中央警察署 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Asahikage.svg 北海道札幌方面中央警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Sapporo-Chuo-Police-St-01.jpg
都道府県警察 北海道警察
管轄区域 札幌市中央区
課数 14
交番数 10 + 警備派出所 1
所在地 060-0001
札幌市中央区北1条西5丁目4番地
位置 北緯43度03分43.8秒 東経141度20分58.3秒 / 北緯43.062167度 東経141.349528度 / 43.062167; 141.349528座標: 北緯43度03分43.8秒 東経141度20分58.3秒 / 北緯43.062167度 東経141.349528度 / 43.062167; 141.349528
外部リンク 北海道札幌方面中央警察署
テンプレートを表示

中央警察署(ちゅうおうけいさつしょ)は、北海道警察が管轄する札幌方面の警察署の一つ。北海道内の筆頭警察署。

沿革[編集]

  • 1872年明治5年)9月:邏卒(現在の巡査にあたる)20名を以って、創成通官舎に邏卒屯所として開設。
  • 1877年(明治10年)3月20日:札幌警察署に昇格し、開署。
  • 1948年昭和23年)3月1日:警察法施行により、自治体警察として札幌市警察署発足。
  • 1949年(昭和24年)8月24日:札幌市警察局を設置し、札幌市警察署は札幌市中央警察署と札幌市北警察署(現在の東警察署)の2署制となる。
  • 1954年(昭和29年)9月1日:警察法改正により、北海道警察本部設置。札幌市中央警察署は北海道札幌中央警察署に改称。
  • 1955年(昭和30年)7月1日:警視正署長制となる。
  • 1962年(昭和37年)8月1日:札幌西警察署(現在の西警察署)分離開署。
  • 1969年(昭和44年)11月1日:札幌東警察署(現在の白石警察署)、札幌南警察署(現在の南警察署)分離開署。
  • 1976年(昭和51年)12月1日:札幌市が政令指定都市へ移行したことに伴い、北海道札幌方面中央警察署に改称。
  • 1998年平成10年)9月26日:現庁舎完成。

組織[編集]

  • 署長(警視正
  • 副署長(警視
  • 警務官
    • 警務課
    • 留置管理課
  • 会計官
    • 会計課
  • 生活安全官
    • 生活安全第一課、生活安全第二課
  • 地域官
    • 地域課
  • 薄野特別捜査隊
    • 指導係、特捜第一係、特捜第二係、特捜第三係
  • 刑事官
    • 刑事第一課、刑事第二課、刑事第三課、組織犯罪対策課、薬物銃器対策課 
  • 交通官
    • 交通第一課、交通第二課
  • 警備官

交番・警備派出所[編集]

括弧内は所在地を表す。

  • 大通交番(札幌市中央区大通西1丁目)
  • 北一条西交番(札幌市中央区北1条西15丁目)
  • 北一条東交番(札幌市中央区北1条東7丁目)
  • 札幌駅前交番(札幌市中央区北5条西4丁目)
  • 薄野交番(札幌市中央区南4条西3丁目) - 交番所長は警視。交番内に薄野特別捜査隊現地本部設置。
  • 桑園西交番(札幌市中央区北4条西19丁目)
  • 豊平橋交番(札幌市中央区南5条東4丁目)
  • 苗穂駅前交番(札幌市中央区北3条東13丁目)
  • 南三条交番(札幌市中央区南3条西7丁目)
  • 御幸交番(札幌市中央区南3条西14丁目)
  • 北三条警備派出所(札幌市中央区北2条西12丁目) - 在札幌大韓民国総領事館の警備に当たる。

アクセス[編集]

備考[編集]

  • 現庁舎は1998年(平成10年)に新築した。1934年(昭和9年)に建設された旧庁舎の面影を残した建築物であり、「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されている[1]
  • 運転免許試験課中央優良運転者免許更新センターが庁舎1階にある。
  • 2010年より機能強化を図るため各課の統合を行い、課長に警視を充て、その下に警部の統括官を配置した。
  • 2012年より各課の統括官を課長代理に改称した。
  • 2013年より警視職のポストを再編し新たに警務官、会計官、地域官などの管理官級職を置き(警務官は警務課長を地域官は地域課長をそれぞれ兼務し会計官は警視職級警察職員が付く)各課を再編し課長ポストには警部を充てた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧中央警察署 (PDF)”. 歴史の散歩道. 札幌市中央区. 2016年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]