Arte Refact

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Memento mori > Arte Refact
Arte Refact
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 2011年 -
事務所 Memento mori
公式サイト www.arte-refact.com ウィキデータを編集
メンバー
旧メンバー
  • 五条下位
  • 西添健
  • 坂本悟史
  • 廣澤優也
株式会社Memento mori
Memento mori Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿2丁目8番4号 PARKFRONT新宿202号室
設立 2011年
業種 情報・通信業
法人番号 4010601039275 ウィキデータを編集
事業内容 サウンド・ゲーム等の企画及びコンテンツ制作
代表者 代表取締役 桑原聖
関係する人物 清水裕介(取締役)
外部リンク http://www.arte-refact.com/company/
テンプレートを表示

Arte Refact(アルテ・リファクト)は、株式会社Memento mori: Memento mori Co., Ltd.)の音楽制作レーベル。主にゲーム音楽や、テレビアニメ主題歌劇伴の楽曲制作を行っている。

概要[編集]

東方Project関連のアレンジサークルが原型の音楽クリエイターチーム[1]桑原聖が代表を務めている[2]

Arte Refact」という名前は、「アート」の語源であるラテン語の「Arte」と、英語で「構築」を意味する「fact」に「re」を付け「再構築」という意味を持たせた「Refact」から成る[3]。この名前は「素晴らしい音楽に夢中になり、影響を受けて育ってきた私たちが、更なる可能性を求めて、新しい音楽を生み出していきたい」という想いから付けられたという[4]。公式サイトには以下のように記されている[4]

Arte - 世の中に生み落とされた素晴らしい音楽

Re - それを受け取った私たちが

fact - 新たな音楽を生み出していく

— Arte Refact、Arte Refact” (日本語). Arte Refact. 2022年8月17日閲覧。

スタッフ[編集]

氏名 状態 役職 入社 退職
桑原聖[注 1] 在職中 代表取締役・プロデューサー・作編曲・ベース 2011年
原田篤 在職中 作編曲・ギター 2011年
真崎エリカ 在職中 作編曲 2011年
矢鴇つかさ 在職中 作編曲 2011年
菊池司 在職中 作編曲・レコーディングエンジニア 2012年
西添健 退職済 作編曲 2012年 2014年
酒井拓也 在職中 作編曲・マニュピレート 2012年
坂本悟史 退職済 作編曲 2012年 2012年
五条下位 退職済 作編曲 2012年 2014年
廣澤優也 退職済 作編曲 2013年 2015年
本多友紀 在職中 作編曲・ギター 2015年
小濱信慶 在職中 作編曲・サウンドディレクター 2015年
山本恭平 在職中 作編曲・ギター 2015年
脇眞富 在職中 作編曲・ギター 2016年
吉田真太郎 在職中 作編曲 2016年
三宅優衣 在職中 作編曲 2018年
伊藤和馬 在職中 作編曲・ギター 2019年
大熊淳生 在職中 作編曲・ドラム 2019年
河合泰志 在職中 作編曲 2020年
宮家智彦 在職中 作編曲 2021年
水野谷怜 在職中 作編曲 2021年
Nika Lenz 在職中 作編曲 2021年
小野寺祐輔 在職中 作編曲 2021年
山田飛鳥 在職中 作編曲 2021年
如月結愛 在職中 作編曲 2022年

年譜[編集]

主な作品[編集]

楽曲提供を行った作品の一覧(50音順)。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年から2014年まではfandelmale名義で活動していた。

出典[編集]

  1. ^ 荻原梓 (2016年10月28日). “いま“チーム”で音楽を作る意味とは? MONACAの新鋭・田中秀和の台頭から考える” (日本語). リアルサウンド. 2022年8月17日閲覧。
  2. ^ 堀口佐知 (2022年2月25日). “桑原聖(Arte Refact)×草野華余子対談 ヒット曲を多数手がける音楽作家が考える“東方音楽のすごさ”” (日本語). リアルサウンド. 2022年8月17日閲覧。
  3. ^ ランティス 編 『プロが教えるアニソンの作り方』リットーミュージック、2015年6月25日、166頁。ASIN 4845626136ISBN 9784845626137 
  4. ^ a b Arte Refact” (日本語). Arte Refact. 2022年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]