ウリクペン救助隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウリクペン救助隊
アニメ
原作 金子満
総監督 笹川ひろし、原征太郎
脚本 鳥海尽三(企画・脚本)
キャラクターデザイン 杉野昭夫
アニメーション制作 タツノコプロ
製作 タツノコプロ、ユニマックス
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1974年9月30日 - 1975年3月29日
話数 全132話(全22回)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ウリクペン救助隊』(ウリクペンきゅうじょたい)は、フジテレビ系列局で放送されていたテレビアニメである。タツノコプロとユニマックスが共同製作したアニメであるが、権利はMK COMPANYが所持している。全132話(全22回)。

フジテレビでは1974年9月30日から1975年3月29日まで、毎週月曜 - 土曜 18:55 - 19:00 (日本標準時)に放送。前期には日本冷蔵(現・ニチレイ)の一社提供で、後期にはエスエス製薬の一社提供で放送されていた。海外では、1989年に香港亜洲電視で放送された。

ストーリー[編集]

ウリクペン王国の動物たちによる救助隊「ウリクペン救助隊」が、森の動物たちを災難救助する。「ウリクペン」の名は、当初のメンバーであるウサギリスクマペンギンに因む。

本作は1つの出動シナリオを1週間かけて描く構成を採っており、毎週土曜日にはその週に最も早く到着できた救助隊員に「今週の功労賞」が与えられる模様を放送していた。

登場キャラクター[編集]

ウリクペン救助隊[編集]

ライオンのボス
- 不明
ウリクペン王国の国王で、救助隊の隊長も兼ねている。常に王宮で待機している。
ウサギの征太郎
声 - 喜多道枝
ウリクペン救助隊の中心的存在。正義感の強い一番の元気者だが、泳げないのが弱点。
ペンギンのギン太
声 - 水鳥鉄夫
クールなキャラクターを気取っているが、結構熱くなりやすいタイプ。
リスのピン助
声 - 不明
小柄ですばしっこい隊員。
イノシシのチョチョ・ロドリゲス
声 - 不明
常にサングラスを付けている。文字通りの猪突猛進キャラクターで、八五郎とは良きケンカ仲間。
クマの八五郎
声 - 佐藤昭司
隊員一の巨漢で、怪力が売りの隊員。ギャグメーカー的なキャラで、功労賞を取ることは少ない。
トナカイのムーさん
声 - 不明
ベテラン隊員でチームの相談役的存在。一番の長身。
ツルのリンリン
声 - 麻上洋子
救助隊の紅一点。通信や情報を担当する隊員。隊員の中では唯一自力での飛行が可能で、常に空の上から見守る。
コアラ
声 - 不明
隊員ではないが、いつも基地にいる。第9話ではハングルフ一味に拉致された事もある。

このほか、「功労賞」発表時にはオウム(ファンファーレ担当)やチンパンジー(ドラムロール担当)も登場するが、いずれも声を発しない。

ハングルフ一味[編集]

ハングルフ
声 - 水島鉄夫
ウリクペンチームの救助の邪魔をする一味のボスであるオオカミ。主に洞窟のアジトから指令を下すが、時によっては自ら前線で行動をする事もある。
コンドル
声 - 不明
ハングルフの部下。主に空の上から妨害を仕掛ける。多数のメンバーが存在する。
カラス
声 - 不明
同じくハングルフの部下。コンドル同様多数メンバーが存在。

ナレーション[編集]

声 - 納谷六朗

フォーマット[編集]

毎回のストーリー展開は次の通り。

  1. ウリクペン城内のボスとリンリンの前にウリクペン隊員6名(征太郎・ギン太・ピン助・ロドリゲス・八五郎・ムー)が整列し、その席上、ボスから事件と任務が命ぜられる。
  2. ウリクペン隊員は、直ちにヘルメットとバッグを装着。城下にある専用車に搭乗し、城から出動する。その後、城上部からリンリンが出動する。
    • ここまでが月曜前半。
  3. ウリクペン隊員たちは目的地まで出動するが、そこへハングルフたちが様々な妨害を仕掛けるも、隊員たちの反撃やハングルフたちの自滅によって未遂に終わる。この間リンリンは、様子を城内のボスへ報告する。
  4. そして隊員のいずれか1人が見事任務を達成し、事件解決となる。
    • ここまでが月曜後半から土曜前半。
  5. 隊員たちは再びボスとリンリンの前に整列。オウムやチンパンジーのファンファーレとともに隊員たちの頭上に6個のくす玉が現れ、ボスの「功労者」発表と同時にくす玉が割れて紙吹雪が舞う。そして受賞者はボスから「功労賞」メダルを首に掛けてもらう。それに納得のいかない隊員(たいていは漏れた隊員)が「どうして○○なんだよ!?」などと抗議することもあるが、その際にはボスが理由を説明する。また、事件解決後の様子を映すこともある。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

