水曜日が消えた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水曜日が消えた
Gone Wednesday
監督 吉野耕平
脚本 吉野耕平
製作 櫛山慶(企画・プロデュース)
谷戸豊(企画・プロデュース)
田中誠一
製作総指揮 伊藤響
福家康孝
出演者 中村倫也
石橋菜津美
中島歩
休日課長
深川麻衣
きたろう
音楽 林祐介
主題歌 須田景凪Alba
撮影 沖村志宏
編集 佐藤崇
制作会社 ジャンゴフィルム
製作会社 『水曜日が消えた』製作委員会
配給 日活
公開 日本の旗 2020年6月19日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億2700万円[1]
テンプレートを表示

水曜日が消えた』(すいようびがきえた)は、2020年6月19日に公開された日本映画。監督・脚本は吉野耕平、主演は中村倫也[2]

概要[編集]

事故により解離性同一性障害を患う1人の人間が曜日ごとに異なる7人の自分の様子を、火曜日の「僕」の視点を通して描く。 吉野にとっては本作が監督デビュー作となる[2]

当初は2020年5月15日に公開予定だったが[2]新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、5月4日に劇場公開の延期が発表され[3]、6月5日に新たな公開日が6月19日に決定した事が発表された[4]

あらすじ[編集]

主人公の青年は幼いころの事故の後遺症により、7人の人格が日替わりで現れる。性格や好み、ライフスタイルもそれぞれ異なる7人の中でも一番地味で几帳面な火曜日の"僕"は、自由奔放な他の曜日たちから何かと雑用や面倒事を押し付けられながらも淡々と火曜日を過ごしていた。ある朝、目が覚ました火曜日の僕は散らかっていない部屋に異変を感じ、TVを見るとその日は水曜日だった。毎週火曜日が休館のため今まで行けなかった図書館に足を運び、女性司書と親しくなるなど新鮮な水曜日の生活を楽しむ火曜日の僕だったが、月曜日の僕も同様に他の曜日を生き始めていることを知る。

登場人物[編集]

 主人公。小学生時代に遭った交通事故の影響で、曜日ごとに7人の人格が入れ替わってしまう青年。

 主人公の元同級生の女性。7人全員と交流があり、頻繁に家にも訪れている。

 安藤の助手として主人公の治療に関わることになった若い医師。

 月曜日の僕の友人。ミュージシャン。

 図書館で働く女性。

 主人公を長年見守ってきた主治医。主に診察に来る火曜日の僕とは親しい仲。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・VFX - 吉野耕平
  • 音楽 - 林祐介
  • 主題歌 - 須田景凪Alba』(unBORDE / Warner Music Japan[6]
  • 製作 - 沢桂一、新井重人
  • エグゼクティブプロデューサー - 伊藤響、福家康孝
  • 企画・プロデュース - 櫛山慶、谷戸豊
  • プロデューサー - 田中誠一
  • 撮影 - 沖村志宏
  • 照明 - 岡田佳樹
  • 美術 - 丸尾知行
  • 録音 - 山田幸治
  • 編集 - 佐藤崇
  • 音響効果 - 柴崎憲治
  • 音楽プロデューサー - 和田亨
  • CG・VFX - 金子哲
  • 衣裳 - 袴田知世枝
  • ヘアメイク - 酒井夢月
  • スクリプター - 大西暁子
  • 助監督 - 蔵方政俊
  • 制作担当 - 斉藤大和
  • 配給 - 日活
  • 制作プロダクション - ジャンゴフィルム
  • 製作 - 『水曜日が消えた』製作委員会(日本テレビ放送網、日活)

ノベライズ[編集]

講談社タイガから本田壱成によるノベライズ版が2020年4月22日に発売された[7]。カバー絵は四宮義俊が担当した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]