大内弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおうち ひろし
大内 弘
本名 大内 一郎 (おおうち いちろう)
生年月日 (1914-03-15) 1914年3月15日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サウンド版トーキー
活動期間 1935年 - 1941年
著名な家族 大内照子 (妹)
主な作品
忠治活殺剱
滝の白糸
ピストルと簪

大内 弘(おおうち ひろし、1914年3月15日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3]。本名大内 一郎(おおうち いちろう)[1]

人物・来歴[編集]

1914年大正3年)3月15日愛媛県松山市に生まれる[1][2]。4歳下の妹に女優大内照子(本名・大内幸香)がいる[4]

旧制・愛媛縣松山中學校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を卒業、東京に移って、旧制・早稲田大学附属早稲田高等学院(大学予科、現在の早稲田大学高等学院)に進学するが、2年次で中途退学する[1]京都に移り、1933年(昭和8年)9月、満19歳のときに松竹下加茂撮影所に入社した[1]

記録に残る最初の出演作品は、同年2月22日に公開された二川文太郎監督の『仁義は耀く』である[3]。同年5月9日に公開された笠井輝二監督の『やくざ無敵』、同年7月18日に公開された同じく『第二新選組』ではすでに主演している[3]。同年12月末にマキノ正博が設立したマキノトーキー製作所に、翌1936年(昭和11年)半ばに移籍(第二期入社)、同年8月7日に公開されたマキノ正博広瀬五郎根岸東一郎共同監督による『八州侠客陣』に出演、同年9月5日に公開された松田定次・広瀬五郎・根岸東一郎共同監督による『裸の礫』からは、すべて主演した[3]。同社は1937年(昭和12年)4月末には解散しており、葉山純之輔ら大半の俳優は新興キネマ京都撮影所(現在の東映京都撮影所)に移籍したが、大内は、新興キネマ移籍とともに現代劇に転向、新興キネマ東京撮影所(現在の東映東京撮影所)に所属した[3][5]

1940年(昭和15年)の半ばには、再び京都に戻り、松竹下加茂撮影所に移籍している[3]。翌1941年(昭和16年)12月1日に公開された、溝口健二監督の『元禄忠臣蔵 前篇』を最後に、満27歳以降の出演記録が不明である[3]第二次世界大戦中、同作にも出演した海江田譲二、あるいは中野かほるらとともに一座を組み、実演の巡業を行っていたようである[6]

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[3]。公開日の右側には役名、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

松竹下加茂撮影所[編集]

すべて製作は「松竹下加茂撮影所」、配給は「松竹キネマ」である[3]

マキノトーキー製作所[編集]

初期の特筆以外すべて製作・配給は「マキノトーキー製作所」である[3]

新興キネマ東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「新興キネマ東京撮影所」、配給は「新興キネマ」である[3]

松竹下加茂撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「松竹下加茂撮影所」、配給は「松竹キネマ」である[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g キネマ旬報社[1979], p.94.
  2. ^ a b 大内弘jlogos.com, エア、2012年11月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 大内弘日本映画データベース、2012年11月29日閲覧。
  4. ^ 大内照子jlogos.com, エア、2012年12月3日閲覧。
  5. ^ マキノ[1977]、p.338-374.
  6. ^ 入江[1991]、p.12.
  7. ^ a b c d 大内弘東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月29日閲覧。
  8. ^ 忠治活殺剱、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月29日閲覧。
  9. ^ 忠治活殺剣、日本映画データベース、2012年11月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]