ビーマップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ビーマップ
BeMap, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4316
2002年1月30日上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0047
東京都千代田区内神田二丁目12-5 内山ビル4F・5F
設立 1998年9月4日
事業内容 情報・通信
代表者 代表取締役社長 杉野文則
資本金 18億5424万7千円
(2013年3月31日現在)
発行済株式総数 3万2108株
(2013年3月31日現在)
売上高 12億7387万円
(2013年3月期)
営業利益 7474万円
(2013年3月期)
純利益 5696万円
(2013年3月期)
純資産 8億1428万円
(2013年3月31日現在)
総資産 12億1594万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 67名
決算期 3月末日
主要株主 杉野文則 7.52%
清水博行 2.60%
白井弘子 1.77%
(2012年3月31日現在)
外部リンク www.bemap.co.jp
特記事項:本店所在地は、当面の間、東京都文京区白山五丁目1番3号

加盟団体:一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム、

日本鉄道サイバネティクス協議会
テンプレートを表示

株式会社ビーマップは、東京都千代田区に本社を置くシステムインテグレーターである。鉄道・通信・放送のような既存の社会インフラと、革新を続けるIT技術との間の橋渡しを行うモバイルシステムインテグレーターとして創業した[1]

2003年3月期以降、連結・単体とも継続して純損失を計上し、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる状況が存在していたが、無線LAN関連の受注拡大もあり、2013年3月期に純利益を計上。継続企業の前提に関する注記の記載を解消した[2]

沿革[編集]

  • 1998年9月4日 - 設立。「JRトラベルナビゲータ」の提供開始。
  • 2002年1月 - ナスダック・ジャパン(現:JASDAQ グロース市場)に上場。
  • 2004年4月 - 「b-Walker」の提供開始。
  • 2005年7月 - 株式会社フレームワークスタジオを連結子会社化。
  • 2006年1月 - 株式会社アイ・オー・データ機器、株式会社プロジェクトとの共同出資で株式会社エム・データ設立。
  • 2006年5月 - テレビ情報検索システム提供開始。
  • 2006年11月 - フォーマイスターズ・システムコンサルティング株式会社を連結子会社化。
  • 2007年1月 - 株式会社インフォエックスを連結子会社化。
  • 2009年10月 - フォーマイスターズ・システムコンサルティング株式会社の全株式を同社代表者に譲渡。
  • 2009年12月 - 株式会社インフォエックスの全株式を同社代表者に譲渡。
  • 2012年3月 - 株式会社フレームワークスタジオの全株式を譲渡。子会社が消滅。

事業内容[編集]

  • ナビゲーション事業
    • 交通関連サービス:ジェイアール東日本企画と共同で時刻表・路線検索サービス「JRトラベルナビゲータ」を企画・運営
    • 位置情報・ナビゲーションサービス:ドライブプラン作成サイト「びあはーる」、法人向け最適ルート案内サービス「b-Walker」の運営
  • クロスメディア事業
    • 無線LAN事業:スマートフォンユーザーが近づくと自動的に広告等の情報を発信可能な「スマートプッシュ」等
  • ソリューション事業
    • カメラ映像閲覧サービス:監視カメラの映像を遠隔で再生・検索するサービス
    • TVメタデータ配信サービス:テレビ番組データ上の必要な情報を検索するサービス等の運営
    • O2O2O
    • webサービス・ソフトウェア開発

脚注[編集]

外部リンク[編集]