松平純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 純子(まつだいら じゅんこ、本名:坂本久美子[1]1952年10月7日 - )は、日本の元女優歌手

経歴[編集]

栃木県塩谷郡塩谷町生まれ[1]矢板中央高等学校卒業後、京都の演劇塾・長田学舎に入る[1]。修行時代に東映プロデューサー俊藤浩滋にスカウトされ、1972年東映入社[1]。引退した藤純子に代わるスターの一人として期待され、1975年まで東映の映画に出演した[1]。しかし栃木訛りを取るよう厳しく言われ[2]、それが気懸りで女優業に違和感があった[2]小室等吉田拓郎フォーク歌手と遊んでいるうち、なまりなんか気にしない人間性剥き出しのフォークの世界に憧れ[2]、小室が所属していたベルウッド・レコードに所属[2]。1974年「女はぐれ鳥」で歌手デビュー。デイリースポーツ1975年5月12日付けの松平のインタビューで、所属事務所春日プロと書かれていることから[2]、東映はこれ以前に退社したものと見られる。吉田拓郎が松平にほれ込み「両国橋」を提供[2]。自身のラジオ番組吉田拓郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で同曲を紹介すると翌日、松平の自宅にドサッとファンレターが届いた[2]。東映時代のファンからは「あの松平さんが、まさかと思った。でも声を聴いたらそうだった」と、歌をやっていることを知らない人も多かった[2]。これを機に一時、フォーク界のアイドルのようになった[2]

映画出演は1975年の『爆発! 暴走族』(東映)以降は途絶え[1]、その後はテレビドラマで活躍[1]、結婚して芸能界から引退した。

出演作品[編集]

映画[編集]

この映画で、初ヌードを披露している。

テレビドラマ[編集]

音楽活動[編集]

シングルレコード[編集]

  • 女はぐれ鳥(1974年、キングレコード BS-1849)
  • 両国橋(キングレコード BS-1913)- 映画『新幹線大爆破』挿入歌(喫茶店のシーンで流れた)。後年、由紀さおりがカバーしている
  • 男坂・女坂(1976年、ポリドール DR-6006)
  • ほろ酔い、オランダ坂(1976年10月、ポリドール DR-6054)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集 女優編』キネマ旬報社、1980年、611頁。
  2. ^ a b c d e f g h i “美女ある記 松平純子 男顔負けいい度胸 吉田拓郎がほれ込む”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 6. (1975年5月12日)