芸道一代男 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芸道一代男
監督 溝口健二
脚本 依田義賢
原作 川口松太郎 小説『芸道一代男』
出演者 初代 中村扇雀
音楽 伊藤宣二
撮影 杉山公平
製作会社 特作プロダクション[1]
配給 松竹[2]
公開 日本の旗1941年2月9日[2]
上映時間 101分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

芸道一代男』(げいどういちだいおとこ)は、1941年に公開された溝口健二監督の日本映画[2]

川口松太郎の同名小説が原作。

溝口健二の『残菊物語』(1939年)、『浪花女』(1940年)に続く「芸道三部作」の三作目[1][3]

初代 中村鴈治郎(1860-1935)の追悼記念として製作された[3]。 初代 中村鴈治郎役を次男の初代 中村扇雀(後の二代目 中村鴈治郎)が演じ、娘の中村芳子も出演した[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

以下の出演者名と役名はallcinemaに従った[1]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g allcinema.
  2. ^ a b c d e f kinenote.
  3. ^ a b c 藝道一代男 - 松竹、2022年1月1日閲覧
  4. ^ a b c JMDb.
  5. ^ "キネマ旬報ベスト・テン1941年・第18回". キネマ旬報社. 1941. 2022年1月1日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]