GENKING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゲンキング
GENKING
プロフィール
別名義 田中 沙奈(本名)
田中 元輝(旧名及び出生名)
生年月日 1985年11月18日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本愛知県豊橋市[1][2]
血液型 A型[3]
公称サイズ(2015年[4]時点)
身長 / 体重 176 cm / 54 kg
BMI 17.4
活動
デビュー 2013
ジャンル タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

GENKING(ゲンキング、1985年11月18日 - )は、日本タレント。本名:田中 沙奈(たなか さな)、旧名及び出生名:田中 元輝(たなか げんき)[5]大分県別府市生まれ、愛知県豊橋市出身。TWIN PLANET内 IN-STAR事業部に業務委託。

略歴[編集]

幼少期から自身の性別違和やそれからくるいじめがあったこと、小学四年生の時に12歳年上の姉に金髪に染められて周囲からの視線が変わったように感じられたことを後に述べている。中学生の頃に両親が離婚し、母と姉と3人の貧しい母子家庭で生活する。その頃から東京まで遊びに通うようになり、男女両方と交際する[6]

17歳の時、ジュノンボーイの愛知県選抜になったことがきっかけで芸能界に足を踏み入れる。当時の芸能活動は、雑誌の読者モデルが中心だった。19歳の時、ヘアメイクアーティストの小椋ケンイチから『ちゃんとした芸能をやるなら、20までにやらないとダメ!』と助言を受け、本気でやろうと思っていたら、好きな人ができた。モデルとして大きい広告も決まっていたが、ギャル好きの彼の為に、日焼けして金髪にしていまい、撮影には行かなかった[7]

2013年、美容クリニックコンシェルジュとして“OL”をしながら恋人と同棲生活を送る。家事をする主婦をしていた際に、暇を持て余し始めたInstagramで、謎のセレブ美男子として話題になり、度々有名人のinstagramにも登場するなど幅広い交友関係も注目を集める [8]。いくつかの芸能事務所からオファーを貰うが、自分の店を持つという将来の展望から断り続ける。

2014年7月、自身のアパレルブランド「BADASS」を設立[9]

会社員だった彼と8年間同棲。ファッションの仕事が忙しくなり、彼との時間も取れず家事もできなくなった。彼に辛い思いをさせたくなくて、距離を置くことが彼への最大の愛だと思って別れた[7]。友人に紹介された雑誌の編集長の依頼で、雑誌に3号連続で特集が組まれた。事務所に所属するきっかけは、「俺の人生、お前にかける」と言ったマネージャーの男気に惚れて、2014年12月にベンヌに所属。タレント活動一本に絞り、ユニセックスの象徴としてやっていきたいと目標を掲げる[10]

2015年3月1日放送の『行列のできる法律相談所』でテレビに初登場し、同性愛者であることをカミングアウトした[8]。番組の収録日を「人生で一番勇気が必要だった日」と述べている[11]

2016年3月28日、ファスティングカウンセラーの資格を取得[12]。同年4月16日に韓国ソウル市で開催される韓国美容外科学会にて、美容に対する水素の効果に関する論文を発表した[13]

2016年10月15日、自身プロデュースする美の総合ショップ「KINGs」を渋谷にオープンするも、2017年3月に閉店[14]

2016年11月15日放送の『解決!ナイナイアンサー』に出演し、ブレイクの裏の苦悩を明かす。中性的なルックスと華やかな私生活を公開したInstagramが話題を呼び、昨年のテレビ出演本数は214本と一躍ブレイクしたが、人見知りの性格とトーク力の無さで悩み、結果を残せず苦悩するようになる。更に視聴者からの批判でますますストレスを感じるようになった。この頃は休みなしで働いており1日の平均睡眠時間は3時間、過度のストレスが原因で突発性難聴、デビュー前から難聴、左右ほとんど聞こえない状態である。体中の蕁麻疹、頭から顔までの皮膚がただれるなど体に不調をきたしていた。また、SNS上で華やかな生活を演じるために、高価な物を購入して、最大1000万円の借金を抱えるなど、経済的にも問題を抱えていた。テレビ番組への出演依頼が激減。明るくハイテンションなキャラクターのりゅうちぇるがブレイクしていくのを目の当たりにし、バラエティタレントとしての可能性に限界を感じる。それから以前から興味があった美容分野に足を踏み入れることを決意し、勉強を重ね、現在は、美容家として活動している[15][16][17][18]。なお、1000万円あった借金は1年ほどで返済した[19]

