光秀のスマホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

光秀のスマホ』(みつひでのスマホ)は、2020年10月12日から10月28日までNHK総合テレビジョンで放送されたSF時代劇。主演は山田孝之

本項ではシリーズ作品についても合わせて記述する。

企画・制作[編集]

歴史上の人物がスマートフォン(スマホ)を持っているという設定のミニドラマで、主に武将がスマートフォンを片手に戦国の世を駆け抜けていくさまを、原則としてスマートフォンの画面遷移だけで描く。

画面に映っているのはほとんどスマートフォンの画面であり、主人公など多くの人物は顔も出ず、声と手のみの出演となる[1]。また、現代のSNSアプリを同時代風にアレンジした細かい演出が注目を集めた[2]。企画・演出をつとめたNHKのディレクター田中涼太は「我々演出や出演者だけでなく、(スマホ画面の)設計を担当する美術チームや、どう放送を配置するか、デジタル展開をどうすれば面白くなるかを考える編成チームとともに、みんなでニヤニヤしながら、まさに大人が本気でふざける、遊ぶということをやった作品です」と語っている[3]

2021年には土方歳三を主役とした『土方のスマホ』(ひじかたのスマホ)、2022年には源義経を主役とした『義経のスマホ』(よしつねのスマホ)が放送されている[4]

配信はいずれのシリーズにおいても、NHKプラスNHKオンデマンドとは別に、放送映像を再編集した動画がNHKの公式YouTubeチャンネルに公開されている。

光秀のスマホ(第1作)[編集]

光秀のスマホ
ジャンル テレビドラマ
原案 マーティン・ウィンクラー「#tagged」
企画 田中涼太
脚本 竹村武司
演出 田中涼太
出演者 山田孝之
和田正人
島﨑信長
話数 6
製作
製作 日本放送協会
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2020年10月12日 - 10月28日
放送時間23:40 - 23:45
光秀のスマホ
総集編
光秀のスマホ 歳末の陣
出演者田中みな実
小島みなみ
放送期間2020年12月25日
放送時間22:00 - 22:48
番組年表
関連番組麒麟がくる
テンプレートを表示

2020年10月12日から10月28日まで放送、また12月25日には総集編に18分の新録映像を追加した「歳末の陣」が放送された[5]

第58回ギャラクシー賞では「奇抜な着想をもとに本能寺の変に至るプロセスを描いた、今までにないエンターテインメント」であり、「私たちと変わらぬ『人間・明智光秀』が浮かび上がると同時に、SNSに振り回される現代人への批評性」もあるとされ、斬新な演出が評価されたことで「フロンティア賞」を受賞した[1]。また第47回放送文化基金賞では、「歳末の陣」がテレビエンターテインメント番組の奨励賞を受賞、またスマホ画面の設計を行った松田美喜子が美術賞を受賞した[3]

あらすじ(光秀)[編集]

あるツイートをきっかけに織田信長に仕官することとなった明智光秀。同僚の羽柴秀吉とのフォロワー数争いや、信長からの鬼電に苦しみつつも出世するが、やがて本能寺の変に至る。

配役(光秀)[編集]

明智光秀
演 - 山田孝之[2]
羽柴秀吉
演 - 和田正人[2]
織田信長
演 - 島﨑信長[2]
おね
演 - 田中みな実(歳末の陣のみ)[5]
南殿
演 - 小島みなみ(歳末の陣のみ)[5]

放送日程(光秀)[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1回 2020年10月12日 #これからは信長の時代でしょ
第2回 2020年10月13日 #“秀☆吉”って誰だよ
第3回 2020年10月14日 #織田家はブラックでした
第4回 2020年10月24日 #信長様にフルボッコされるまで
第5回 2020年10月27日 #もしかして、時は今だったりする?
第6回 2020年10月28日 最終話 #敵は本能寺にあり?
スペシャル 2020年12月25日 歳末の陣

土方のスマホ(第2作)[編集]

土方のスマホ
ジャンル テレビドラマ
原案 マーティン・ウィンクラー「#tagged」
企画 田中涼太
脚本 竹村武司
演出 田中涼太
出演者 窪田正孝
山田孝之
馬場園梓
荒牧慶彦
佐倉綾音
話数 6
製作
製作 日本放送協会
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年9月27日 - 10月13日
放送時間23:30 - 23:35
土方のスマホ
総集編
土方のスマホ 正月の陣
出演者賀来賢人
大島美幸
放送期間2022年1月2日
放送時間17:13 - 17:59
番組年表
関連番組青天を衝け
テンプレートを表示

2021年9月27日から10月13日まで放送、2022年1月2日には「正月の陣」が放送された。主演は窪田正孝

あらすじ(土方)[編集]

「ガチの武士にオレはなる!」そんな夢を抱き上京した土方歳三が、地元のズッ友・近藤勇沖田総司らと結成した剣豪グループ新選組。“鬼の副長”兼公式アカウントの“中の人”として、スマホとともに倒幕派のクソリプに立ち向かった「史上最もチャラくて親しみやすい」土方の、壬生浪士時代から箱館戦争までの半生を描く。

配役(土方)[編集]

土方歳三
演 - 窪田正孝[6]
近藤勇
演 - 山田孝之[6]
のぶ
演 - 馬場園梓[6]
沖田総司
演 - 荒牧慶彦[6]
君菊
演 - 佐倉綾音[6]
坂本龍馬
演 - 賀来賢人(正月の陣のみ)[7]
乙女
演 - 大島美幸(正月の陣のみ)[7]

