判決 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

判決』(はんけつ)は、1962年(昭和37年)10月16日から1966年(昭和41年)8月10日まで、日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)で放送されたテレビドラマである。全200回。

概要[編集]

法律事務所を舞台にした、社会派ドラマの代表的作品。1965年テレビ記者会奨励賞受賞、日本弁護士連合会表彰作品。

1963年10月30日放送の「北僻の人」は芸術祭参加作品となった。

1966年8月10日放送の第200回「憲法第二十五条」で最終回となった。しかし、番組継続を要望する声は高く、芸能界・文化界にまで多く及んでいた。最終回放送前の8月3日には「ドラマ『判決』の放送継続を望む会」が初会合を行った。阿木翁助南原繁千田是也などを世話人とし、手塚治虫白土三平阿部知二広津和郎今井正山本薩夫棟方志功小沢昭一杉村春子森光子など200人あまりが賛同者として名を連ねた。

放映時間[編集]

  • 1962年10月16日 - 1963年4月2日:火曜日20時 - 21時
  • 1963年4月10日 - 5月29日:水曜日20時 - 21時
  • 1963年6月5日 - 9月25日:水曜日20時45分 - 21時45分
  • 1963年10月2日 - 1966年8月10日:水曜日21時 - 22時

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

社会問題を積極的に扱う作品であったため、いくつかの作品が放送中止に追い込まれた。

  • 「沖縄の子」…沖縄問題をとりあげた。前田信明(現:前田吟)のデビュー作品。
  • 「女の園」…朝日訴訟昭和女子大学事件をモデルにした。
  • 「いわれなき垣根」…部落問題をとりあげた。
  • 「老骨」(第52話、1963年11月9日放送予定)…税制批判をとりあげた。
  • 「わが道をゆく」(1964年1月8日放送予定)…宇野重吉の出演が取り消され、制作不能となる。
  • 「生きる」(1964年12月16日放送予定、後日放送)…生活保護行政の不備をとりあげた。後日、改めて放送された。
  • 「佐紀子の庭」(1965年5月19日放送予定)…教科書問題をとりあげた。
    • 脚本に協力した家永三郎東京教育大学教授)は、放送にあわせて教科書問題に関する訴訟の提訴をする予定だったが、本番組の放送中止により、提訴を6月12日に延期した。訴訟については家永教科書裁判を参照。

また、放送前に一部内容を変更・カットして放送した作品も、多く存在する。

NET 火曜20:00 - 21:00枠
前番組 番組名 次番組
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
判決
(1962年10月 - 1963年4月)
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
NET系 水曜20:00 - 21:00枠
ドクターキルデア
※木曜21:45枠へ移動
判決
(1963年4月 - 5月)
※枠移動。
鉄道公安36号
(20:00 - 20:45)
判決(20:45 - 21:45)
NET系 水曜20:45 - 21:45枠
判決(20:00 - 21:00)
蘭太郎 秘聞
(21:00 - 21:30)
短い短い物語
(21:30 - 22:00)
判決
(1963年6月~9月)
※45分繰下げ。
判決(21:00 - 22:00)
NET系 水曜21:00 - 22:00枠
判決(20:45 - 21:45)
特別機動捜査隊
(21:45 - 22:45)
判決
(1963年10月 - 1966年8月)
※15分繰下げ。

リメイク[編集]

1978年(昭和53年)10月19日から1979年(昭和54年)5月19日まで、高橋英樹主演によるリメイク版が、テレビ朝日で放送された(全26回)。

同名の別作品[編集]

1979年(昭和54年)10月11日から1980年(昭和55年)4月24日までテレビ朝日で放送された高橋英樹主演の同名のテレビドラマ(全26回)とは無関係である(こちらは和久峻三の小説が原作で、弁護士・花吹省吾を主人公とする)。