュオ大会
天真みちる山本三輪子
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
髙橋福大郎Nam Sung Min5月8日
第30話めがねとコンタクト 土屋理敬松園公
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
熊野千尋Na Ki Chual5月15日
第31話マジ?テクノロジー?
いざ、デュオプリマジ!
広田光毅小松達彦
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
米田光宏Jeon Byung Cheol5月22日
第32話ただ1つの花
〜あまねのマジ〜
  • 天真みちる
  • 坪田文
坂田純一
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
黒瀬大輔Park Chi Man5月29日
第33話太陽を目指す者たち 坪田文西田健一
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
伊藤浩Nam Sung Min6月5日
第34話私だけのビビッドスター 大宙征基
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
児玉和子Na Ki Chual6月12日
第35話舞い上がれ!
ひなとあまねのデュオ!
土屋理敬宗廣智行
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
熊野千尋Jeon Byung Cheol6月19日
第36話さらばれもん!
お暇のきゃろん
村山功誌村宏明
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
米田光宏Park Chi Man6月26日
第37話だいじょうぶ!?
みるれもデート!
高橋征也
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
髙橋福大郎Nam Sung Min7月3日
第38話かつ目でござる!
これが私らのデュオだお!
村山功渡辺健一郎
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
渡辺健一郎Na Ki Chual7月10日
第39話灼熱ドリーマー
御芽河阿智彦
広田光毅小松達彦
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
黒瀬大輔Jeon Byung Cheol7月17日
第40話You are MY Sunshine 坪田文大宙征基
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
熊野千尋Park Chi Man7月24日
第41話プリマジ、マジ終了!? 土屋理敬室谷靖
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
伊藤浩Nam Sung Min7月24日
第42話せっ者とマジの距離ディスタンス 村山功山本三輪子
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
髙橋福大郎Na Ki Chual8月7日
第43話勝ちたい!
届け、このマジ
広田光毅西田健一
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
児玉和子Jeon Byung Cheol8月14日
第44話みるきぃどり〜む♡めしあがれ(ぺこり) 高橋征也小松達彦
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
米田光宏Park Chi Man8月21日
第45話科学の道、あうるの道 土屋理敬松園公
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
熊野千尋Nam Sung Min8月28日
第46話貴女に捧げる…『愛しています』
  • 高橋征也
  • 坪田文
大空征基
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
伊藤浩Na Ki Chual9月4日
第47話マジか!
間近に迫るフェス!
村山功渡辺健一郎
  • Jeon Byung Cheol
  • Nam Sung Min
渡辺健一郎Jeon Byung Cheol9月11日
第48話開幕!
ユーフォリアレビュー
広田光毅小林浩輔
  • Park Chi Man
  • Nam Sung Min
小林浩輔Park Chi Man9月18日
第49話マナマナ・マジパ・チュッピ 土屋理敬
  • Nam Sung Min
  • An Jai Ho
Nam Sung Min9月25日
第50話キミがあたしにかけた魔法 坪田文佐藤順一
  • Choi Hun Cheol
  • Na Ki Chual
伊藤浩Na Ki Chual10月2日

放送局

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[46]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [47] 備考
2021年10月3日 - 2022年10月9日[48] 日曜 10:00 - 10:30 テレビ東京系列全6局 日本国内[注 27]

同時ネット

2021年10月5日 - 2022年10月11日[49] 火曜 23:30 - 水曜 0:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[50]
2021年10月10日 - 日曜 5:30 - 6:00 テレビ新広島 広島県
日曜 6:30 - 7:00 仙台放送 宮城県 [注 28]
2021年10月29日 - 金曜 7:00 - 7:30 テレビ和歌山 和歌山県 [注 29]
2021年11月27日 - 土曜 11:30 - 12:00 キッズステーション 日本全域 CS放送[51]
2021年12月13日 - 月曜 17:25 - 17:55 びわ湖放送 滋賀県 [注 29][52]
2022年5月4日 - 水曜 7:30 - 8:00 奈良テレビ 奈良県 [注 29]
テレビ東京系列の地上波6局では字幕放送連動データ放送を実施[53][54]
また、本放送前週に事前特番を放送(後述)。
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[55]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2021年10月4日 月曜 17:00以降 更新
月曜 21:30 - 22:00 ニコニコ生放送
2021年10月5日 火曜 12:00 更新 YouTube(ちゃおチャンネル|テレビ東京公式 あにてれちゃんねる)
日本国外
テレビ東京系列 日曜10:00 - 10:30
前番組 番組名 次番組
ワッチャプリマジ!
(2021年10月3日 - 2022年10月9日〈予定〉)
-

