見明凡太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
見明凡太郎から転送)
移動先: 案内検索
みあけ ぼんたろう
見明 凡太朗
本名 見明 先先 (みあけ すすむ)
別名義 見明 凡太郎
生年月日 (1906-10-15) 1906年10月15日
没年月日 1987年
出生地 日本の旗 日本 島根県美濃郡益田町(現在の同県益田市安富町
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1926年 - 1978年頃
配偶者 村田知栄子(離別)
主な作品
松竹梅
カルメン故郷に帰る
幻の馬
宇宙人東京に現わる
あしたのジョー
最も危険な遊戯

見明 凡太朗(みあけ ぼんたろう、1906年10月15日 - 1987年)は、日本俳優。本名は見明 先先(実際の表記は「先」が上下に重なった字体。読みは「みあけ すすむ[1])。旧芸名は見明 凡太郎(読み同じ)。元妻は女優村田知栄子

経歴[編集]

島根県美濃郡益田町(現在の同県益田市安富町)出身。1923年下関商業高校を卒業後、日本映画俳優学校に第2期生として入学。同期には島耕二小杉勇がいた。その後、1926年日活に入社。1927年公開の映画『彼をめぐる五人の女』(監督:阿部豊)でデビューを果たし、翌1928年の映画『松竹梅』で初主演を果たす。1932年から1934年にかけて不二映画社新興キネマに在籍したのち日活に復帰した。

