ネイルクィーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネイルクィーン
受賞対象 ネイルの発展に寄与した、その年最も輝いている著名人
日本の旗 日本
授与者 日本ネイリスト協会
初回 1996年

ネイルクィーンは、日本ネイリスト協会が選出し毎年11月に表彰しており、ネイルの発展に寄与した、その年最も輝いている著名人に対して贈られる。第1回は1996年度に行われた。

歴代の受賞者[編集]

第1回(1996年)[1]
第2回(1997年)[2]
第3回(1998年)[3]
第4回(1999年)[4]
第5回(2000年)[5]
第6回(2001年)[6]
第7回(2002年)[7]
  • ネイルクイーン2002 - 浜崎あゆみ
  • 協会特別賞 - 研ナオコ
第8回(2003年)[8]
第9回(2004年)[9]
第10回(2005年)[10]
第11回(2006年)[11]
第12回(2007年)[12]
第13回(2008年)[13]
第14回(2009年)[14]
第15回(2010年)[15]
第16回(2011年)[16]
第17回(2012年)[17]
第18回(2013年)[18]
第19回(2014年)[19]
第20回(2015年)[20]
第21回(2016年)[21]
第22回(2017年)[22][23]
第23回(2018年)[24][25]

殿堂入りした人物[編集]

3年の受賞経験のある受賞者は“殿堂入り”する。

NAIL FESTIVALでの受賞者[編集]

(大阪大会のネイルクイーン[28] / 2002年までは「ネイル&ベストスタイリング大賞」 / 2003年からは「ネイルプリンセス」)[29][30]

受賞者
1997年 千堂あきほハイヒール・モモコ
1998年 海原ともこ
1999年 マリアンヌ夏樹陽子
2000年 秋野暢子
2001年 鈴木紗理奈なるみ
2002年 杉本彩
2003年 愛内里菜
2004年 愛内里菜杉本彩
2005年 乙葉さゆり

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nail Competition 1996”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  2. ^ Nail Competition 1997”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  3. ^ Nail Competition 1998”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  4. ^ Nail Competition 1999”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  5. ^ Nail Competition 2000”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  6. ^ Nail Competition 2001”. 日本ネイリスト協会. 2014年11月18日閲覧。
  7. ^ ネイルクイーン2002”. NAIL EXPO 2002. 2014年11月18日閲覧。
  8. ^ ネイルクイーン2003 5部門で表彰”. NAIL EXPO 2003. 2014年11月18日閲覧。
  9. ^ 決定!ネイルクィーン2004”. NAIL EXPO 2004. 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ ネイルクイーン10周年記念 決定!ネイルクイーン2005 6部門で表彰”. NAIL EXPO 2005. 2014年11月18日閲覧。
  11. ^ 決定!ネイルクイーン2006 6部門で表彰”. NAIL EXPO 2006. 2014年11月18日閲覧。
  12. ^ ネイルクイーン2007”. NAIL EXPO 2007. 2014年11月18日閲覧。
  13. ^ ネイルクイーン”. NAIL EXPO 2008. 2014年11月18日閲覧。
  14. ^ ネイルクイーン”. NAIL EXPO 2009. 2014年11月18日閲覧。
  15. ^ ネイルクイーン2010決定!”. NAIL EXPO 2010. 2014年11月18日閲覧。
  16. ^ ネイルクイーン2011授賞式”. NAIL EXPO 2011. 2014年11月18日閲覧。
  17. ^ ネイルクイーン2012決定!”. NAIL EXPO 2012. 2014年11月18日閲覧。
  18. ^ ネイルクイーン2013”. NAIL EXPO 2013. 2014年11月18日閲覧。
  19. ^ ネイルクイーン2014”. NAIL EXPO 2014. 2014年11月18日閲覧。
  20. ^ 『ネイルクイーン』南明奈、橋本環奈らが受賞 ド派手&個性的ネイル披露”. ORICON STYLE (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。
  21. ^ “『ネイルクイーン』藤田ニコル、ダレノガレ明美らが受賞 個性的ネイル披露”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080749/full/ 2016年10月31日閲覧。 
  22. ^ a b “ダレノガレ明美がネイルクイーン殿堂「次はメガネ」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年11月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711130000401.html 2017年11月13日閲覧。 
  23. ^ 東京ネイルエキスポ2017|ネイルクイーン2017”. 日本ネイリスト協会 (2017年11月13日). 2017年11月13日閲覧。
  24. ^ a b “ピーター“ラストイヤー”に『ネイルクイーン』殿堂入り「最後に素晴らしい賞を…」”. ORICON NEWS. (2018年11月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2123165/full/ 2018年11月14日閲覧。 
  25. ^ ネイルクイーン2018 / 東京ネイルエキスポ2018”. NPO法人 日本ネイリスト協会 (2018年11月11日). 2018年11月14日閲覧。
  26. ^ 日本ネイリスト協会 (2008年). “ネイルクイーン2008”. 2009年12月2日閲覧。
  27. ^ ローラが5人目のネイルクイーン殿堂入り”. 日刊スポーツ (2014年11月17日). 2014年11月18日閲覧。
  28. ^ 『NAIL NEWS VOL.19』(1997)、『NAIL NEWS VOL.23』(1998)などでは、「大阪大会のネイルクイーン」と表記されている。
  29. ^ 日本ネイリスト協会 (2003年). “ネイルフェスティバル”. 2012年1月7日閲覧。
  30. ^ 日本ネイリスト協会 (2011年). “ネイルフェスティバル”. 2012年1月7日閲覧。