特別番組

アニメの放送開始前と改編期に放送された特別番組。

スタート直前!大予習スペシャル

『ワッチャプリマジ!』スタート直前!大予習スペシャル」は、2021年9月26日にテレビ東京系列で放送された単発特別番組[57]。アニメの放送とゲームの稼働開始を控えてバラエティ形式の特別番組を放送するのは『プリパラ』開始前の『特別開校! プリパラスクール』(2014年6月21・28日放送)以来7年ぶりとなる。

番組内では「NEXT声優アーティストオーディション」の結果が発表され、優勝者の藤寺美徳(発表当初は「ミノリ」とも呼ばれた)が御芽河あうる役としてデビュー[58]することが明かされた[59]

  • 出演 - ゆりやんレトリィバァ、廣瀬千夏(陽比野まつり役)、小池理子(みゃむ役)、伊藤かな恵(タントちゃん役、ナレーション)

ワッチャプリマジ学園

改編期に挿入される前クールのトピックや次クールの見所を紹介する特別番組。実写パートは無く、講師役のみゃむが生徒役のまつりらプリマジスタを交えて進行する。

マジでわかる! ワッチャプリマジ学園
2022年1月9日放送[60]
新学期だよ! ワッチャプリマジ学園
2022年4月3日放送。

Webラジオ

ワッチャプリラジ!〜やるぞ!おまつりラジオ〜』は2022年7月1日よりアニメイトタイムズおよびエイベックス・ピクチャーズYouTube公式チャンネルにて不定期配信されるWebラジオ番組[61]。パーソナリティはアニメのキャストが回替わりで担当する。

配信リスト
配信日 サブタイトル パーソナリティ
1 2022年7月1日 いっしょにプリラジしよ! 廣瀬千夏(陽比野まつり役)、小池理子(みゃむ役)
2 2022年8月10日 ひなとれもんのドキドキラジオ
〜ひな見参じゃん! れもん降臨でござる!!〜
内田彩(弥生ひな役)、鈴木杏奈(心愛れもん役)
3 2022年9月16日 〜あまねとみるきの熱くアヤしく麗しいラジオだお(は~と)〜 庄司宇芽香(皇あまね役)、相良茉優(甘瓜みるき役)

漫画

アニメの放送開始に先駆けて、『ちゃお』(小学館)にて2021年10月号(9月3日発売)よりコミカライズ作品が連載開始され、2022年11月号(10月3日発売)まで連載された[62][63]。作者は同誌で『プリパラ』および『キラッとプリ☆チャン』を連載した辻永ひつじが引き続き担当。

脚注

[脚注の使い方]

