紅つばめお雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紅つばめお雪
ジャンル 時代劇
企画 上月信二
高田正雄
脚本 森田新
今村文人
本山大生
監督 佐々木康
荒井岱志
井沢雅彦
長谷川安人
松尾正武
出演者 宮園純子
里見浩太郎
工藤堅太郎
製作
制作 NETテレビ
東映京都テレビプロダクション
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年10月2日 - 1970年12月25日
放送時間 金曜 20:00 - 20:56
放送枠 NET金曜8時枠の連続ドラマ
放送分 56分
回数 13
テンプレートを表示

紅つばめお雪』(べにつばめおゆき)は、1970年10月2日から同年12月25日までNET系列局で放送されていた連続テレビ時代劇である。NETテレビ(現・テレビ朝日)と東映京都テレビプロダクションの共同製作。全13話。放送時間は毎週金曜 20:00 - 20:56 (日本標準時)。

概要[編集]

同じくNETテレビと東映京都テレビプロダクションが製作した『旅がらすくれないお仙』や『緋剣流れ星お蘭』などの作品に連なる、女主人公による道中物時代劇。

八重垣流小太刀の達人で八重垣流始祖の娘でもあるお雪(宮園純子)が、世間並みの常識を持った娘になろうと一人旅に出る。その道中、素肌に赤い陣羽織だけを身に着けて赤いふんどしに大小の刀を差している農民出身のニワカ侍・石和の藤吉(里見浩太郎)や、漁師の息子でヤクザ志願の銚子の与三郎(工藤堅太郎)という二人の男と偶然に知り合い、三人で旅をしながら悪を懲らしめていく。

宮園純子と里見浩太郎の二人は、翌年の『水戸黄門 第3部』でもレギュラーとして再び共演を果たした。

レギュラーキャスト[編集]

お雪
演:宮園純子
八重垣流小太刀の始祖を親に持つ。五歳で父親と伊豆大島に渡り、そこで父親から伝授された八重垣流小太刀の腕前は天下一品。その後、父親の望みでもある世間並みの常識を得た娘になりたいと思い、父を伊豆大島に残して旅に出るが、行く先々で事件に遭遇する。初めのうちは世間知らずな言動を多く見せた。結婚願望を抱いているらしい。しっかり者で路銀を管理しており、藤吉や与三郎はお雪とはぐれると途端に文無しになってしまう。旅を重ねるごとに藤吉や与三郎から好意を抱かれるようになっていき、二人の夢の中でそれぞれの妻になったことも。
石和の藤吉
演:里見浩太郎
農民出身のにわか侍。というより、先祖が武士で自分は侍の子だと思い込んでいる。そのため、侍らしい扱いを受けないと怒ることがあり、与三郎と初めて出会った際も、それで揉めた。時折農民らしい口調を出すことがある。「(石和の)藤吉」はほぼ名乗らず「上杉藤吉郎」を名乗り、末は一国一城の主になることを夢見ており、一度、仕官の話もあったが、相手は偽物の侍だった。先祖から受け継いだという赤い陣羽織を着ており、それが自身のトレードマークにもなっている。痔持ちで、時々戦闘にも影響する。
銚子の与三郎
演:工藤堅太郎
元は銚子の漁師の息子で、渡世人志願で旅をしている。夢は大親分になること。二つ名として「昇り龍の与三郎」を名乗り、その名の如く龍が威勢よく登る様子の入れ墨を背中に背負っていることになっているが、実際には髭の部分だけ入れただけで、あまりの痛みで入れられなくなったため、あとはその都度誰かに描いてもらっている。そのため雨などが降って濡れると入れ墨が流れてしまう。一度、龍ではなく豚を背中に描かれたこともある(第7話)。オープニングに於いて、唯一台詞がある(第2話から)が、その台詞は途切れてしまっている。

スタッフ[編集]

  • 企画:上月信二(NET)、高田正雄(東映)
  • 脚本:森田新、今村文人、本山大生
  • 監督:佐々木康荒井岱志、井沢雅彦、長谷川安人、松尾正武
  • 音楽:小川寛興
  • 撮影:脇武夫、玉木照芳
  • 照明:岡田耕二、松井薫
  • 制作:NET、東映京都テレビプロダクション

放送日程[編集]

話数 サブタイトル 放送日 ゲスト出演者 スタッフ
1 花にいれずみ陣羽織 1970年
10月2日
伊藤雄之助剣持伴紀明星雅子五味竜太郎藤尾純古林泉 脚本:森田新
監督:荒井岱志
2 おっ父は田吾作流 10月9日 小林昭二江夏夕子山田桂子天津敏金光満樹出水憲司森谷譲 脚本:今村文人
監督:荒井岱志
3 夢は血まみれ 10月16日 見明凡太朗水上竜子小栗一也高野ひろみ石山律田坂都池信一 脚本:本山大生
監督:井沢雅彦
4 ふたりがひとり 10月23日 長谷川明男永田靖武藤英司幸田宗丸川合伸旺 脚本:今村文人
監督:荒井岱志
5 鬼さんどなた 10月30日 玉川良一清水元白石奈緒美有川由紀楠年明阿波地大輔宍戸大全 脚本:本山大生
監督:荒井岱志
6 割り込み無情 11月6日 潮万太郎舟橋元白木マリ永野達雄小川真司吉川雅恵 脚本:森田新
監督:佐々木康
7 三ン下に最敬礼 11月13日 太田博之遠藤辰雄森次浩司江波多寛児永田光男河上一夫 脚本:今村文人
監督:佐々木康
8 昨日を失った娘 11月20日 葉山良二村井国夫新井茂子山岡徹也汐路章北原将光 脚本:今村文人
監督:荒井岱志
9 悪さもさじ加減 11月27日 田崎潤黒木進園浦ナミ和田幾子藤岡重慶原聖四郎吉田義夫 脚本:本山大生
監督:井沢雅彦
10 いい奴、欲っ張り 12月4日 勝呂誉花里ゆかり坂口祐三郎田中春男須藤健山村弘三 脚本:今村文人
監督:長谷川安人
11 ちびが、なこうど 12月11日 太宰久雄二見忠男、山田桂子、町田祥子二宮博巳不破潤五味龍太郎山田康夫西山嘉孝 脚本:本山大生
監督:井沢雅彦
12 穴はひとすじ 12月18日 青柳美枝子三田登喜子石津康彦北原将光浜伸二横森久市村昌二花柳喜章 脚本:今村文人
監督:井沢雅彦
13 みんなで仇討ち 12月25日 夏八木勲早川保小山陽子滝那保代原健策山本麟一 脚本:今村文人
監督:松尾正武

外部リンク[編集]

NET系列 金曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
クイズ・アクション
(1969年10月10日 - 1970年9月25日)
紅つばめお雪
(1970年10月2日 - 1970年12月25日)
洋画特別席
(1971年1月8日 - 1972年7月21日)
※19:30 - 20:56