2017年1月22日、自身のInstagramで2016年10月28日に性同一性障害と正式に診断を受けたとされる診断書を提示[20]。これまで性同一性障害ではないと主張してきたが、誹謗中傷に悩んだことから、「今のあたしは病気って言われた方が気持ちが楽」「載せるか悩んだけど、こゆ勇気を出す事で変わる気がする」と投稿を決意した理由を説明した[21]

2017年5月28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に「見栄を張ってローン地獄になっちゃった先生」として出演。上述の経済的問題を抱えることになった経緯を詳細に明かした。そして、「自慢カッコ悪い」と教訓を示し、「SNSで辛い思いをするよりも、身の丈に合った写真で楽しむべき。自分をしっかり持ってる人は、必死に自慢をしない。張り合うものではない」と述べた[19]

2018年1月29日、自著「僕は私を生みました。」の中で性別適合手術を受け、戸籍も女性になったことを公表。謎の美男子としてインスタグラムで注目を浴び、“ユニセックス”キャラでメディアの出演依頼が殺到したが、偽りの自分に心が悲鳴を上げた。2016年にホルモン治療を開始し、胸が大きくなるなど体型の変化に喜びを感じた。平常を保つことに限界を感じた末に、事務所を辞めて、性別適合手術を決意する。2017年5月28日にタイで手術、同年7月に戸籍上で「女性」に。8月には戸籍上の「本名変更」を行い、元輝(げんき)から沙奈(さな)となる。しばらく芸能活動を休止していた理由はこの為であり、今後、個人事務所「株式会社YAAYO」は、「株式会社TWIN PLANET内 IN-STAR事業部」にメディアマネジメントを業務委託する[22][23][24]

人物[編集]

19歳の時、初めて大失恋をして、美輪明宏の本で、自ら行ったことはすべて自分に返って来るっていう“カルマの法則”に出会った。今まではすごくひねくれていたが、そこから本来の優しい自分に戻った[11]

2005年頃、小椋ケンイチと交際していた[25]。デビュー当初、自身を「ユニセックス」だと述べており、「平成の美輪明宏[26]を目指していた。また、オネエオカマと呼ばれることを嫌悪しており[27]、「ニューキャマタン」(”ニューカマー”とオカマが訛った”おキャマ”を組み合わせた彼の造語)[10]と自称している。

上記の「平成の美輪明宏になりたい」という発言は、同じオネエタレントたちから批判された。ナジャ・グランディーバは、オネエタレントがテレビ番組などで活躍できるようになったきっかけを作った功績者の美輪の名前を新人タレントが出したことに芸能界中のオネエタレントが違和感を覚えたと明かしている。加えて、「平成の美輪明宏」をうたいながら「ニューキャマタン」と自称したこともオネエタレント達を困惑させた[28]IKKOは、2017年にバラエティ番組『バイキング』でGENKINGと共演時に、「あれは言っちゃいけないんじゃないかな」と指南している[29][30]

2017年3月31日放送の「今夜解禁!ザ・因縁」で上記の発言から、他のオネエタレント達を怒らせ、共演NGが出ているという話があり、美川憲一が生意気で勘違いしていると、芸能界の声を代表して説教した。

出演[編集]

バラエティ[編集]

過去の出演
  • BMXrobot Presents! VとIの学校〜A面:ビジュアルの教室/B面:アイドルの教室〜(2015年6月、MUSIC ON! TV) A面番組レギュラー
  • スッキリ!!木曜特集「GENKINGのプチプラでおキャワたん」(2015年、日本テレビ