ユニットメンバー

注釈

  1. ^ ライブ開始時は「我」。
  2. ^ みるきからは「あまねのパートナー」という事で美しい容姿を想像されていたために落胆されている。
  3. ^ ひゅーいに次ぐ2人目のため「2」と呼称している。
  4. ^ 初期設定および第1話と第24話のみ「私」
  5. ^ 29話のエンディングクレジットから判明
  6. ^ ゲーム版では掛け声に合わせて画面に表示された光るコーデカードをタッチする。
  7. ^ アニメでは、観客が「3、2、1」とコールし、マナマナが「ワッチャ!」観客が「プリマジ!」と叫んだ後、プリマジスタが現れる略式演出になることもある。
  8. ^ なおこの規則が語られたのは魔法界であるため、これが人間界でも適用されるかは現状不明。
  9. ^ 男性の場合、変身シーンなど一部の演出は省略される。
  10. ^ そもそも、人間界で人間態を維持すること自体魔力の消費が激しいために困難である。
  11. ^ ここで追加購入をした場合、追加購入一枚につきリズムゲームの最終得点にボーナス6000点が加算される。また、追加購入のカードをプリントする待ち時間には短いリズムゲームなどのミニゲームが挿入される。
  12. ^ コーデカード上部の色のついたハートの数で所持数が表される(2枚所持しているならハートは1つ、3枚なら2つ)。最大5枚分まで。
  13. ^ 第2章から追加。
  14. ^ 第4章から追加。過去に登場したURの色違い。
  15. ^ アイドルランドプリパラ』香田澄あまり役。
  16. ^ このタイプのみ言葉遣いが敬語になる。
  17. ^ アイドルタイムプリパラ』ガァララ・ス・リープ役。
  18. ^ 『プリパラ』太陽ペッパー役および『キラッとプリ☆チャン』キラッCHU役。
  19. ^ プリティーリズム・ディアマイフューチャー』大瑠璃あやみ役および『プリティーリズム・レインボーライブ』りんね役。
  20. ^ 2022年4月1日限定で、コーデメイツが一切登場せず音符も見えないバージョンが別枠で登場した。
  21. ^ まつり他のプレイヤーキャラクターを選択した場合は4タイプのカルテット、マイキャラを選択した場合はタイプ別(まっすぐ、いきいき、ふんわり、クール)のソロ曲となる。
  22. ^ 『キラッとプリ☆チャン』(オールフレンズ第2弾)のマイキャラガールズ用筐体曲「輝く永遠ヒストリー」の曲に新規の歌詞を付けている。
  23. ^ 2020年5月はシーズン1・2の傑作選、6月は4月分(第103〜106話)の再放送を行った。
  24. ^ れもんの自宅で流れた映像
  25. ^ 『プリティーリズム』のアーケードゲーム用に作成されたシンソフィアオリジナル曲からの転用。
  26. ^ 歌も披露していたが、キャスト上では歌クレジットの部分がカットされている
  27. ^ 北海道関東広域圏愛知県大阪府岡山県香川県福岡県(遠距離受信及びCATVによる区域外再放送は含めず)。
  28. ^ 2022年1月16日はトンガ噴火に伴う報道特別番組のため休止。
  29. ^ a b c 『プリティーオールフレンズセレクション』を放送せず、前作『キラッとプリ☆チャン』の後番組として放送。

