坂本乙女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂本乙女(霊山歴史館蔵)

坂本 乙女(さかもと おとめ、1832年2月2日天保3年1月1日) – 1879年明治12年)8月31日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけての女性。土佐藩郷士坂本八平の三女。弟に坂本龍馬がいる。

本来の名は(とめ)で、「乙女(をとめ)」は「お留」への当て字である(ただし旧仮名は異なる)[1]。「乙女」を「とめ」と読むこともある[2][3]

経歴[編集]

薙刀がうまく、剣術馬術弓術・水泳などの武芸や、三味線・舞踊・謡曲・経書・和歌などの文芸にも長けた、文武両道の人物だったという。身長5尺8寸(約174cm)・体重30貫(約112kg)という、当時としては大変に大柄な女性であった。

弘化3年(1846年)に母・幸が死去すると龍馬の母親代わりを務め、書道・和歌・剣術などを教え、また彼が当時患っていた夜尿症を治したこともあった。安政3年(1856年)、典医・岡上樹庵と結婚して一男一女(赦太郎・菊栄)をもうけるが、家風の相違や夫の暴力・浮気などが原因で慶応3年(1867年)に離婚し、実家に戻る。龍馬のよき理解者として、相談に乗ったり励ましたりしたという。龍馬の妻お龍とは不仲で「龍馬暗殺後、坂本家に身を寄せたお龍が程なく同家を去り各地を放浪した」とされている[4]が、近年の史料では「乙女はお龍に対し親身に接していた」[5][6]ことが明らかにされている(詳細はお龍の項目を参照)。

晩年は(どく)と改名し、養子の坂本直寛(のち北海道北見市の開拓に従事)と共に暮らす。1879年(明治12年)、壊血病に罹り死去した。享年48(満47歳)。当時、死の病でもあったコレラの感染を恐れて野菜を食べなかったことが原因といわれる。

脚注・補足[編集]

  1. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会 2006(底本 教育社歴史新書 1980–1988 全3巻)]
  2. ^ 高知県立坂本龍馬記念館のサイトの人物相関図ページ
  3. ^ 龍馬伝公式サイトの人物相関図[リンク切れ]
  4. ^ 『龍馬と八人の女性』(阿井景子戎光祥出版2005年4月刊)pp.184–187。
  5. ^ 『千里駒後日譚』(土陽新聞掲載・1899年
  6. ^ 『史料が語る 坂本龍馬の妻お龍』(鈴木かほる新人物往来社2007年11月刊)p.245。