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GENKING Twitter”. 2015年10月19日閲覧。
  2. ^ ゴゴスマ Twitter”. 2015年5月25日閲覧。
  3. ^ GENKING、女性になったことを「実は隠してなかった…」Instagramで“伏線回収” 術後の心身の変化、結婚観、女性タレントとしての今後語る<独占インタビュー> - モデルプレス”. 2018年1月29日閲覧。
  4. ^ GENKING、「身長176cmで体重は54kg」と告白! ヘルシーで健康的な体を保つ秘訣を語る - ダイエットクラブ”. 2015年9月14日閲覧。
  5. ^ GENKINGさんがファスティングカウンセラー資格取得!”. 2018年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月7日閲覧。
  6. ^ “GENKING「バス代すら惜しんで…」シングル母への感謝語る”. https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612282/ 2018年9月5日閲覧。 
  7. ^ a b “「小4で金髪にカラコン」大ブレイク“GENKING”が誕生するまで”. https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612320/ 2018年9月5日閲覧。 
  8. ^ a b “【エンタがビタミン♪】謎の美男子・GENKINGが“オネエ”をカミングアウト。「これでやっと隠さずに生きれる」”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2015/03/genking-comingout-gyouretu20150301.html 2015年3月3日閲覧。 
  9. ^ “都内初開催謎の美男子マルチクリエイター・モデルGENKINGトークショー” (プレスリリース), 藤田観光株式会社, (2015年8月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000013925.html 2018年9月5日閲覧。 
  10. ^ a b “謎の美男子GENKINGインタビュー 専業主婦8年を経て、いま大ブレイクの秘密とは?”. https://wotopi.jp/archives/23478 2015年7月13日閲覧。 
  11. ^ a b GENKING. 目指すは「平成の美輪明宏」 人気沸騰GENKINGの“オネエ超越宣言”. インタビュアー:船橋麻貴. ウートピ.. http://wotopi.jp/archives/23578 2005年7月13日閲覧。 
  12. ^ “美のカリスマGENKINGがファスティングカウンセラーの資格を取得!” (プレスリリース), 株式会社ベンヌ, (2016年4月5日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000018220.html 2016年4月5日閲覧。 
  13. ^ “GENKING、韓国の学会論文発表へ”. デイリースポーツ. (2016年4月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/07/0008965917.shtml 2016年4月7日閲覧。 
  14. ^ KINGs
  15. ^ “GENKING 一時借金1千万円「借金して理想を演じた」…蕁麻疹、顔もただれ”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/15/0009669732.shtml 2016年11月15日閲覧。 
  16. ^ “GENKING、突発性難聴にじんましん…借金も1000万!? ブレークの裏の苦悩を明かす”. RBB TODAY. http://www.rbbtoday.com/article/2016/11/16/147052.html 2016年11月15日閲覧。 
  17. ^ “GENKING、新たな道へ…TV出演激減「すべて限界」ストレスで突発性難聴も”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/16/kiji/K20161116013734710.html 2016年11月16日閲覧。 
  18. ^ “GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」テレビ出演激減の理由は?”. モデルプレス. https://mdpr.jp/news/detail/1635888 2016年11月16日閲覧。 
  19. ^ a b “GENKING「1000万円の借金」ローン地獄の偽りセレブ生活を告白”. モデルプレス. https://mdpr.jp/news/detail/1689991 2017年5月30日閲覧。 
  20. ^ “GENKING Instagram”. https://www.instagram.com/p/BPkbN8MDqpH/?hl=ja 2017年1月22日閲覧。 
  21. ^ “GENKING、性同一性障害の診断書を公開 ワンオクTakaも反応<コメント全文>”. モデルプレス. https://mdpr.jp/news/detail/1657548 2017年1月23日閲覧。 
  22. ^ “GENKING、性別適合手術を初告白 戸籍上でも「女性」に”. ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2104806/ 2018年1月29日閲覧。 
  23. ^ “GENKING Instagram”. https://www.instagram.com/p/Beg-I12FnIt/?hl=ja 2018年1月29日閲覧。 
  24. ^ “株式会社YAAYO(GENKING個人事務所)とのメディアマネジメント業務委託契約締結に関するお知らせ – INSTAR インスター ‖ official website”. http://instar.co.jp/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEyaayo%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%A7%94%E8%A8%97%E5%A5%91/ 2018年1月29日閲覧。 
  25. ^ “GENKING、元恋人は「おぐねー」 10年ぶり再会で号泣ハグ”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/news/2055914/full/ 2015年7月13日閲覧。 
  26. ^ “GENKING「平成の美輪明宏さんになりたい」”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1495142.html 2015年6月20日閲覧。 
  27. ^ GENKING. GENKING「なんで自分だけこんなに苦しいんだって思った」過去の苦悩とブレイク後の心境を語る モデルプレスインタビュー. インタビュアー:モデルプレス. モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1522001 2005年9月13日閲覧。 
  28. ^ “GENKING、芸能界オネエ軍団の怒り買っていた ナジャ・グランディーバが明かす”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/04/0009887382.shtml 2017年2月4日閲覧。 
  29. ^ “GENKINGの「平成の美輪明宏」発言 IKKOが注意「言っちゃいけない」”. livedoorニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/12547827/ 2017年1月16日閲覧。 
  30. ^ “IKKO、GENKINGの"平成の美輪明宏"発言を注意「言っちゃいけない」”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/news/2017/01/16/244/ 2017年1月16日閲覧。 
  31. ^ GENKING「世にも奇妙な物語」でドラマ初出演「夢のよう」”. スポニチアネックス (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  32. ^ “TOKYO NAIL EXPO 2015”. http://nailevent.jp/nailexpo15/nailqueen.html 2015年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]