出典

  1. ^ ワッチャプリマジ!|スペシャルサイト|タカラトミーアーツ” (日本語). ワッチャプリマジ!|スペシャルサイト|タカラトミーアーツ. 2021年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c プリティーシリーズ新作「ワッチャプリマジ!」総監督は佐藤順一、シリーズ構成に坪田文”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年6月24日). 2021年6月24日閲覧。
  3. ^ プリティーシリーズ新作発表 10周年記念作品『ワッチャプリマジ!』10月アニメ放送&ゲーム稼働”. ORICON NEWS. オリコン (2021年6月24日). 2021年6月24日閲覧。
  4. ^ “ニュース:めざすは、てっぺん! きらめくマジをさがしにいこう! プリティーシリーズ10周年記念作品『ワッチャプリマジ!』新キャラクター「ジェニファー」発表!”. volce media (ウェーブラボラトリ). (2021年9月26日). https://voicemediajp.net/?p=60298 2021年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b c d Gueed (2021年6月24日). “プリティーシリーズ10周年記念新コンテンツ「ワッチャプリマジ!」が発表。光とタッチで “魔法体験”を実現するというゲームもリリースへ”. 4Gamer.net (Aetas). https://www.4gamer.net/games/580/G058041/20210624100/ 2021年6月24日閲覧。 
  6. ^ “プリティーシリーズ新作『ワッチャプリマジ!』が発表! 歌とダンス、おしゃれに「魔法」追加、ガールズ青春ストーリーに一新 「15年、20年続く作品に」(森岡専務)”. Social Game Info (ソーシャルインフォ). (2021年6月24日). https://gamebiz.jp/?p=299077 2021年6月25日閲覧。 
  7. ^ a b c d “プリティーシリーズ:11年半のテレビアニメ連続放送が一旦終了 ゲーム「ワッチャプリマジ!」は継続”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年10月2日). https://mantan-web.jp/article/20221001dog00m200044000c.html 2022年10月2日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y スタッフ・キャスト”. ワッチャプリマジ!. テレビ東京. 2021年9月27日閲覧。
  9. ^ 2021年10月新アニメ『ワッチャプリマジ!』新キャラクター発表!”. PR TIMES. PR TIMES (2021年7月21日). 2021年12月24日閲覧。
  10. ^ a b 第50話アバンタイトルより。
  11. ^ a b プリティーシリーズ10周年記念作品『ワッチャプリマジ!』2021年10月よりテレビ東京系6局ネットでアニメ放送決定! 出演声優に廣瀬千夏さん・小池理子さん”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年6月24日). 2021年6月25日閲覧。
  12. ^ 第31話
  13. ^ 第49話
  14. ^ a b c d 秋アニメ『ワッチャプリマジ!』新キャラクター・弥生ひな(CV:内田彩)&心愛れもん(CV:鈴木杏奈)とパートナー魔法使いの情報が公開!”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年7月28日). 2021年7月28日閲覧。
  15. ^ a b c 第18話
  16. ^ 第33話
  17. ^ a b c d “ワッチャプリマジ!:追加キャストに庄司宇芽香、小原好美、相良茉優、小倉唯 「プリティーシリーズ」新作テレビアニメ”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年8月20日). https://mantan-web.jp/article/20210820dog00m200026000c.html 2021年8月20日閲覧。 
  18. ^ a b c d e 秋アニメ『ワッチャプリマジ!』新ビジュアル&新キャラクター第2弾が発表! 声優・庄司宇芽香さん、小原好美さん、相良茉優さん、小倉唯さんが出演決定”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年8月20日). 2021年8月21日閲覧。
  19. ^ 第2話
  20. ^ 第20話
  21. ^ a b 第20話の回想から。
  22. ^ 「ワッチャプリマジ!」主人公が憧れるプリマジスタ、ジェニファー役に青野紗穂”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年9月26日). 2021年8月26日閲覧。
  23. ^ 秋アニメ『ワッチャプリマジ!』新キャラクター「ジェニファー(CV:青野紗穂)」発表! 前回の「プリマジグランドフェスティバル」優勝者で、主人公「陽比野まつり」が憧れている存在”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年9月26日). 2021年9月26日閲覧。
  24. ^ 第41話
  25. ^ 第25話
  26. ^ 第30話、第31話。
  27. ^ a b PrettySeriesPRによるツイート”. Twitter (2021年9月28日). 2021年9月29日閲覧。
  28. ^ a b PrettySeriesPRによるツイート”. Twitter (2021年9月29日). 2021年9月29日閲覧。
  29. ^ a b 「ワッチャプリマジ!」伊藤かな恵が妖精タントちゃん役に、「全力でサポートします!」”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年9月10日). 2021年9月11日閲覧。
  30. ^ a b PrettySeriesPRによるツイート”. Twitter (2021年9月30日). 2021年9月30日閲覧。
  31. ^ 第44話
  32. ^ 第7話
  33. ^ 第19話
  34. ^ a b “「ワッチャプリマジ!」先行プレイレポート:リズムゲームだけじゃない! ワクワクに満ちた“魔法のステージ”に、誰もが夢中になれるはず”. Gamer (ixll). (2021年9月16日). https://www.gamer.ne.jp/news/202109160004/ 2021年9月19日閲覧。 
