Xenos

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Xenos』(クセノス)は村生ミオによる日本漫画作品。1988年に創刊された秋田書店発行の漫画雑誌『ヤングチャンピオン』(秋田書店)で2003年No.22から2005年No.10まで連載された。また、同誌において、『ルームシェア Xenos2』が2007年No.2から2008年No.17まで連載された。「Xenos」とはギリシャ語で「客」、「外国人」、「不思議な」などを意味する。

2007年にはテレビドラマ化されている。

単行本[編集]

ヤングチャンピオンコミックス(秋田書店)より刊行。全4巻。

  • Xenos
  1. 2004年4月28日発売 ISBN 4-253-14881-6
  2. 2004年10月14日発売 ISBN 4-253-14882-4
  3. 2005年3月19日発売 ISBN 4-253-14883-2
  4. 2005年6月20日発売 ISBN 4-253-14884-0

ヤングチャンピオンコミックス(秋田書店)より刊行。全4巻。

  • ルームシェア Xenos2
  1. 2007年6月20日発売 ISBN 978-4-253-14766-8
  2. 2008年1月18日発売 ISBN 978-4-253-14767-5
  3. 2008年6月20日発売 ISBN 978-4-253-14768-2
  4. 2008年10月20日発売 ISBN 978-4-253-14769-9

テレビドラマ[編集]

2007年1月12日から3月30日までテレビ東京系で『Xenos 見知らぬ人』としてテレビドラマ化(「スポパラ」・「ドラマ24」枠)された。尚、テレビ大阪1月18日から4月5日まで、さらにその他系列外の地方局においても遅れネット等で放送され、あわせて、絶版に等しかった単行本が重版され再び店頭に並ぶなどドラマ化によって人気が再燃した(各局の放送状況についてはドラマ24を参照のこと)。


ストーリー[編集]

ルポライターの石橋直人は、仕事も私生活も順風満帆。最愛の妻・早妃とは一ヶ月前に入籍して、幸せな結婚生活を送っていた。 そんなある日、早妃が直人の前から突如姿を消す。早妃を探して奔走する直人は、早妃が戸籍を偽って結婚していたことを知る。そして、直人は何者からかの脅迫を受けるようになった。 謎が深まる中、直人の部屋に美しき女探偵の吉野が訪ねてくる。女探偵によって、直人の記憶の一部が欠けていることが判明する。早妃を取り戻すため、封印された記憶を求めて、直人は苦悩の日々が続く…。

メイン・キャスト[編集]

ゲスト・キャスト[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 裸体オークション! ポロリ全開…狂乳の舞女の秘事
  2. 標的は夫…柔肌の罠消えた新妻のウラ顔
  3. 奥さんを忘れて…! 夫の過ち…復讐の序曲女達の罠
  4. 監禁された妻の涙…黒幕の女の微笑!
  5. 隣人が覗く背徳行為復讐の罠に堕ちた妻
  6. 復讐の女神の正体は最愛の妻…赤い微笑
  7. 妻の匂い…目覚めた悪夢…三つ目の怪物
  8. 明かされた事件の謎と裸体の妻を売る男
  9. 女の迷宮…ベッドの上で明かされた真相
  10. 堕ちた女神…愛を信じた男と女の修羅場
  11. 妻と再会…炎の中の真実!黒幕の正体は
  12. 対決! 最後の黒幕…見知らぬ妻

外部リンク[編集]

テレビ東京 ドラマ24
前番組 番組名 次番組
クピドの悪戯 虹玉
(2006年10月13日 - 2006年12月22日)
Xenos
(2007年1月12日 - 2007年3月30日)
エリートヤンキー三郎
(2007年4月13日 - 2007年6月29日)