前期オープニングテーマ「がんばれ!ウリクペン救助隊」
作詞 - なかたにくにお / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 水木一郎、コロムビアゆりかご会
挿入歌「帰ろうよランラララン」
作詞 - なかたにくにお / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 堀江美都子こおろぎ'73

各話リスト[編集]

  • 第1話 ふしぎ草を探せ!
  • 第2話 ザネリの大火事
  • 第3話 ヒエビエ村を救え!
  • 第4話 氷を溶かすな!
  • 第5話 ビックラ山の一大事
  • 第6話 三匹の子豚救出作戦
  • 第7話 洪水村を救え!
  • 第8話 悪魔の実を刈りとれ!
  • 第9話 コアラゆうかい事件
  • 第10話 ダイナマイト作戦
  • 第11話 暴走列車を止めろ!
  • 第12話 ダチョウの卵を救え!
  • 第13話 恐怖の風船旅行
  • 第14話 ウリクペン越冬作戦
  • 第15話 ナダレ山荘を救え!
  • 第16話 救助隊海を行け!
  • 第17話 巨象ジャンボを止めろ!
  • 第18話 それ行け!地底大進撃
  • 第19話 恐怖の滝つぼ
  • 第20話 ムラサキ水仙を枯らすな
  • 第21話 早く電気を!
  • 第22話 赤ちゃん牛が待っている

放送局[編集]

ネット局のデータは、読売新聞1974年9月30日付夕刊のラジオ・テレビ欄に掲載されている宣伝広告より。

放送対象地域 放送局 放送日時
関東広域圏 フジテレビ 月曜 - 土曜 18:55 - 19:00
北海道 北海道文化放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 仙台放送 月曜 - 土曜 18:55 - 19:00
福島県 福島テレビ 月曜 - 土曜 17:00 - 17:05 (1974年12月まで)
長野県 長野放送 月曜 - 土曜 18:55 - 19:00[1]
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
静岡県 テレビ静岡
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
広島県 広島テレビ
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 愛媛放送
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
大分県 テレビ大分
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 鹿児島テレビ
沖縄県 沖縄テレビ

備考[編集]

  • 初回放送当日付の読売新聞夕刊のラジオ・テレビ欄には、ウリクペンチーム、曜日別のフォーマット、懸賞(後述)、日冷の冷凍食品について紹介する本作の宣伝広告が掲載された。
  • 「今週の功労賞」を与えられる隊員は、実際には月曜日に隊長が号令をかける際、「オーッ」と答える隊員に決まっていた。征太郎が受賞するケースが圧倒的に多かった。
  • 日冷一社提供時代には、「功労賞」の受賞者を当てる懸賞を行っていた。当時同社の冷凍食品に付いていた応募シールをハガキに貼って送ると、正解者の中から抽選で毎週300人に「ウリクペン・バッグ」(ウリクペン隊員が背中に羽織っているバッグと同型の玩具)がプレゼントされた[2]
  • 同じく日冷一社提供時代にはオープニングフィルムを流していたが、スポンサーがエスエス製薬に替わってからはカットされた。

脚注[編集]

  1. ^ 信濃毎日新聞』 信濃毎日新聞社、1974年9月30日・1975年3月29日付のテレビ欄。 
  2. ^ 毎日新聞毎日新聞社1974年10月7日、夕刊10頁。 
フジテレビ系列 月曜 - 土曜18:55枠
日本冷蔵一社提供枠 → エスエス製薬一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
クレクレタコラ
(1973年10月1日 - 1974年9月28日)
ウリクペン救助隊
(1974年9月30日 - 1975年3月29日)
冒険ロックバット
(1975年3月31日 - 1975年9月27日)