恋は光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
恋は光
ジャンル 青年漫画
恋愛漫画
漫画
作者 秋★枝
出版社 集英社
掲載誌 ウルトラジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
発表期間 2013年11月号 - 2017年10月号
巻数 全7巻
テンプレート - ノート

恋は光』(こいはひかり)は、秋★枝による日本漫画作品。集英社の漫画雑誌『ウルトラジャンプ』にて2013年11月号から2017年10月号まで連載。

あらすじ[編集]

大学生である西条はとある人とは異なる体質を持っていた。 恋をしている女性はキラキラと輝いている。それは彼にとって比喩ではなく現実に目に見えるものだった。

ある日講義に出席した西条は、隣りに座った本に没頭している女性のことが気になってふと声を掛けた。 彼女が読んでいたものは恋物語で、だけど彼女はその内容について「共感を伴っての理解が難しく好きでないというのが正直なところだ」と語った。 では、なんのために読んでいるのかと問う西条に彼女は答える。

「恋というものを知りたくて」

恋に恋する少女のようなその表情に西条は思い出す。光が見え始めた中学の頃から自分は恋愛というものを遠ざけてきたことを。 時間は有限でやるべきことは山ほどある、自分の生活に恋愛が入り込む余地などない――そう考えていた。 誰も自分に対して光を発する女性が居なかったからという現実的な理由もある。 だけど、そのとき西条は思った。

『この人が俺に恋をしてくれたなら』

そして西条は唯一の女友達である北代に相談する。 東雲というその女性は、浮世離れしていることで有名のようだった。 そんな彼女が気になる西条は、北代に東雲を呼び出してもらいその提案をする。

「交換日記をしませんか?」

東雲は西条の提案を承諾し、そこから一風変わった二人の物語が始まる。

西条が見えている光とは何なのか。そして彼らは恋というものを知ることができるのか。

西条を好きなことを心に秘めている北代。他人と付き合っている男を好きになる悪癖をもつ宿木。二人が交換日記のメンバーに加わり人間関係は複雑化していく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

西条(さいじょう)
本作の主人公。眼鏡を掛けた大学生。恋をしていると思われる女性が比喩ではなく輝いて見える体質を持つ。
変わり者で、浪人していて友達が少なく、妄想家で偏屈、目つきも悪いし喋り方も変、身長も平均で貧乏とは北代の評。
趣味として文章創作をしているが他人には見せていない。北代は創作物を見せてくれるまで彼のことを「センセ」と呼んでいる。
深夜に警備のバイトをしている。将来の夢は初任給でウォシュレットを買うこと。
東雲(しののめ)
浮世離れした女子大生。携帯を持たず、TVも見ず、パソコンも必要以上には触らない。父母がおらず祖母に育てられた。西条たちとかかわる中で、徐々に普通に近づいていく。法文学部人文社会学科。
北代(きたしろ)
西条とは小学生のときからの幼馴染。小学生の頃に女子グループの話を合わせるために西条を好きな人であると言ってごまかして、そのことを謝罪したことをきっかけに西条と話をするようになる。西条のことを誰よりも理解していると思っており、好意を持っている。だが、西条が彼自身に対して誰も光っている人が居ないと告げられたため、その気持ちを本人に伝えられないでいる。自分の気持ちが恋だと確認するために、光の正体が恋心ではないと証明したいと思っている。法文学部人文社会学科。
宿木(やどりぎ)
彼氏持ちの女からその彼氏を奪う悪癖を持つ女子大生。東雲と北代と三角関係になっている西条に興味を持ちアプローチを掛け付き合うことになる。最初は興味なかった西条のことを本当に好きになるが、そのときにはもう西条との恋人関係は解消されてしまう。その後も諦めきれず、髪を黒く染めたり、東雲を普通側に近づけようとしたり、他の男とくっつけようとしたりと努力をするが、結局諦める。

その他[編集]

大洲央(おおず・なかば)
西条と同じく光が見える体質の女子高に通う女子高生。束縛の激しい母親が苦手で、束縛をしない同姓で先輩の小笠原の事が好き。西条には見えない北代の光が見えている。
小笠原(おがさわら)
央の先輩。後輩の女子にもてる。
藤本(ふじもと)
宿木に紹介された東雲に好意を抱き告白するも振られる。普通の大学生。
小田(おだ)
宿木と東雲と藤本と一緒に海に行った。普通の大学生。
高山(たかやま)
西条の大学での知り合い。彼女持ち。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]