1942年からは大映に所属し、300本以上の映画に出演した。また、1959年からはテレビドラマにも進出し、時代劇、特撮などジャンルを問わず名脇役として活躍した。

1978年の映画『最も危険な遊戯』を最後に芸能界から引退した。

1987年に死去した[2]とされているが死因は不明である。

また、2013年1月にNHK BSプレミアムの番組「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」公式ホームページの「視聴者の声」内にて、見明の娘と称する人物から、20年以上前に鬼籍に入ったという旨の投稿があった[3]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 彼をめぐる五人の女(1927年、日活
  • 競争三日間(1927年、日活)
  • 松竹梅(1928年、日活)
  • 東京行進曲(1929年、日活) - 敏男
  • 日本晴れ(1930年、日活)
  • 日活アラモード(1931年、日活)
  • 天国は何処だ(1931年、日活) - 国男
  • 本塁打(1931年、日活)
  • 天国の波止場(1932年、不二映画
  • 金色夜叉(1932年、不二映画)
  • 瀧の白糸(1933年、新興キネマ) - 新蔵
  • 光・罪と共に(1933年、入江プロ) - 探偵
  • 心の波止場(1934年、新興キネマ) - 大河野義一
  • 日の丸の子(1934年、新興キネマ) - 勝造
  • 鉄の街(1934年、新興キネマ) - 小坂
  • 月よりの使者(1934年、新興キネマ)
  • 熱風(1934年、新興キネマ) - 吉沢
  • うら街の交響曲(1935年、日活) - 西山作兵衛
  • 深夜の太陽(1935年、日活) - アンパンの三吉
  • のぞかれた花嫁(1935年、日活) - 老巡査
  • 人生劇場(1936年、日活) - 吹岡
  • 生命の冠(1936年、日活)
  • 非常線(1936年、日活)
  • 隣の奥さん(1936年、日活) - 川本
  • 裸の町(1937年、日活)
  • 街の旋風(1937年、日活)
  • 五人の斥候兵(1938年、日活) - 藤本軍曹
  • 路傍の石(1938年、日活) - 忠助
  • 土(1939年、日活)
  • 感激の一夜(1939年、日活)
  • 土と兵隊(1939年、日活) - 工兵中尉
  • 女性の罠(1940年、日活) - 鳥本
  • 風の又三郎(1940年、日活)
  • 母なき家の母(1941年、日活)
  • 第五列の恐怖(1942年、日活)
  • 血の爪文字(1944年、大映)
  • ベンガルの嵐(1944年、大映
  • 姿なき敵(1945年、大映)
  • 最後の帰郷(1945年、大映) - 森軍曹の父
  • 犯罪者は誰か(1945年、大映) - 中江儀介
  • 瓢箪から出た駒(1946年、大映)
  • 街の人気者(1946年、大映) - 岩田総右衛門
  • 彼と彼女は行く(1946年、大映)
  • 悪魔の乾杯(1947年、大映) - 林寺造
  • いつの日にか花咲かん(1947年、大映) - 鬼頭医師
  • 夜の門(1948年、大映)
  • 美しき豹(1948年、大映)
  • その夜の冒険(1948年、大映)
  • 死美人事件(1948年、大映) - 久保田主任
  • わが子ゆえに(1949年、東横
  • 虹男(1949年、大映)
  • 浅草の肌(1950年、大映)
  • カルメン故郷に帰る(1951年、松竹) - 丸野十造
  • 足にさわった女(1952年、東宝
  • 戦艦大和(1953年、東宝) - 山田軍医少佐
  • 月よりの使者(1954年、大映)
  • 晩菊(1954年、東宝)
  • 噂の女(1954年、大映) - 小林
  • 川のある下町の話(1955年、大映)
  • 楊貴妃(1955年、ショウ・ブラザース) - 陳玄礼
  • 幻の馬(1955年、大映) - 白石弥助
  • 青い果実(1955年、東宝)
  • 東京犯罪地図(1956年、大映)
  • 赤線地帯(1956年、大映) - 野々村
  • 宇宙人東京に現わる(1956年、大映) - 小村芳雄
  • 満員電車(1957年、大映) - 総務部長
  • 哀愁列車(1957年、大映)
  • 健太と黒帯先生(1957年、大映) - 大山富五郎
  • 穴(1957年、大映) - 大屋編集長
  • 冥土の顔役(1957年、大映)
  • 悲しみは女だけに(1958年、大映) - 安蔵
  • 俺たちは狂っていない(1958年、大映) - 校長
  • 海軍兵学校物語 あゝ江田島(1959年、大映) - 村瀬民蔵
  • たそがれの東京タワー(1959年、大映) - 津田武吉
  • 花の大障碍(1959年、大映) - 小西
  • 大菩薩峠 (1960年、大映)
  • 足にさわった女(1960年、東宝) - 警視 役
  • 東京の女性(1960年、大映)
  • 犯行現場(1960年、大映)
  • うるさい妹たち(1961年、大映)
  • 黒シリーズ(大映)
    • 黒の試走車(1962年) - 小栗喜八
    • 黒の報告書(1963年) - 鳴海検事
  • 学生仁義(1965年、大映)
  • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(1966年、大映) - 自衛隊司令官
  • 白い巨塔(1966年、大映) - 岩田重吉
  • にせ刑事(1967年、大映) - 警察署長
  • 広域暴力 流血の縄張(1969年、日活) - 藤岡伸作
  • 喧嘩博徒 地獄の花道(1969年、日活) - 宮島大五郎
  • あしたのジョー (1970年、日活) - 白木幹之介
  • 前科おんな 殺し節(1973年、東映) - 浜田安太郎
  • 俺の選んだ女(1976年、東宝)
  • 最も危険な遊戯(1978年、東映) - 足立精四郎

テレビドラマ[編集]