放送日程(土方)[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1回 2021年9月27日 武士だぜ!今日から俺は!!
第2回 2021年9月28日 君の名は?新選組だ!
第3回 2021年9月29日 待たせたな!お待たせしすぎたかもしれません!
第4回 2021年10月11日 粛清、始めました
第5回 2021年10月12日 変わる変わるよ時代は変わる
第6回 2021年10月13日 武士として
スペシャル 2022年1月2日 正月の陣

義経のスマホ(第3作)[編集]

義経のスマホ
ジャンル テレビドラマ
原案 マーティン・ウィンクラー「#tagged」
企画 田中涼太
脚本 竹村武司
演出 田中涼太
出演者 川栄李奈
塚本高史
小澤征悦
ガリベンズ矢野
松村邦洋
関智一
ねお
小林優仁
山田孝之
話数 8
製作
製作 日本放送協会
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年5月24日 - 6月3日
放送時間0:25 - 0:30
義経のスマホ
番組年表
関連番組鎌倉殿の13人
テンプレートを表示

2022年5月24日(23日深夜)より6月3日(2日深夜)まで放送された。主演は川栄李奈

シリーズでは初めて主人公の幼少期から物語が始まる。そのため、第一話ではスマートフォンではなく子供用携帯電話の画面が大写しとなっており、タイトルも「牛若丸のキッズケータイ」となっていた[8]

あらすじ(義経)[編集]

史上もっとも陰キャでスマホ中毒の源義経が、頼朝挙兵のネットニュース、後白河法皇の動画配信、平氏とのクソリプ合戦、御家人たちの未読無視に振り回されながらも、平安時代を駆け抜ける[9][10]

配役(義経)[編集]

源義経
演 - 川栄李奈[9]
源頼朝
演 - 塚本高史[11]
武蔵坊弁慶
演 - 小澤征悦[12]
大江広元
演 - ガリベンズ矢野[11]
後白河法皇
演 - 松村邦洋[11]
梶原景時
演 - 関智一[11]
静御前
演 - ねお
牛若丸
演 - 小林優仁[10]
西行
演 - 山田孝之[10]

放送日程(義経)[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1回 2022年5月24日 スマホに憧れる男
第2回 2022年5月25日 兄との出会いにドギマギする男
第3回 2022年5月26日 いきなり総大将になった男
第4回 2022年5月27日 ようやく居場所を見つけた男
第5回 2022年5月31日 わかりやすく調子づく男
第6回 2022年6月1日 肝心なことを見落とす男
第7回 2022年6月2日 バレちゃった俺
第8回 2022年6月3日 さよなら、大好きな男

スタッフ[編集]

光秀のスマホ 土方のスマホ 義経のスマホ
オリジナルフォーマット 「#tagged」(マーティン・ウィンクラー)
脚本 竹村武司
スマホ文案 スエヒロ、ジブ
時代考証 清水克行 山村竜也 清水克行
イラスト オオシカケンイチ、山田だり
写真提供 ピクスタ
国立国会図書館
スマホ設計 松田美喜子
プロデューサー 家冨未央 小路美智子 浅石優子
制作統括 水高満
深尾高行
演出 田中涼太
制作・著作 NHK

脚注[編集]

  1. ^ a b NHK「光秀のスマホ」フロンティア賞奇抜な着想、斬新な演出”. 日刊スポーツ (2021年5月13日). 2022年5月28日閲覧。
  2. ^ a b c d 戦国SF時代劇『光秀のスマホ』一挙再放送 島崎信長からコメント到着”. ORICON NEWS (2020年10月25日). 2022年5月28日閲覧。
  3. ^ a b WEBザテレビジョン (2021年7月1日). “大人が真面目にふざけて遊んだ「光秀のスマホ」、ギャラクシー賞に続き放送文化基金賞も受賞!”. WEBザテレビジョン. 2022年5月28日閲覧。
  4. ^ NHK“SF時代劇”今度は「義経のスマホ」放送決定!5・23から拡大全8話主演は“実力派俳優””. ニフティニュース (2022年5月18日). 2022年5月28日閲覧。
  5. ^ a b c 『光秀のスマホ』“歳末の陣”25日放送 おね役で田中みな実参戦”. ORICON NEWS (2020年12月21日). 2022年5月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『土方のスマホ』主演・窪田正孝「新鮮な高揚感」 山田孝之ら豪華キャストのコメント到着”. ORICON NEWS (2021年10月6日). 2022年5月28日閲覧。
  7. ^ a b もし幕末にスマホがあったら……? 『土方のスマホ』新撮映像15分追加版が1月2日放送”. Real Soundリアルサウンド テック. 2022年5月28日閲覧。
  8. ^ NHK「義経のスマホ」初回まさかのキッズケータイから!ネット爆笑「青天を衝け」小林優仁が牛若丸役”. スポニチAnnex (2022年5月24日). 2022年6月15日閲覧。
  9. ^ a b 『義経のスマホ』義経役は川栄李奈だった!「ひなたを演じた身として、とても身の引き締まる思い」”. ORICON NEWS (2022年5月27日). 2022年5月28日閲覧。
  10. ^ a b c 「義経のスマホ」源義経役はまさかの“ひなた”川栄李奈「虚無蔵さんに…身の引き締まる思い」ネットも驚き”. スポニチAnnex (2022年5月27日). 2022年6月2日閲覧。
  11. ^ a b c d 『義経のスマホ』頼朝役は塚本高史“義経”川栄李奈の兄役”. 西日本スポーツ (2022-05-2700:30:00). 2022年5月28日閲覧。
  12. ^ 『義経のスマホ』"弁慶"小澤征悦「木曽義仲から転向させて頂きました」”. ORICON NEWS (2022年5月27日). 2022年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]