青地与右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青地 与右衛門(あおち よえもん、生没年不詳)は、戦国時代近江国力士。近江の武家青地氏の出身とも思われるが詳細不明。

元亀元年(1570年)、織田信長常楽寺で開いた相撲会鯰江又一郎とともに勝ち残り、これを破り優勝する。その際、又一郎と共に信長から熨斗付きの太刀脇差を賜る。その後は信長に仕え、安土の相撲会で相撲奉行となる。また、の調教が得意で信長の前で駿馬を試乗した他、天正9年(1581年)の京都御馬揃えの際には厩奉行となる。