  • ちゃんこ横綱(1959年、CX
  • 口笛探偵長(1959年、NTV
  • 球形の荒野(1963年、TBS
  • 娘の結婚(1964年、NTV)
  • 判決(1965年、NET
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第12話「悪銭」(1966年) - 和助
    • 第4シリーズ 第21話「復讐」(1967年) - 小泉源兵衛
    • 第5シリーズ 第9話「鶴之助参る」(1967年) - 住職
    • 第5シリーズ 第17話「帰ってきた剣鬼」(1968年) - 作左衛門
  • 白い巨塔(1967年、NET) - 一丸直文
  • かげろう(1968年、TBS)
  • 俺は用心棒(1969年、NET)
  • 女優 わが道(1969年、NHK) - 浅見の父
  • 大岡越前 第1部(1970年、TBS)
  • 鬼平犯科帳
    • 第1シリーズ 第56話「金太郎そば」(1970年、NET / 東宝) - 重兵衛
    • 第1シリーズ 第41話「白浪看板」(1970年、NET / 東宝) - 前砂の捨造
    • 第2シリーズ 第15話「下段の剣」(1972年、NET / 東宝) - 牛久の小助
  • 軍兵衛目安箱 第7話「十三両の金」(1971年、NET / 東映) - 弥左ヱ門
  • 遠山の金さん捕物帳 第66話「燃える髪の女」(1971年、NET / 東映)- 越前屋剛蔵
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L
    • 第2部 第27話「密命おびて -萩-」(1971年) - 城戸兵部
    • 第3部 第20話「帰って来た男 -土佐-」(1972年) - ふたば屋主人
    • 第4部 第15話「津軽哀歌 -青森-」(1973年) - 五兵衛
    • 第8部 第6話「自慢高慢馬鹿のうち -駿府-」(1977年) - 清兵衛
  • だから大好き!(1972年、NET)
  • ミラーマン 第24話「カプセル冷凍怪獣コールドンに挑戦せよ!」(1972年、CX / 円谷プロ
  • 超人バロム・1 (1972年、YTV / 東映
  • 大江戸捜査網(12ch / にっかつ)
    • 第2話「裏街道に命を懸けて」(1970年) - 浅見主水正
    • 第107話「天狗の館が燃えた」(1973年) - 天海和尚
    • 第129話「女房殺しの罠」(1974年)
    • 第203話「無銭!! 父と娘の詩」(1975年) - 鳴海屋菊造
    • 第234話「美女群盗伝」(1976年) - 丹波屋
    • 第276話「無残! 盗っ人秘録」(1977年) - 阿部土佐守
  • 火曜日の女シリーズ / 男と女と(1973年、NTV / 国際放映) - 伴幸太郎
  • ジキルとハイド(1973年、CX)
  • 荒野の用心棒 第11話「武器なき闘いに怒りをこめて…」(1973年、NET / 三船プロ) - 芥川主水正
  • 子連れ狼(1973年、CX)
  • ファイヤーマン 第28話「アルゴン星から来た少年」(1973年、NTV / 円谷プロ)
  • 仮面ライダーV3 第37話「怪しの寺 ムササビ族の呪い!」(1973年、NET / 東映) - 田村昭景
  • 太陽にほえろ!(NTV / 東宝)
    • 第54話「汚れなき刑事魂」(1973年) - 平井栄三
    • 第100話「燃える男たち」(1974年) - 滝沢
  • 八州犯科帳 第5話「悪魔を見た女」(1974年、CX / C.A.L) - 清兵衛
  • 特別機動捜査隊(1974年、NET)
  • 水もれ甲介(1975年、NTV)
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り (NET / 三船プロ
    • 第28話「悪の花が飛んだ」(1975年) - 老中・牧野備前守
    • 第37話「傷だらけの烙印」(1975年) - 与助
    • 第53話「真夜中の狂刃」(1975年) - 辰五郎
    • 第58話「裏切りの賭け」(1977年) - 茂左衛門
  • Gメン'75 第76話「幻の女」(1976年、TBS) - 山岡大二郎代議士
  • 華麗なる刑事 第20話「黒衣の女」(1977年、CX / 東宝)
  • 破れ奉行 第30話「必殺!琉球おんな拳法」(1977年、ANB / 中村プロ) - 徳兵衛

バラエティ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画人名事典 男優篇 下巻』p.667。
  2. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇I (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年
  3. ^ 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 視聴者の声

出典[編集]

  • 『日本映画人名事典・男優篇 下巻』(キネマ旬報社、1996年)の「見明凡太朗」の項(p.667)参照。執筆者は園崎昌勝。

外部リンク[編集]