瀧の白糸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝の白糸から転送)
移動先: 案内検索

瀧の白糸[1](たきのしらいと)は、泉鏡花の小説「義血侠血」を原作とする新派劇[2]および映画テレビドラマオペラである。1956年までに映画では6作品が製作された。

あらすじ[編集]

水芸人「瀧の白糸(本名:水島友)」は旅座仲間の南京出刃打(なんきんでばうち)の寅吉一座とことごとく対立していた。危機を救ってくれたのが高岡乗合馬車の御者として働く村越欣弥だった。そのことを忘れられない白糸は、ある夜、金沢を流れる浅野川に架かる卯辰橋(原作では天神橋)で欣弥と再会した。欣弥が金のために学問を断念したことを知った白糸は、自分が仕送りをすることを約束し、欣弥を支援する。欣弥への仕送りはしばらく続くが、人気の低迷とともにそれもままならなくなり、また芸人仲間の若い連れを駆け落ちさせるなどして南京出刃打の恨みを買う。白糸は一座のために高利貸しの岩淵から金を借りたが、300円を持って帰るときに南京にそれを強奪される。岩淵と南京がグルであることを責めようと白糸が岩淵を訪れたところ、誤って岩淵を刺し殺してしまう。白糸は勉学に励む欣弥の元を訪れるがあえなく逮捕。検事は学業を終えて初めて検事席に立つ欣弥であった。拘置所を訪れる欣弥に白糸は正直に裁いて欲しいと懇願し、法廷で切々と真実の大切さを説く欣弥の言葉に白糸は凶行を自白し、舌を噛んで自殺する。その後を追うように欣弥もピストルで己が命を絶ったのであった。

1915年版[編集]

瀧の白糸
監督 細山喜代松
脚本 原作 泉鏡花
製作 日活向島撮影所
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1915年2月
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日活向島撮影所製作、日活配給、細山喜代松監督作品。同撮影所は「日活新派」と呼ばれ、新派の常として、女性の配役は立花貞二郎女形が演じた。本作の具体的な出演者名は不明である。本作は、1914年(大正3年)10月、細山喜代松監督の大ヒット作『カチューシャ』と1915年(大正4年)1月の続編『後のカチューシャ』のヒット直後の作品である。

1933年版[編集]

瀧の白糸
監督 溝口健二
脚本 東坊城恭長
原作 泉鏡花
出演者 入江たか子
岡田時彦
菅井一郎
村田宏寿
浦辺粂子
撮影 三木茂
製作会社 入江プロ
配給 新興キネマ
公開 1933年
上映時間 88分
テンプレートを表示

溝口健二監督作品。サイレント映画。88分。傷んだプリントしか残されておらず、フィルムセンターにてデジタルリマスター版が作成されている[3]

出演[編集]

その他[編集]

2007年に望月京が付随音楽を作曲。IRCAMフェスティヴァル・アゴラの枠内でルーヴル美術館オーディトリウムで初演された。

このような昔の無声映画に現代の作曲家が新たに音楽を付ける試みは、ここ十数年間[いつ?]毎年ルーヴル美術館で行われているが、日本映画としては初の例である。

1937年版[編集]

マキノトーキー製作所製作、広瀬五郎監督作品。

出演[編集]

1946年版[編集]

大映製作、川口松太郎脚本、木村恵吾監督作品。

出演[編集]

1952年版[編集]

大映製作、依田義賢脚本、野淵昶監督作品。白糸は自殺せず、結末は欣弥と結ばれる。

出演[編集]

1956年版[編集]

大映製作、島耕二脚本、島耕二監督作品。白糸は無罪となり、欣弥と結ばれる。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

1973年、 NET系「女・その愛のシリーズ」中の一作として前後二編に分けて放送された。依田義賢脚本、稲垣浩監督、坂田晃一音楽。東映京都製作。

出演[編集]

オペラ[編集]

2014年、高岡(高岡市民会館)、金沢(金沢歌劇座)、東京(新国立劇場中劇場)で初演。女流俳人の第一人者黛まどかが一言一言に気持ちを込めた繊細で美しい台本を書き、稀代のメロディメーカー千住明がキャッチーでドラマチックな作曲をし、演出家十川稔が緻密でアッと驚かす大胆な演出をした。世界的なソプラノ歌手中嶋彰子が「滝の白糸」役で、初めて本格的な日本語オペラに出演した。2015年、金沢(石川県立音楽堂)で再演。

脚注[編集]

  1. ^ 白糸の像は金沢市浅野川の左岸の「鏡花の道」にある。レリーフ高岡市万葉線片原町停留場近くにある。
  2. ^ 花房柳外の脚色により、明治28年川上一座が駒形浅草座で初演。翌年の暮れ、喜多村緑郎が白糸で賞賛を博し、昭和には花柳章太郎水谷八重子 (初代)へと引き継がれ、新派の当り狂言となった。
  3. ^ 映像が東京メトロポリタンテレビジョンTokYo,Boy(2010年10月17日)放送分にて紹介されている。

外部リンク[編集]