虞美人草 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虞美人草』(ぐびじんそう)は、夏目漱石の長編小説『虞美人草』を原作とした映画化作品である。これまでに2度映画化され、1935年版、1941年版がある。1921年にも同じ題の映画が製作されているが、夏目漱石の小説とは無関係の作品である。

1935年版[編集]

虞美人草
Poppy. 1935. Japan. Directed by Kenji Mizoguchi.jpg
大倉千代子
監督 溝口健二
脚本 高柳春雄
原作 夏目漱石
出演者 夏川大二郎
月田一郎
武田一義
大倉千代子
二条あや子
撮影 三木稔
編集 坂根田鶴子
製作会社 第一映画社
配給 松竹キネマ
公開 1935年10月31日
上映時間 75分(現存73分)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第一映画社制作。1935年10月31日公開。75分。白黒。戦前の溝口作品としては珍しくほぼ全てが現存するもののラストシーンが欠落している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1941年版[編集]

虞美人草
監督 中川信夫
脚本 桜田半三
原作 夏目漱石
製作 富岡厚雄
出演者 高田稔
霧立のぼる
伊藤智子
玉井旭洋
江川宇礼雄
音楽 早坂文雄
撮影 三浦光男
製作会社 東宝映画
公開 1941年6月18日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東宝映画制作。1941年6月18日公開。88分。白黒。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]