若松央樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若松 央樹(わかまつ ひろき、1968年11月21日[1] - )は、フジテレビ編成制作局ドラマ制作センター所属のドラマプロデューサー福島県南相馬市出身[2]早稲田大学社会科学部卒業。父は『福島原発難民』などの著書がある詩人若松丈太郎

1992年日本テレビ入社[3]2003年にフジテレビへ転職。2005年に「電車男」のプロデュースを担当。つづいて「のだめカンタービレ」・「風のガーデン」等を担当している。 編成制作局ドラマ制作センターゼネラルプロデューサーを経て、2013年6月27日付で編成制作局ドラマ制作部企画担当部長に就任。

担当したドラマ[編集]

日本テレビ[編集]

フジテレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ のだめカンタービレ 最終楽章 後編(東宝ホームページ)
  2. ^ 『錦戸亮、ガッキーとのキスシーン「マジで気持ちよかった」 『全開ガール』で“舌入れ”していた?』(日刊サイゾー)2013年4月10日
  3. ^ <デジタルハリウッド大学公開講座>総監督・プロデューサーが語る『のだめカンタービレ最終楽章』前編・後編ができるまで(朝日新聞デジタル)2010年5月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]