  35. ^ ばしょう (2021年6月24日). “「プリティーシリーズ10周年記念作品&新事業発表会」をレポート。新作ACゲーム「ワッチャプリマジ!」が10月稼動と発表に”. 4Gamer.net (Aetas). https://www.4gamer.net/games/580/G058041/20210624117/ 2021年6月24日閲覧。 
  36. ^ 2022/07/02 【トラブルシューティング】”. TAITOTECH. 株式会社タイトー (2022年7月2日). 2022年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。 “KDDIの通信障害の影響で、只今「ワッチャプリマジ!」におきまして繋がりにくい状況発生しています。”
  37. ^ @Taito_Hey (2022年7月2日). "2022年7月2日 午前11:09(JST)のツイート" (ツイート). Twitterより2022年7月6日閲覧
  38. ^ “タカラトミーアーツ、アーケード筐体『ワッチャプリマジ!』の「マイキャラ」ボイスキャストを発表! 伊藤かな恵さんが「タントちゃん」として出演決定!”. gamebiz (ソーシャルインフォ). (2021年9月10日). https://gamebiz.jp/news/333044 2021年9月19日閲覧。 
  39. ^ @T_ARTS_PRETTYの2021-06-24のツイート
  40. ^ BransicLのツイート(1445434556404752388)
  41. ^ a b “ワッチャプリマジ!:佐藤順一総監督「夢と憧れとラブを大事に」 「プリティーシリーズ」初参加に意気込み 起用理由は?”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年6月24日). https://mantan-web.jp/article/20210624dog00m200043000c.html 2021年6月25日閲覧。 
  42. ^ 「プリティーシリーズ」10周年記念プロジェクト始動!歌、ダンス、おしゃれ、そして魔法!魔法のカードが夢をかなえる『ワッチャプリマジ!』 2021年10月よりテレビアニメ放送開始!&アミューズメントゲームスタート! (PDF)”. プリマジ製作委員会、株式会社タカラトミーアーツ. p. 2 (2021年6月24日). 2021年6月28日閲覧。
  43. ^ TVアニメ『ワッチャプリマジ!』オープニングテーマ「Dreaming Sound」発売決定‼”. TVアニメ「ワッチャプリマジ!」DVD・CD・イベント公式ホームページ. エイベックス・ピクチャーズ (2021年9月12日). 2021年9月12日閲覧。
  44. ^ ワッチャプリマジ!「いっしょにプリマジしよ!」”. あにてれ. テレビ東京. 2021年9月30日閲覧。
  45. ^ エピソード”. ワッチャプリマジ!. テレビ東京. 2021年10月6日閲覧。
  46. ^ 放送局情報”. ワッチャプリマジ!. テレビ東京. 2021年10月6日閲覧。
  47. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  48. ^ 「2022年10月9日地上波番組欄」『月刊TVnavi首都圏版』2022年11月号、扶桑社
  49. ^ AT-X番組表”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2022年9月23日閲覧。
  50. ^ ワッチャプリマジ!”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2021年9月21日閲覧。
  51. ^ ワッチャプリマジ!”. キッズステーション. 2021年9月30日閲覧。
  52. ^ SPECIAL PROGRAM 12月の新番組・特別番組(びわ湖放送、2021年11月30日閲覧)
  53. ^ ワッチャプリマジ!「いっしょにプリマジしよ!」(テレビ東京、2021/10/3 10:00 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式). テレビ東京. 2021年10月6日閲覧。
  54. ^ データ放送”. ワッチャプリマジ!. テレビ東京. 2021年10月6日閲覧。
  55. ^ アニメ『ワッチャプリマジ!』公式 [@PrettySeriesPR] (2021年10月3日). "『ワッチャプリマジ!』第1話のご視聴ありがとうございました!もう1回見たい!もしくは見逃した―という方は、明日10月4日(月)17:00以降、こちらの配信サイトでご覧いただけます💖10月5日(火)正午からはYouTubeで期間限定配信もあります✨" (ツイート). Twitterより2021年10月5日閲覧
  56. ^ “Sentai Filmworks Licenses 8 Anime Including Kakegurui, Made in Abyss Season 2”. Anime News Network. (2021年8月21日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2021-08-21/sentai-filmworks-licenses-8-anime-including-kakegurui-made-in-abyss-season-2/.176502 2021年10月6日閲覧。 
  57. ^ スペシャル番組「『ワッチャプリマジ!』スタート直前!大予習スペシャル」放送のお知らせ”. ワッチャプリマジ!. テレビ東京 (2021年9月12日). 2021年9月21日閲覧。
  58. ^ プリティーシリーズ10周年企画NEXT声優アーティストオーディション開催決定!!合格者は「プリティーシリーズ」作品で声優デビュー!”. エイベックス・ピクチャーズ (2021年3月3日). 2021年9月28日閲覧。
  59. ^ 「「ワッチャプリマジ!」スタート直前!大予習スペシャル」 2021年9月26日(日)放送内容”. 価格.com (2021年9月26日). 2021年9月28日閲覧。
  60. ^ アニメ『ワッチャプリマジ!』公式(2021年12月26日のツイート)
  61. ^ プリマジWEBラジオ番組「ワッチャプリラジ!~やるぞ!おまつりラジオ~」配信決定‼”. TVアニメ「ワッチャプリマジ!」DVD・CD・イベント公式ホームページ (2022年6月11日). 2022年7月23日閲覧。
  62. ^ 『ちゃお』2021年10月号、小学館、2021年9月3日、 ASIN B09DYCYSB9目次より。
  63. ^ 『ちゃお』2022年11月号、小学館、2022年10月3日、 ASIN B0BF31VY8P目次より。

外部リンク

公式サイト
公式SNS